「記事の書き始めはどうしたらいいのか?」

これはネットビジネスをしている人であれば
多くの人が悩んだことがあるテーマだと思います。

そこで今回は

「記事の書き出し」

に焦点を当てながら、
SEO効果が高まるコピーの書き方を解説していきます。

Googleと読者の両方から好かれる記事の書き出し方

SEO対策の原理原則から理解すると見えてくる記事の書き方

サイトの質を評価するGoogleの技術は年々高まっています。

その結果、

「被リンク対策」

などの小手先のSEO対策では効果が出なくなりました。

むしろ安易なSEO対策は

「検索エンジンからの除外」

という結果を招くこともあり
裏目に出てしまうことさえあります。

安易な小手先のSEO対策はGoogleに見破られ、
本当にユーザーの役に立つコンテンツだけが
生き残れるようになってきたわけです。

ただ、当然と言えば当然ですが、一つ一つのサイトを
人間が労力と時間をかけてチェックしているわけではありません。

つまり、質の高いサイトかどうかを評価しているのは
「人間」ではないということです。

ではどうしているのかというと、

「検索順位を決定するアルゴリズム」

があり、それらが一つ一つのサイトを巡回し、

「サイトに対する検索順位のランク付け」

を行っているのです。

そこで重視されるのが2つの指標だと言われています。

一つが「サイトの滞在時間」、
もうひとつが「PV(ページ閲覧数)」です。


「サイト訪問者が長い時間をかけて
そのサイトを巡回している」

このようなサイトはユーザーにとって
役に立つサイトである可能性が高いと考えられているわけです。

なので、

SEO対策で重視していくべきことは

「滞在時間を伸ばす施策」

「PV数を伸ばす施策」

の2つになります。

これが現在のSEO対策の原理原則なので
もし知らなかったのであれば
是非覚えておいてください。

その上で、この2つのSEO対策の原理原則を
高水準で満たすためにはやはり、

「コンテンツの質」

を重視していくしかありません。

そしてそのコンテンツの中で最も大事なのが

「出だし」、「つかみ」

に当たる部分です。

見出しが一番重要

見出しが一番重要

これは、コピーライティングの原理原則です。

どれだけいい文章、記事も
読まれなければ意味がありません。

コピーライティングの世界ではよく知られていることですが
人の注意を引き、読み進めさせることができるのは
ほんの一握りのごく一部の記事だけです。

例えば、ある人が検索エンジンでキーワード検索を行った際、
その検索結果には幾つかのサイトが出てきます。

そのときその人は一つ一つの記事を
じっくり時間をかけて読むと思いますか?

おそらくそうではないと思います。

ざっと流し読みをして、

「役に立ちそう」

と思ったサイトだけをクリックして、
その先を読み進めていくのではないでしょうか。

それがネット上での大半の人の行動パターンです。

つまり、数ある記事の中で
読まれるのはほんの一部だけだということです。

そしてこのことは同時に

「ほとんどの記事は読まれない」

ということを意味します。

もっというと、今の例では、
検索エンジンで検索したキーワードは
瞬間値でいえばその人にとって最も興味があるテーマだったはずです。

自分自身がその瞬間に最も興味を持っているテーマでさえ
一握りの記事だけしか読まないのですから、
人に記事を読ませることがどれほど難しいのかがわかると思います。

記事を読まれるか読まれないかは一瞬で決まってしまうのです。

目に入った全ての記事の中身を
親切にじっくりと確認してくれる人はまずいません。

だからこそ、見出しで注意を引かなくては行けないのです。

どんな見出しであれば注意を引けるのか

どんな見出しであればターゲットの注意を引き
彼等を読み進めさせることができるのか。

その答えは膨大なテストによって
すでに示されています。

まずいちばん大事なことは

・ターゲットにとって役に立つ知らない情報がある

ことです。

人は自分が知らない役に立つ情報があると感じた時、
その情報を知りたいと感じます。

これが記事や広告を読み進めていく上で
最も強い動機になると言われています。

更にそのポイントに加え、
ウェブ上では

「記事スタイル」

の見出しほど
反応が高くなると言われています。

売り込み感が出ている見出しは
どうも嫌われる傾向にあるようです。

例えば、

「知らなければ損する引越し業者を選ぶ時のコツ」

などは、これから引っ越しをしようと考えている人に対し
何らかの役に立ちそうな情報を発信していることを伝えています。

さらに、具体的に書くほど効果が高くなります。

例えば、

「知らなければ平均5000円損する、引越し業者の無料サービス」

などであればより興味を引くことができる見出しになると思います。

このように

・役に立ち、しかも知らない情報が得られる記事風

の見出しをできるだけ具体的に書くことが重要です。

記事を書く際は、このポイントを意識して
記事のタイトルを決めてみてください。

記事の出だしのポイント

記事のタイトルを決めたら次は

「記事の出だし」

です。

ここでのポイントは2点。

・タイトルの切り口に合わせて書く

・タイトルで使ったキーワードを入れる

です。

これもコピーライティングの原理原則ですが

「人は自分の興味がある情報しか読まない」

のです。

これは非常に大事なので知らなかったら
この機会に覚えておいてください。

「興味がある情報しか読まれない」

のであれば、

出だしで一番やってはいけないことは
タイトルとは全く違う切り口で書き始めることです。

なぜなら、その「書き出し」が
ターゲットにとって
興味がある情報だという保証がないからです。

ですが、少なくともそのターゲットは
「記事のタイトル」に書かれていた情報には興味を持っています。

でなければクリックしてもらえませんので。

だとしたら、記事のタイトルに沿って
「記事の出だし」を書いていかない手はありません。

記事の出だしは必ず
「記事のタイトル」に沿って書いてください。

タイトル煮含めた「キーワード」を
自然に一回ほど入れることも大事です。

ただ、これは2回3回と増やせばいいものではないらしく、
むしろやり過ぎると「不自然」とみなされ、
低い評価を与えられてしまうそうなので、
あくまで自然にキーワードを入れてください。

しかし実際のところこれはあまり意識しなくても、
タイトルに沿った出だしで書いていけば
自然とそのような形になると思います。

まとめ

コピーライティングの原理原則
・見出しが一番大事
・人は興味がある情報しか読まない

記事のタイトルのポイントは
・役に立つ知らない情報が手に入ると感じさせること
・記事風の見出しにすること
・できるだけ具体的に書くこと

記事の出だしのポイントは
・タイトルに沿った出だしにすること
・キーワードをいれること

でした。

どれも少し意識をすれば直せるポイントだと思うので
参考にしてみてください。

また、今回ご紹介した内容は
コピーライティングの原則に沿った考えを軸にしています。

コピーライティングの原則に沿って記事を書けば
自然とSEO効果の高い記事が書けるようになるのです。

もしあなたがコンテンツを重視しているGoogleに対し、
王道路線でSEO対策を勝ち抜いて行きたいのであれば
いまからでもコピーライティングを学んでみてください。

その分の見返りは十分にあるはずです。

一度身コピーライティングを身に付ければ
使えなくなることはまずありません。

そして、コピーライティングを学ぶ近道は
基本の原理原則から体系的に学ぶことが一番です。

体系的にコピーライティングの原理原則を学び訓練することで
いち早く質の高いコピーを書くセンスがつくからです。

ここまで読んでいるあなたであれば、薄々とでも
コピーライティングの可能性を感じているものだと思います。

私の方で体系的にコピーライティングを学べる講座を用意したので
興味があればこちらをクリックして詳細を読んでみてください。
コピーライティング特別講座

参考になれば幸いです。