アフィリエイトで稼ぐための記事作成には
幾つか抑えておくべきポイントと
その書き方のコツが有ります。

今回はそれを紹介しようと思います。

現状、

・とにかく全然記事がかけない
・記事ネタが思いつかない
・いざ書き始めると筆が進まない
・SEO効果(集客力)のある記事が書けない
・記事の構成がわからない

という方は是非読んでみてください。

ちなみに、

「記事を書けない」

という課題は、かなり多くの人が悩むことですので
あまり気に病むことでもありません。

「みんなも難しいと感じているんだ」

と考え、さほどネガティブにならずに
フラットな気持ちで読んでもらえたらと思います。

そして「上手に記事を書くポイント」をサクッと押さえて
まずはその一歩を踏み出してみましょう。

そして「最低限」質の担保された記事さえ書けるようになればきっと自信も出るはずです。

あとは経験を積み重ねていくことで
どんどん上手になっていくと思います。

最初が一番難しいものなので
ここを超えれば後はやや下り坂になると思って
少しだけ踏ん張ってみてください。

ちなみに、一応この記事では
ブログアフィリエイトがテーマだということもあり
「SEO対策」を重視した記事の書き方を紹介します。

ただ、ここで紹介することは
「信頼関係の構築」を目的とした記事にも応用可能です。

その場合はさほどSEO対策にこだわらずに
高い自由度で「読み手にとって役に立つ情報発信」を軸に考え
記事を書いていけばいいと思います。

以下の順番で解説していくので
気になる部分だけを読み進めてもらってもいいですし、
順番に読み進めてもらってももちろん大丈夫です。

アフィリエイト記事を書くためのステップ

  1. ネタを探す
  2. キーワード選定をする
  3. 情報を集める
  4. 理想的な記事の構成
  5. コンテンツの整理

ネタを探す

記事を書く際は当然ですが
最初に「ネタ」を決めなくてはいけません。

まずはその記事で何をしたいのか
「記事の目的」をはっきりさせます。

ここで重要な考え方は

「ブログのテーマに興味を持っている人が検索しそうなことをネタにする」

ことです。

それ以上でもそれ以下でもないのですが少し補足すると、
「見込み客が検索してくるであろうこと」と
「自分の伝えたいこと」は違う可能性があります。

あくまで「見込み客が知りたいこと・検索するであろうこと」をネタにするのであって
自分自身が見込み客に伝えたい事は二の次だということです。

例えば、アフィリエイトをテーマにしたブログを持っているある人は

「アフィリエイトで成功するためには1万時間修行する必要がある」

ということを伝えたいかもしれません。

ただ、アフィリエイトに関する情報を集めている人の中で

「アフィリエイトで成功するには1万時間修行する必要があるのか?」

と疑問に思って、それをYahooやGoogleで検索する人は
もちろんいないわけではないと思いますが、極めて少数派だと思います。

この場合、

「アフィリエイトで成功するためには1万時間修行する必要がある」

という記事タイトルで記事を書いても
まずアクセスが集まることはありません。

その理由はもちろん

・見込み客が検索をかけるキーワードではない

からです。

このように、自分自身が伝えたい事と見込み客が知りたいことは
全く別のものだということを認識する必要があります。

では、どうすれば

「見込み客が検索しそうなネタ」

を見つけることができるのかというと、
見込み客の悩みや欲をリサーチしていくことが最も近道です。

たまに、自分の頭のなかから答えを引き出そうとする人がいますが、
さっさと見込み客の悩みや欲を調べてまう方が早いと思います。

