これからコピーを書こうとする時に、

「何から始めたら良いのかがわからない。」

ということにならないように、
今日はコピーを書いていくための第一歩目を示したいと思います。

コピーライターにとって一番重要なことは当然ですが

「商品を売ること」

です。

そのためには商品の魅力を伝えなくてはいけません。

ではどうしたら商品を魅力的に伝えることができるのでしょうか?

実は、商品をいくら研究しても、
商品以外のことを先にわかっていなければ
何も魅力は見えてこないのです。

せいぜい、
「洗練されたデザインだ」
とか
「ライバル商品よりも安い」

とかくらいしかわかりません。

当然、そのような
「言わなくてもわかる」
ようなことしか伝えることのできない
コピーライターにお金を払う人などいないので
もっと深く魅力を伝えていけるようになる必要があります。

では商品の研究よりも前にしなくてはいけない
大切なこととは何でしょうか。

それは、

「お客さんの心」

を理解することです。

なぜかというと、
商品の特徴に対して

「それは魅力的だ」
「それはメリットだ」

と感じるのは
他でもないお客さんの心だからです。

なので、お客さんにとってメリットだと思わないことを
しきりに「これはいいでしょう?」とアピールしても
何も伝わることがありません。

例えば、性能の良い掃除機を欲しい人に対して

「カラーは24種類から選べます!個性的な人に大人気です」

とアピールするより

「一度吸った場所にはチリひとつ残さないくらいの吸引力です」

といったほうがお客さんの心に響きます。

なので、お客さんの心をわかっていないといけないのです。

お客さんはどんな欲があるのか

市場ごとに、お客さんの持つ具体的な良くは当然変わってきます。

ただ、もう少し大きな視点で見れば
人間共通の欲があるので
それを見ていきましょう。

例えば、人から尊敬されたいとか、お金がほしい、
楽して成果を出したい、安心できる環境にいたい、
綺麗な容姿になりたい、とか好きな人と幸せになりたい

とかあります。

その他にも、友人や身の回りの人から必要とされたいとか、
チヤホヤされたいとか、あまり良くないものだと、
嫌いな人に恥をかかせてやりたいとか、痛い思いをさせてやりたいとか・・・

人間には色んな欲があります。

コピーライターはこのような
人間の心をよくわかっている必要があるのです。

人の欲を満たせるものが商品の強みになる

こうして人の欲を理解できたあとに、
そこではじめて商品を研究していきます。

その商品が人の欲のどんな部分を満たせるのか、
なぜ満たすことができるのか、など、
満たせる欲と、その根拠が
コピーライターがアピールしていくポイントになります。

商品のことを研究する前に、
まずはお客さんの心を理解していなくてはいけないのが
コピーライターだということを覚えておいてください。

これはリサーチという作業に当たりますが
とても大事なポイントです。

もう少しリサーチの具体的な方法について知りたければ
こちらの記事も合わせて読んでみてください。

具体的なリサーチの方法