今日はダイレクトレスポンスマーケティングにおける、
「リスト」という言葉と、その重要性について説明しようと思います。

もしあなたが「リスト」という言葉を知らなかったり、
聞いたことはあるけれど、いまいち理解していないというのであれば
この記事を読み進めてみてください。

必ず得るものがあるはずです。

まず、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)をやるのであれば
「リスト」の重要性をよく理解していなければいけません。

持っているリストの「質」と「量」で
そのビジネスが成功するかどうかが決まってしまう
そう表現しても決して言い過ぎではないからです。

特に、ネットビジネスを行っている個人で
平均的に月収100万円以上稼いでいるような人は
ほぼ全員がこの「リスト」を活用していると言われています。

だからこそ、あなたがDRM行っていく上でも
リストは非常に重要な概念なので、きちんと理解してしまいましょう。

これだけ知っておけば大丈夫、というところまで解説していきます。

DRMにおけるリストとは

そもそもリストとはなんでしょうか。

一言で言うと、

「アプローチすることができるお客さんや見込み客」

のことです。

お客さんや見込み客のことを「ターゲット」といいますが、
一般的には、ターゲットへアプローチするための情報として
住所や電話番号なども含みます。

ですが、個人で行うネットビジネスにおいては
主にメールアドレスのことを指します。

このメールアドレスは一件あたり、おおよそ
200~500円ほどで買われることもある程、
DRMを主体としたビジネスをする人にとって価値があるものです。

なぜ、DRMにおいて、リストがこれほどまでに重要なのかというと、
リストと信頼関係を構築することと、
何度でも売り込みをかけることができるからです。

この効果の大きさは、リストがなかった時のことを
逆説的に考えてみると解りやすいと思います。

例えば、もしあなたがリストを一件も持っていない場合、
お客さんがあなたのビジネスにお金を払ってくれるのは
お客さんが自ら、あなたのお店やサイトに足を運んでくれた時だけです。

新商品を発表したとしても、何か特別な企画を用意したとしても
基本的にはお客さんがお店に来てくれるまで
それを知ってもらえることもなければ、購入してもらえることもありません。

どうしても知ってもらいたければ広告を打つ必要がありますが
広告というのはそれだけでも結構な広告費がかかるものです。

つまり、リストをもっていなければ、
売りたい商品や企画やサービスがあった時に、
基本的にはお客さんを待っているか、広告費を払って集めるしかありません。

一方でリストがあれば、あなたが自らお客さんに対し
「お知らせ」をすることができます。

これは自分がもっているメールアドレスにメールを送るだけなので
広告費もかかることもありませんし、
もし普段から信頼関係が構築できていれば
赤の他人に売り込むよりも、購入して貰える確率は格段に高くなります。

だからこそ、リストは重要なのです。

ただ、勘の良いあなたなら気づいているかもしれませんが
やみくもに多くのリストを持っていればいいというわけではありません。

先程も少し言いましたが、リストの「質」も非常に重要です。

ここで言う「質」の意味を簡単に表現するなら

「商品をすぐに買ってくれる人」

が適切なものになると思います。

もう少し詳細に言えば、あなたのいる業界や分野に興味を持ち
商品を購入するお金をもっている人達です。

興味を持っていなければお金があったとしても購入してもらえませんし
興味があったとしても支払いが出来るだけのお金をもっていなければ
購入してもらうことができないからです。

だからこそ、商品の購入に結びつくような「質」の濃いリストを
できるだけ多く持っておくことが重要になります。

ただ、当然ですが、闇雲にアドレスを業者から購入していても
決して質の高いリストが集まることはありません。

その、メールアドレスの先にいる受信者は、
文字通り多種多様な趣味、興味、悩みをもっている人達だからです。

そのような多種多様な人に
同じような内容のメールを送ったところで
極一部の人からしか購入などの行動を起こしてもらえません。

それでもいいからとにかくアドレスを買って売り込もう、
としているのがスパム業者たちです。

ただ、そのようなスパムメールを送っていても
その費用帯効果の低さは火を見るより明らかです。

それでもある程度多くのリストを購入していけば
その手法が成り立ってしまうのも一つの現実なわけですが、
その裏では彼等も多額の広告費を支払っていますので
個人でこのような手法が使えるわけではありません。

もちろんお薦めできるものでもありません。

では、個人でネットビジネスをする際に
どのようにして「質」の高いリストを集めたらいいのかというと
一番高い効果が得られるルートは検索エンジンからの集客だと思います。

検索エンジンというのは、GoogleやYahooなどの検索サービスを指すのですが、
検索エンジンサービス最大手のGoogleは検索エンジンを

「ユーザーが求めている情報を即座に提供できるようなサービス」

にしていくことを目指すと公言しています。

そして、その言葉通り、年々その精度も着実に上ってきているわけです。

少し前までは小手先のテクニックを使った中身の薄いサイトが
検索結果の上位に表示されたりもしましたが
今では殆そのようなサイトはみかけなくなってきました。

Googleの技術レベルは確実に上がってきているわけです。

なので、ターゲットが求めている情報を
あなたのサイトで情報発信していけば
Googleがあなたのサイトにターゲットを誘導してくれます。

例えば、私は今この記事で「リスト」について解説した記事を書いていますが
この記事にはリストについて興味を持っていたり、DRMに興味があったり、
コピーライティングに興味を持つ人が訪問してくるわけです。

それは、Googleが、そういう情報に興味を持ち
「リスト」や「ダイレクトレスポンスマーケティング」などいった
コピーライティング関連のキーワードを検索をする人達に
このブログを上位表示させて紹介してくれるからです。

ですので、「質」の高いリストを集めたければ
一番有効なのは検索エンジンからの集客になります。

その際に大事なのは、見込み客が求めている情報を
きちんとわかり易く丁寧に提供することです。

それを心がけて情報発信していくだけでも
結果はだいぶ変わってきます。

そして、「質」の高い見込み客をたくさん集めたければ
ターゲットが求めている情報を数多く発信していくしかありません。

これが楽か大変かで言えば、おそらく大変でしょう。

決してツール任せに出来たり、何も考えずにできるものではないからです。

ですが、その労力と時間以上に大きな結果をもたらしてくれます。

そうやって、「質」の高いターゲットをあなたのサイトに集客したなら
連絡手段である「メールアドレス」を残してもらいましょう。

メルマガでしか発信していない貴重な情報があることを伝えるのです。

またアドレスと引き換えに魅力的なプレゼントを用意するのも
一つの有効な手段かもしれません。

忘れずに、きちんとメールアドレスを残してもらえるような
アドレス登録フォームを作っておきましょう。

そのようにしてアドレスを残してもらうことで
その後もターゲットとの関係性を維持でき
さらにあなたが売り込みたい時に売り込みをかけられるようになります。

これはあなたが月収10万30万、そして100万以上になりたければ
必ず必要になってくる考え方ですので是非、記憶にとどめておいてください。

まとめ

DROにおいて、リストは成功のカギを握る重要な要素。

リストとは、アプローチできるお客さんや見込み客のこと。

リストがあればターゲットとの関係性の構築と、彼等に対する売り込みができるようになる。

質の高いリスト収集は検索エンジンからの集客で可能になる

検索エンジンから集客するためには、ターゲットが求める情報をわかりやすく丁寧に提供すること

月収100万の人のほぼ全てがリストを使ってDRMをやっている。

リストの重要性について理解して頂けたでしょうか。

合わせてこちらの記事も読んでみてください。

メルマガリストの「質」を高める方法。「自己紹介」や「理念」を語る時の注意点