調べ方は、

Yahoo知恵袋などの「悩み相談掲示板」を使うのもいいですし、
その業界で売れている商品の広告を読んでいくのもお薦めです。

「悩み相談掲示板」では
率直に見込み客が悩んでいることを調べていくことができます。

また、売れている商品の広告をいくつも読んでいくことで
見込み客の悩みや欲を効率良く調べていくことが可能です。

なぜ「売れる広告」を調べていくことが有効かというと
売れている広告は、その広告内で多かれ少なかれ
見込み客の心を捉えたアピールができているからです。

そうでなければ「売れる広告」にはならないと思います。

・悩み掲示板
・売れている広告

この二つを調べて見てください。

そのようにして、ひとまず見込み客の悩みや欲を書き出し整理します。

そして、その中でも多くの人が

「知りたい」

と思うであろうことを
記事のネタにしていきます。

これは、率直に

「多くの人が持っている、大きな悩みだろうな」

と思えるもので構いません。

それなりに一般的な感覚さえ持っていれば
さほど大きく外すこともないと思います。

もちろんあえてマニアックなネタを扱い、
コアな見込み客を集客をするのも戦略の一つです。

そこは色々実践しながら試してみてください。

ここまでがネタの決め方です。

次に集客効果を高めるための「キーワード選定」に入ります。

キーワード選定で集客効果の高い場所を狙う

「そもそもキーワード選定」とは何かというと、
YahooやGoogleのキーワード検索で
その検索結果に上位表示されるように
記事タイトルに入れるキーワードを選んでいくことです。

検索結果で上位表示されるためには
ユーザーが検索したキーワードを
なるべく多く記事タイトルに含んでいる必要があります。

例えばある人が

「ネットビジネス初心者が月収10万円稼げるようになる方法」

と検索したとした時、そのキーワードは

「ネットビジネス 初心者 稼ぐ 月収 10万 方法」

です。

その際に、

「ネットビジネス 稼ぐ 方法」
 
という3つのキーワードを記事タイトルに含んでいるよりも

「ネットビジネス 初心者 稼ぐ 方法」

という4つのキーワードを記事タイトルに入れている方が
より上位表示されやすくなります。

また、上位表示されるためには、
ライバルがいない場所か、もしくは
ライバルが弱い場所を選ぶことも重要です。

上位表示というのは「限られたパイ」なので
ライバルがいない方がいいに決まっているからです。

当然ですが、多くの人が検索するキーワードは
それ相応に多くの人がそのキーワードで
自分のサイトを上位表示させたいと考えています。

言うまでもなくそのようなキーワードは
ライバルが非常に多いです。

例えば「FX」というキーワードは
非常に多くの人が検索するので
上位表示されればかなりの規模のアクセスを見込めます。

なので大手企業をはじめ非常に多くの法人が
「FX」というキーワードで上位表示を狙っているわけです。

ですが一般的に考えて、
SEO対策に莫大なコストをかけている企業に
いち個人が勝てるわけもないので
いくら「FX」というキーワードで頑張って上位表示を狙っても
到底それが叶うことはありません。

つまり、「FX」というキーワードだけで上位表示を狙っても
その努力は不毛になってしまうということです。

なので、手際よく上位表示されるためにも
できるだけ「ライバルのいない場所」を見つけていくことが大切になってきます。

ライバルがいない場所というのは、
あるキーワードで検索をかけたときに
その検索結果に表示される一連のサイトが
そのキーワードを記事タイトルに含んでいない場所のことです。

