こんばんは、鳴海です。

私はアフィリエイトビジネスにおいても
コピーライティングを重視した
ブログとメルマガを活用するDRM手法を推奨しています。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは
「集客」、「教育」、「販売」の流れを基本として
お客さんと信頼関係を構築しながら
商品を売り込んでいくマーケティング戦略です。

このDRM手法の肝となるポイントは
「売り込み」をする前に情報提供やサンプル提供などの
「価値提供」により信頼関係を構築する部分にありますが
多くの人はその過程・プロセスの中で

「何回目のメルマガで商品を売り込んだら良いかわからない」

「商品の売り込みの頻度が多いとうまくいかないのではないか」

「売り込みが成功しやすいタイミングを知りたい」

と悩む傾向にあると思います。

そこで今回は

「アフィリエイトにおける適切な売り込みのタイミング」

について話していきたいと思います。

何回目のメルマガで売り込んだら良いのか

まず、アフィリエイトを始めた多くの人は
売り込みのタイミングを掴めずに

「何回目のメルマガで商品を紹介をしたら良いのか?」

という疑問を持つものだと思います。

ここでその疑問にお答えすると、
基本的にアフィリエイトのタイミングは
回数を目安にしていくものではありません。

何を指標・目安にするのかというと

「信頼関係の構築度」

に注目した方がいいと考えています。

もちろん、メルマガ読者さんとの「信頼関係」は視覚化できるものでは無いです。

ただ、信頼関係のない一通目からいきなり売り込むのは論外ですし、
信頼関係が構築できていないのに売り込みをしても
それが功を奏すことはまずありません。

だからこそ、信頼関係の構築を重視するべきであり

「それまでに何回メルマガを送ったのか」

という指標は正直なところ見当違いだということです。

なぜなら、仮に、

「七回目を目安に売り込んだほうが良い。」

という目安・指標があるのであれば、
6回目のメールまでに先立つ教育(情報提供)を終わらせないといけません。

ただ、売りこみたい商品によって、
先立って必要になる「情報提供量」は違います。

高額な商品になればなるほど、情報提供による教育が必要です。

その商品の特徴・値段によって
必要になるメールの回数(情報提供量)が変わるのはもちろんのこと、
その前提を踏まえて、

「◯回目のメールで売り込んだほうが良い」

という目安があるわけではありません。

ただ、先程も言いましたが、一回目のメルマガから
いきなり売り込んでいくのは避けたほうが良いと思います。

それで100%売れないことはないと思いますが、
販売ページやセールスレター並みの長さは必要でしょうし、

「いきなり売まれることに対して生理的に受け付けない」

という人も少なからずいるからです。

また、せっかくメルマガに登録してくれたわけですから、
いきなり売り込んでいては信頼関係を構築できるという
メルマガの利点・優位性を上手に使えていないと思います。

メルマガのメリットは価値のある情報提供によって
お互いの間に信頼関係を構築できるところにあるので
それを活かさない手はありません。

ですので、

「何回目のメルマガでアフィリエイトをしたらいいのか」

という疑問に対しては、

「特に何回目というのは意識しない方がいい。」

というのが答えになると思います。

さらに、

「いきなり売り込んだりはせずに、
売り込む商品に応じて役に立つ情報提供をしたほうが良い。」

というのも答えに対する補足になります。

売り込みのタイミング

ベストな売り込みのタイミングを理解するには、

「売り込み(商品の紹介)が失敗するタイミング」

という、逆の視点から見たほうがわかりやすいと思います。

売り込みが失敗するということは、そこに何らかの原因があり
その原因を解決すれば成功に繋がると思うからです。

それを踏まえた上で、売り込みが失敗してしまう理由は、
以下の2つだと思います。

・商品の価値を信頼していない
・人を信用していない

商品に価値があることを信用できていないのであれば
お客さんがその商品を買うことはありません。

「この商品は自分にとって価値がある。」

と思わせないことには買ってもらえません。

また、そもそも「人」を信用していなければ
何を言っても聞いてもらえないでしょう。

例えば、街を歩いていると

「簡単な仕事で高額報酬のアルバイト」

と謳う広告をたまにみかけますが、
その広告を真に受けて行動に移す人など、ほぼいないはずです。

もちろん、わずかでもいるからこそ
あのようになくなることもないわけですが・・・

話を戻しますが、通常であれば
胡散臭い広告に反応することは普通はありえません。

それはその広告主を信用していないからです。

信用していなければ人は動かないということです。

このようにアフィリエイトがうまくいかない理由は

・商品を信用していないから
・人を信用していないから

という2つの理由があります。

逆に言えば、この2つの要因を解決すれば
アフィリエイトは成功しやすくなるはずです。

そこで、ここからは、この2つのポイント

・商品を信用させる方法

・人を信用させる方法

を解説していくので、興味があれば読み進めてください。

商品の価値を信用させる方法

商品の価値を信用するというのは
その商品が

「ベストな問題解決法」

だと確信している状態です。

これはどういうことかというと、
その商品で手に入るベネフィットに心を動かされ

「それは自分が手に入れたい望ましい未来だ」

と感じさせ、その未来が手に入る手段、方法として
目の前に提示されている商品こそがベストなものである、
と確信しているような状態です。

つまり、

「いま目の前にあるのはベストな解決策だ」

と確信している状態です。

例えば、肩こりがひどく悩んでいる人に対し、
「針・灸マッサージ」を勧めたいのであれば、
肩こりがなくなり、快活な生活が遅れるようになるイメージや
肩こりが悪化し夜も眠れないほど痛くなるイメージを与えます。

