本日はコピーライティング関連の書籍のレビューをしたいと思います。

「禁断のセールスコピーライティング」というタイトルで、
ダイレクトレスポンスマーケティングの第一人者であり、
コピーライターでもある神田昌典さんの書籍です。

禁断のセールスコピーライティング

禁断のセールスコピーライティング(神田昌典)の批評

こちらの書籍は、「あらすじ」を読む限り
コピーライティングをそれまで知らなかった人
もしくは初心者向けに書かれた書籍であると思われます。

この書籍全体を通しての感想は
初心者向けであるのだとしたら
その割には「不親切・不十分」な解説だと感じました。

その辺りも含め、批評してみたいと思います。

禁断のセールスコピーライティング(神田昌典)のタイトルについて、、、

まず、これはイカンだろと思ったのが、
そもそもの「書籍タイトル」です。

「禁断の」

ということですが、
これからコピーライティングを学ぼうとする人が
このように「禁断の」とか「驚異の」とか
いわゆる煽るコピーを書くことが
コピーライティングであると誤解しかねない作りだと思います。

「禁断の」などはただの謳い文句でしかなく
こんなコピーに反応する人はめったにいません。

この書籍を手にとった人も
それは「禁断」だからではなく、
他でもない「神田昌典」の書籍だったからでしょう。

神田昌典さんのように、すでにブランディングができていて
初めてまともに興味を引くことができるものであって
普通の人がこのようなタイトルをつけたところで

「何この胡散臭いタイトル?」

と思われるのがオチだと思います。

もちろん、全ての人がそうとはいいません。

一部の人は興味をもつのでしょう。

ですが、反応を最大化させるという意味では
もっといいコピーが考えれると思います。

それに、「禁断の」というコピーで興味を引いたとしても
それを「読もう」という動機に買えるためには
もう少し工夫が必要だと感じました。

今回の場合であれば、例えば、

「◯◯人が実践して◯◯円の利益が出たコピーライティングの指南書
事例も踏まえた当時の原稿をそのまま記載」

神田昌典のコピーライティングノウハウが基礎から学べる

貴方も売れるコピーが書ける

のようなものをつけることでもう少しは反応が上がったと思います。

ただ、「コピーライティングの書籍」

というだけではなく、

「それを読んだら得るものがありそうだな」

と感じさせることが大事だからです。

ただ、今回の場合は「神田昌典」さんという
すでに出来上がった信用力があるので
そこまでしなくても十分に反応が取れたと思います。

ただブランディングも何もない人が
この書籍タイトルを真に受けて真似をしたところで
おそらく、期待するような反応はとれないかと思いました。

ただ、いざこれからコピーライティングを学ぼうとしていらっしゃる
初心者の方からしてみたらそのようなことはわからないと思います。

「一流のビジネスマンである神田昌典さんもそうしているのだから正しいはず」

と思い、「禁断の◯◯」などのタイトルをつけてみたけれど全く反応が出ない・・・。

なんてことにもなってしまうのではないでしょうか。

そもそも「禁断」であるならば
なぜ書籍にしたんでしょうか、という話です。

そこがいまいちわからないためにどうしても

「ただ言っているだけ感」

が出てしまっています。

そういう意味で、非常に胡散臭いこのタイトルの付け方から
コピーライティングというものを誤解させ
悪い影響を与えてしまっていると思いました。

コピーライティングを教えるための書籍であれば
もう少し初心者でも参考になるタイトルをつけて欲しかったです。

少なくとも、あまり「勉強」にはならないと思いました。

禁断のセールスコピーライティング(神田昌典)の本編 批評

書籍の中身に関しても、

「本当に初心者に向けて説明しているの?」

と感じてしまうくらい不親切な説明だと思いました。

おそらく初心者がこの書籍を読んでも
セールスレターを書けるようになることはないと思います。

なぜなら、一つのセールスレターを書くまでの過程が
体系的に示されていないからです。

いくつか効果の高かった(または低かった)セールスレターの事例を題材にして

「この事例だとこのポイントが優れている、または劣っている」

といったことを解説しているのですが、
初心者に教えていくことを考えればそれでは不十分だと思います。

一つのセールスレターを題材にして
その中でポイントを一つや二つ解説された程度では
いざ自分で一からセールスレターを作ろうと思っても難しいと思うからです。

もちろん、いくつかの優れた事例を取り上げて
初心者でもセールスレターを作成できるようになるために
セールスレター作成におけるそのポイントやコツを掲載しています。

ただ、最初から最後まで体系的に示しているのなら学びやすいかも知れませんが
この書籍は決してそうではないという印象を受けました。

「このポイントも大事だから入れておこうか」

「あ、このポイントも大事だな」

というように、思いつきで解説しているのではないかと感じることが多かったです。

加えて、一つ一つの解説も決して丁寧だとはいえませんでした。

一方的に「このポイントが大事なんです」
と主張しているだけで「なぜ大事なのか」というような
根拠に対する解説があまりなかったからです。

これからコピーライティングを学ぼうとする人が読んでも
なんとなく不完全燃焼になると思います。

とにかく全体を通して

「これって本当に初心者に向けて書かれているの?」

「すでにある程度学んでいる人が復習的に読む書籍じゃないの?」

と感じる書籍でした。

そもそもこの書籍の原稿は、
この書籍のために書かれた原稿ではないそうです。

過去に神田さんが主催していた「実践会」という組織に属していた
すでにある程度コピーライティングを学んだ人に向けて書かれたものだと思います。

そういう意味でも、これを初心者に向けて発表するのはどうなのか・・・、
と思ってしまいました。

せめてこの書籍のターゲットをコピーライティング既習者にするか
仮に初心者をターゲットにするのであればもっと補足を加えるべきです。

少なくとも初心者がこの書籍を読んで
コピーライティングをしっかりと理解できることはないと思います。

また一つの事例からポイントを一つか二つ取り上げるという解説の仕方も
個人的には

「なし」

でした。

そういうことをするのであれば、
本当に優れたセールスレターを一枚取り上げ、
そのセールスレターを作成するポイントやコツを最初から最後まで示したほうが
よほど「勉強」になると思います。

もちろん、良かったポイントもあります。
神田昌典さんご自身が書いたセールスレターはやはり優れていると思いました。

ただ、その事例に関しても
「ここが凄いな」と感じたポイントが文章として解説されていないので、
その部分も初心者が学ぶには不親切だと思います。

以上のような理由から、この書籍は
ある程度コピーライティングを学んだ人が「確認」程度の読むのが良く、
初心者が学んでいくのには不適切だと感じました。

以上、神田昌典さんの書籍のレビューになります。

トップアフィリエイター養成講座

こちらは私が現在進行形で実践している
アフィリエイト戦略の全てをまとめたレポートです。

スクリーンショット 2018-10-12 0.08.02

私の持つノウハウは基本的に
年収5億円を稼いでいる人物から教わったものになります。

「最短最速で億単位の収入を稼ぎたい」

「数ヶ月で100万円台の収入を稼ぎたい」

そんな思いをお持ちでしたら
それを叶えられるだけのものを
このレポートには全て詰め込みましたので、
ぜひ、一読してみてください。

もちろん、無理にオススメはしませんが、
いつまで公開しているかは未定ですので、
ご興味があれば、どうぞ。

レポートのダウンロードはこちらから可能です。

お名前
E-Mail

ご登録いただいたメールアドレスに
1分以内にお届けしますので
正しいアドレスをご入力頂ければと思います。