例えば

「ブログとメルマガのアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法」

と検索した際に、

検索結果に

「ブログ メルマガ アフィリエイト 月収 100万 稼ぐ 方法」

という一連のキーワードを含んだサイトがなければ
ライバルがいない場所と考えることができます。

もちろんその場合でもコンテンツの質は大事です。

ですが、やはりライバルがいない場所ほど
上位表示されやすくなることは間違いありません。

またライバルが弱い場所というのは
あるキーワードで検索した際に
その検索結果に上位表示されているサイトの中で
SEOが強いサイトがいないキーワードのことです。

SEOというのは「検索エンジン最適化」のことで
このSEOが強いサイトほど、
全く同じコンテンツをアップロードしても
より上位表示されやすくなっていきます。

ちなみに、SEOが強い順番で行くと
一般的には以下のように言われているので参考にしてみてください。

大手ニュースサイト・大企業のサイト>2Ch>有料ブログ>無料ブログ

つまり、もし仮にあなたが「有料ブログ」を運営しているのだとすれば
「無料ブログ」があなたよりもSEOの弱いライバルということになります。

この場合、検索結果の上位に
無料ブログばかりが表示されているキーワードほど
「ライバルの弱い」狙い目のキーワードということです。

そういったライバルの弱いキーワードを狙って
記事を作成していくことで上位表示がされやすくなります。

まとめると、「キーワード選定」において重要な考え方は以下の2点で

・ユーザーが検索するキーワードをなるべく多く記事タイトルに含む
・ライバルがいない・弱いキーワードを狙う

ことがキーワード選定で重要なポイントです。

では、どうしたら以上の2点を満たしたキーワードが
思いつくようになるのかというと、
ひとつ前の「ネタを探す」のステップで行った
「リサーチ」を基にしていきます。

そこで調べた「見込み客が知りたいこと」を基に、
もし仮にあなたがその見込み客であれば
YahooやGoogleでどんなキーワードを打ち込んで検索するか想像してみてください。

これは一例ですが、
「~したい」「~する方法」などの前向き・プラス思考なキーワードと
「~できない」「~が嫌だ」などの後ろ向き、ネガティブなキーワードがあります。

これは見込み客の気持ちを考えながらやっていくものですが
慣れればなれるほど簡単になっていくはずです。

そしてそれを考えたら今度は、
ライバルがいない場所・弱い場所を狙います。

これは率直に、自分自身が考えたキーワードを
実際にYahooかGoogleのどちらかで検索してみて
そこでライバルが弱いかどうかを調べていくしかありません。

もしそれが面倒で嫌だというのであれば
今は優れたツールもでているようですので
そちらを検討してみてはいかがでしょうか。

私は使ったことがありませんので
アフィリエイトという形では紹介できませんが
「キーワードスカウターS」というものが優れているようです。

キーワードスカウターSの検索結果

興味があれば調べてみてください。

ここまでが「キーワード選定」になります。

次は実際に記事を書いていく段階です。

情報を集める

記事のタイトルを決めたので
「何をテーマ」に記事を書いていけば良いのか
そのおおよその枠組も決まっているはずです。

次はその情報を集めていく段階です。

方法としては2つあり

・その分野の書籍を購入して情報収集する
・ネットで検索して情報収集する

この二つの方法どちらにもメリットとデメリットがあるのですが、
まず書籍を購入して情報収集する場合のメリットは

ネット上には出回っていないアイデアやネタが見つかる

ということが挙げられます。

ネットに出回っているネタは
大概の場合既に色んな人が記事に書いてしまっているので
オリジナリティが出にくいです。

他のサイトにも書かれている内容を記事にしていく場合、
オリジナリティを出すためにそれなりの工夫を必要とするので、
情報発信になれるまでは困難に感じる人も多いと思います。