その上で、それを解決する手段として、
「針、灸」がベストであることを納得させるわけです。

そのためには、その肩こりの原因を深掘りし、
その原因を解決するベストな手段がその商品であると説明します。

例えば、物凄くざっくりと説明すると、

肩こりの原因は

「ツボに老廃物が溜まっているから」

だと分析し、それを解決するには

「ツボを針で刺激し、老廃物を体外に排出する」

のがベストな選択肢だというように教育していきます。

これがその商品が「ベストな解決策」だと認識させることに繋がるわけです。

この辺りの「売り込み記事の書き方」を詳しく知りたければ
こちらの記事を参考にしてみてください。

アフィリエイトにおける「売り込み(販売)記事」の書き方

では、次に行きます。

「人物」を信用させるには

「人物」を信用させることは非常に重要です。

「価値提供者」として、また「情報発信者」として
信用してもらえなければ、何も聞いてもらえないわけですから
そこから何かが生み出されることもなくなってしまいます。

あなた自身もこれまで生きてきた中で
信用出来ない人がいたと思いますが、
その人達の言うことを真に受けて
行動を取るということは無いのではないでしょうか。

だからこそお客さんや見込み客から信用を得るということは
ビジネスをしていくうえでは生命線といってもいい程、
何を差し置いても優先するべき大事なことだと思います。

信用を勝ち取るには、誠実であることが大事であったり
資格を証明したり実績を示したり、お客さんの証言を使うなど
いろんな方法が考えられます。

ただ、最初の段階ではお客さんの証言もありませんし、
資格や実績がない人も多いはずです。

その場合、どうすればいいのかというと、
「価値提供」をすることと「誠実」であることで信頼を得ていきます。

価値提供は、メルマガ読者の問題解決に繋がる情報や
望みが叶えられる情報を提供していくことです。

メルマガ読者はそのような情報を求めメルマガに登録したのであり
そのような情報に対して価値を感じるからです。

そして、実際に自分に役に立つ情報をくれた人に対しては
これからも役に立つ情報をくれるかもしれないという信頼を
無意識に寄せてしまうのが人間だと思います。

それが積み重なるほど信頼は強く深くなっていくわけです。

また、誠実さというのも非常に大事だと思います。

「この人は言ったことを守る」

という人は信頼できます。

じゃあどうすればいいのかというと、
約束を必ず守るようにして、
守れない約束は最初からしないことです。

「このような悩みが解決できます」

というのであれば本当にそれを解決してあげなくてはいけませんし
それができないのであればそのような約束をしてはいけません。

最初のうちはそうることで地道に信頼を積み重ねていきます。

それが実績になり、お客さんの声も増え、更に好循環になっていくわけです。

ただそのような状態になっても「価値提供」と「誠実」さが
成功の軸になっていくのは間違いないと思います。

これが人物への信頼を勝ち取る方法ですが、
信頼は積み重ねていくしかありません。

小手先のテクニックや嘘は即効性はあるものの
いつかばれてしまうので麻薬のようなものです。

瞬間的には効果があっても
じわじわと身を滅ぼしていきます。

だからこそ、地道にコツコツと信頼を積み重ねていきましょう。

まとめ、総括

以上、

「商品の価値を信頼させる」

「人物を信頼をさせる」

この2つを達成することができれば
アフィリエイトでの売り込みは成功する確率が高くなります。

メルマガ読者からの返信を読んでみたり、
実際にアフィリエイトするタイミングをテストしてみるなど
べストなタイミングを見つけるための工夫は怠らないようにしましょう。

最初から上手にできるのではなく、テストをして分析をしていくものです。

もし、成約率が悪いのであれば、
商品を十分に説明できていないか、人物への信頼が低いかなので、
この2つの要素を分析してみましょう。

商品が説明できていないのであれば
しっかりと商品の重要性を伝え、
人物への信頼が引くのであれば、
それまでの価値提供をもっと増やす。

これらを工夫していくうちに
アフィリエイトの成約率は向上していくはずです。

もちろん、それまでの価値提供では
コピーライティングスキルを存分に生かしていくことができます。

このブログやメルマガ特別講座で学んだことを存分に活かしてみてください。
人間心理やコピーライティングの原理原則を使えば反応が向上するはずです。