おはようございます。
鳴海です。

今日は、

「起業するにあたって重要な要素」

についてお話していこうと思います。

起業にあたって重要な要素は大きく分けて5つあります。

・セールススキル

・資金繰り

・法律

・システム化

・コンテンツ

です。

起業する人がまず学ぶべきは

「セールススキル」

だと思います。

会社にとって不可欠なことは

「利益を出すこと」

だからです。

利益を出さなければ当然ですが
会社を存続させていくことができません。

利益を出すためには商品やサービスを売り
その対価としてお金を貰う必要があります。

だからこそ、セールスができることは
起業するうえでの必須スキルです。

社長自らがセールスできると一番強いと思います。

他の社員にも教えることができるからです。

ずばぬけて質の高い商品を持っていて売れないくらいだったら、
そこそこの質の商品を売るスキルがあるほうが強い。

この価値観を持ってください。

インターネットでビジネスをしていくのであれば
それはコピーライティング力になります。

コピーライティング力があれば、
セールスができることはもちろん、
集客もできるようになります。

「集客もコピーライティングでできるの?」

と思われるかもしれませんが、
ネットビジネスで集客をする際に
質の高い集客ができるのはYahooやGoogleなどの
検索エンジンを利用した集客法だといわれています。

その「検索エンジンからの集客」でポイントになるのが
検索結果でサイトを「上位表示」させることなのですが、
上位表示させるにはコンテンツの質を高めることが一番の近道です。

そのコンテンツの質を大きく左右するのが
他でもないコピーライティング力なのです。

もちろん「情報」そのものが大事であることは間違いありません。、

ですが、その情報の「伝え方」次第で如何程にも、
情報に対する評価は変わってしまうものです。

つまり、コピーライティングは集客にもつながるのです。

次に大事なのが、

「資金繰り」

です。

資金の管理をしっかりとしていなければ 
黒字で回っている会社でも倒産してしまうこともあります。

なので、資金繰りができることは
起業する上で非常に大切なのです。

資金繰りのスキルを上げるためには
お金の「入」と「出」を自分で管理していくことが大事だと思います。

そして

「法律」

も大事です。

ビジネス活動はルールに則って行うものなので
抑えておかなくてはいけない法律がたくさんあります。

そのビジネスは法律に違反していないかとか、
契約書は法律に則って作っているのかとか
「知らなかった」では済まされないことがたくさんあるのです。

また、税金対策も非常に大事です。

合法的に税金を減らしていく方法がたくさんあります。

国は出来る限り税金を多くとりたいので
基本的に、知らない人には損するような仕組みになっているからです。

そして

「システム」

です。

これは「仕組み化」ともいえますが、
ビジネスをする上で

「仕組み化」は欠かせません。

仕組み化を図ることで
自分が働かなくてもいい部分は人に任せたり
ネットであればシステムに任せたりすることができるようになります。

出来る限り、その時の自分にしかできない部分に集中できるように
人やシステムに任せられることは、どんどん仕組み化ししていくことが大事です。

最後に

「コンテンツ」です。

コンテンツというのは
商品やサービスのことで、
その時々、マーケットのニーズにあったコンテンツを
生み出していく必要があります。

そのニーズを無視してしまうと
その商品は独りよがりなものになり
誰からも必要とされず売れなくなってしまうからです。

以上が、起業するために持っておくべきスキルになります。

まとめると

・「セールススキル・コピーライティングスキル」

・資金繰り

・法律

・システム

・コンテンツ

です。

参考にしてみてください。