そのような場合は「書籍」からの情報収集がお薦めです。

ネットで情報を集めていくよりは「手軽さ」にかけますが
書籍はネット上にまだ出回っていない良質な情報の宝庫だからです。

そもそも書籍の場合はネットで情報発信している人に比べ
知識も経験も高いレベルの人が多いので
信ぴょう性もあり、かつ有効な情報を手にしていくことができます。

書籍から情報収集する際のデメリットは
やはり「手軽さ」にかけるところでしょうか。

ネットでサクッと検索して答えを手にしていく場合と比べ
やはりそれなりに腰を据えて勉強していく必要があります。

対して「ネットで情報収集する」場合のメリットは
書籍の場合と逆になり「手軽さ」があることです。

Google検索を使えば
かなりの精度で自分の求めている情報を
一瞬で表示してくれます。

そこは書籍から情報収集する場合に比べ
比較にならないほど効率が良いです。

またネットで情報収集をするデメリットは
これもまた書籍のメリットの裏返しになりますが

「信ぴょう性が高く、質の高い情報が手に入りにくい」

ということだと思います。

一般人が発信している情報は
中には間違ったものや根拠の無いものも
決して少なくありません。

さらに、ネット上から集めた情報を基に
いざ記事を書いていくとなると
他のサイトと似たり寄ったりになってしまいがちなのも
デメリットにあげられると思います。

書籍から情報収集する場合に比べ
かなりオリジナリティを出していかなければいけません。

少なくとも、検索結果に上位表示されたサイト全てのいいところを取り入れ
さらにわかりやすく丁寧に書いていく必要があります。

・書籍から情報収集する
・ネットから情報収集する

と二つがありますが、
もちろんできるなら二つともやったほうが良いと思います。

ネット上にない情報が書籍から得られる可能性があるのと同じように
「書籍から得られない情報」がネットで得られる可能性があるからです。

両方から情報収集することで
より豊富な情報が得られると思います。

ただ、普段からそこまでしていたら
時間も労力もかかりすぎると思うので
自分が真剣に打ち込んでいるテーマや
何が何でも上位表示を狙いたい記事でやってみてください。

また、これはがっかりさせてしまうかもしれませんが
質の高い情報を発信をしていくためにはやはり
その前提として知識や経験を積み重ねていくしかありません。

当然、インプットする情報が多ければ多いほど
質の高いアウトプットができるようになります。

そういう意味で常にインプットしなければならないのは
情報発信をしていくうえでの大前提だと思ってください。

ただし、これは補足というか注意点ですが
知識や経験が少ないからといって決して情報発信を諦める必要はありません。

なぜなら、少しある分野を学んだだけでも
その学んだことを伝えることで

「役に立った」

と感じてくれる人は
間違いなくたくさんいるはずだからです。

いきなり専門家や上級者に向けて情報発信する必要は全く無く、
自分よりも知識のない人に対して
自分が学んだことを伝えていけばいいんです。

そうすれば、その情報を知らなかった人からは
「役に立った」と感じてもらえます。

とはいっても、ここまでを読むと
情報発信にハードルを感じてしまうかもしれません。

ただ、逆に言えば、インプットを積み重ねれば積み重ねるほど
アウトプットは簡単になります。

知識が殆ど無いうちは、一つを学んだら
それをそのまま発信していくしかありませんが、
知識が蓄積されてくるにつれ、一つ何かを学んだら
それまでに蓄積してきたあらゆる既存の知識と結びつけて
あらゆる角度から情報発信ができるようになるからです。

それは「独自の視点」という意味でオリジナリティにもつながってきます。

なので

・情報発信は知識や経験がないからという理由で諦める必要はない
・知識や経験を積むほど情報発信が簡単になる

ということは忘れないでください。

では、情報を集めたら実際に記事を書いていきます。

理想的な記事の構成

記事の書き方というのは非常に重要で、
いくら質の高い情報が書かれていても
その記事が読みにくければ
無駄に反応を落とす要因になってしまいます。

できるだけ「読みやすく」「わかりやすい」文章を心がけましょう。

読みやすい記事を書くには

・一文を短く、一段落を短く

・結論から書く

・一つの段落に一つの主張

・興味深い小見出しを入れる

・流し読みでも内容がわかるように「強調」や「色使い」を工夫する

・ポイントを箇条書きにする

などが大事です。

読みやすい記事の書き方はこちらに詳しく書いているので
参考にしてみてください。

「理想的な記事構成」の参考記事

またわかりやすい文章を書くためには

中学生でもわかる言葉や表現を使う。

主語や述語をしっかりと入れる。

などが大事で、
さらに、「そして」「しかし」「つまり」などの接続詞を
適切に使うことができたら、いうことはありません。

こちらも過去に執筆した参考記事を載せておきますので
詳しく知りたければご覧ください。

「わかりやすい文章の書き方」参考記事

以上の点を意識して、
それまでに収集した情報を
わかりやすく、読みやすい記事構成で書いていけば
かなり質の高い記事になると思います。

最初は意識しながらやってみてください。

慣れてくることで自然とできるようになっていくはずです。

もちろんこれだけである程度集客効果の高い記事が作れるはずです。

ただ、最後にもう一手間加えることでさらに集客効果が高まる方法があるので
それを紹介して終わりたいと思います。

それは「コンテンツの整理」です。

コンテンツの整理

これは私自身がやってこなかったということもあり
失敗談ということで参考にして欲しいのですが、
自分が書いた記事というのはあとあと使い回したくなる時があります。

例えば、記事の途中で他の記事を参照してもらいたい時とかです。

ただ、そんな時にどこにその参照したい記事があるのかがわからなければ
それだけでかなりの時間を浪費してしまうことになります。

また、過去にどんな記事を書いたかが即座にわかるようになっていれば
書いたことを忘れて二度も三度も同じような内容の記事を書かなくてすむわけです。

ほとんど似たような内容の記事を
2つも3つも書いても
それこそ時間の無駄だと思います。

SEO的にも良くないかもしれません。

というよりも、良くないはずです。

残念ながらこのブログでは
過去にそのような「ほぼ同じ内容」の記事を
決して一つや二つじゃない数で書いてしまっています、、、。

記事数が50、100と増えていくと
それを見返し修正するのもかなりの苦労がいるわけです。

こういうことで非常に困ったので
是非あなたにはそのような苦労をされないよう
日頃から整理しておくことをお薦めします。

また、記事を整理しておくことで
ブログやサイトに訪れてくれたユーザーが
求めている情報にすぐにたどり着けるようになります。

そういったユーザビリティの高いサイトは
おのずとPV数や滞在時間が伸び、
SEO効果も高くなっていくので
あらゆる観点からみて

「記事の整理」

は必ずやっておくべきです。

これは、やればプラスに働き、
やらなければマイナスに働くという類の事なので
確実にやったほうが良いと思います。

お薦めの方法は2つあり、

・カテゴリ分けをする
・記事一覧を作成する

です。

カテゴリ分けをするというのは
多くの人がやっていることだと思いますが、
記事の投稿画面で設定できる「カテゴリ分け」のことです。

ポイントは、適度な細かさでカテゴリを作成していくことだと思います。

カテゴリ分けが抽象的過ぎたら意味が無いからです。

例えば、アフィリエイトがテーマのブログで
「アフィリエイト」というカテゴリを作成すれば
ほぼすべての記事が当てはまってしまうと思います。

それでは整理できていないに等しいので
カテゴリ分けをしている意味がありません。(苦笑)

「カテゴリ分け」をすることで
さらに情報が見つけやすくならないと意味が無いわけです。

なので、適度な細かさでカテゴリを作成しましょう。

例えばアフィリエイトをテーマにしているのであれば

「商品選定の方法」
「コピーライティング」
「ダイレクトレスポンスマーケティング」
「SEO対策」
「優良ツール」
「独自企画」
「特典」
「リサーチ」
「情報商材・書籍レビュー」

など、「アフィリエイト」というテーマを
一つか二つ掘り下げたカテゴリを作成すると良いと思います。

これはあくまで参考なので
自分で色々工夫してみてください。

次に「記事一覧」ですが
これまで書いた記事の一覧が表示されることにより
一度にどんなコンテンツがあるのかが一目瞭然になるため
ユーザビリティが高くなります。

また、見込み客に読んでもらいたい順番で記事を並べることができるので
最初は浅く広く、そのテーマやブログに興味を引く情報を伝え
徐々にコアな情報を伝えていくなど
効率よく情報提供ができるのも利点です。

これは私の失敗談でしたが
それなりに効果があると思うので
あまり意識していなかった人は
最後の一手間として取り入れてみてください。

コンテンツが増えてくるほど
「整理整頓」を日頃からやっておくことの有効性がわかると思います。

まとめ

冒頭でも書いたとおり

「アフィリエイト記事が書けない」

という悩みを抱えている人はかなり多いと思います。

ただそんな人でも、上であげた計5つのポイントを
一つづつ押さえていけば
実力は確実に向上してくるはずです。

まずは見込み客が悩んでいることを想像してネタを決めること。

そして上位表示されるための「キーワード選定」をやり
書籍やネット上から情報収集します。

そしてできるだけわかりやすく
読みやすい記事を書いていくことが大事です。

最後に記事を書いたら
毎回きちんと整理をすること。

ここまでを毎回徹底すれば
確実に質の高いアフィリエイト記事をかけるようになるはずです。

試してみてください。

参考になれば幸いです。