こんにちは、300万円以上の自己投資を行い、年収5億円以上の収入を稼ぐメンターからネットビジネスでの稼ぎ方を叩き込まれてきた鳴海です。

そして自己投資学の中にはダイレクト出版の教材やセミナーへの購入費用も含まれていますので、今回はダイレクト出版の評判や、ダイレクト出版の代表である小川忠洋さんの評判について、私個人の体験談や意見などを交えながら書いていきたいと思います。

私はよくダイレクト出版の商品を購入していますし、毎月ダイレクト出版さんから新書や人気書籍が送られてくる

「月間ビジネス選書」

のほうも半年ほど定期購読していた経緯があります。また、数万円のセミナーなどについても受講したことがありますので、なんだかんだ言って既に総額では50万円以上の商品は購入していますからね。

私が書籍を定期購読したのはダイレクト出版が初めてのことで、この会社の書籍やコンテンツは「信頼できる」と個人的には思ったのがきっけです。しかし、世間には私と正反対の評価をしている人もいるようです。

ダイレクト出版と小川忠洋さん 評判

ダイレクト出版は資本金1000万円の出版社。主な収益源は書籍やDVDなやセミナー。

海外の名高いマーケッターやコピーライターの著作を日本語翻訳を手がけた上で販売しています。

日本で有名な人物でいうと最近、亡くなってしまいましたが「ダン・ケネディ」ですね。ちなみに、ダイレクト出版は2006年に創業なので2016年が10週年の年でした。

2016年のダイレクト出版は「採用」に力を入れていた印象を受けます。

一冊数千円位しそうなアルバムを面接希望者に無料で配布していました。(今でも請求できると思います)

会社規模を大きくする為に採用を促進しているそうで、これからどんどん大きな会社になってきそうです。

また、ダイレクト出版は「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」を主な戦略にしています。

これは見込み客とコミュニケーションを取りながら商品を販売していくビジネス戦略のことで、私自身、自分のビジネスでは全てにDRM戦略を採用しています。

その上で私の場合、ネット上の仕組みを使い「自動化」をしているため、何もせずに収入が発生する流れを構築できているのですが、この仕組みを作るためのヒントなども、ダイレクト出版から得てきました。

ちなみに代表の小川忠洋さんはかなりダイレクトマーケティングに詳しく、アメリカのマーケティング手法をガンガン取り入れているような方です。

例えば、日本では珍しい「書籍代金の全額返金保証」をつけたり、かなり早い段階から「書籍の定期購入制度」を取り入れるなど、日本の出版マーケットでは先駆け的な存在でした。

ダイレクト出版と小川忠洋さんの評判を落とした3つの原因

主なダイレクト出版への批判は3つで

1.顧客名簿の流出

2.無料お試し期間後の自動課金

3.商品が無料だと良いながら送料が有料

です。

まず、顧客名簿の流出に関しては以前、自社で持つ顧客名簿の個人情報を他社に横流しさせたというものかと思います。

過去にこのような記事がでていました。

従業員の個人情報転売は約5万件、刑事告訴も – ダイレクト出版

情報商材などを取り扱うダイレクト出版の元従業員が
データを外部業者へ流出していた問題で、
流出件数が4万9070件に上ることがわかった。

問題の事件は、同社で製品を購入した顧客などの個人情報を、
同社を退職する予定だった当時の従業員が不正に持ち出し、
リスト業者へ売却していたもの。

2008年末に問題が発覚し、同社では従業員を懲戒解雇し、
流出先に対してデータの停止などを依頼。
警察や所管官庁へ被害を報告していた。

同社によれば、流出規模は、
氏名、住所、郵便番号、電話番号、メールアドレスなど
個人情報4万9070件にのぼり、リスト業者に出回っているほか、
迷惑メールも十数カ所から送信されているという。

同社では持ち出した従業員に対して刑事告訴の手続きを進めている。

また不正利用先に対して
弁護士を通じて内容証明の送付するなど対応を行っているほか、
不正に勧誘を受けた場合の対応方法などアナウンスしている。

(Security NEXT – 2009/01/19 )

引用元:http://www.security-next.com/9729

つまり、退社予定だった社員が顧客名簿を外部に持ち出し無断転売していたというもの。

これはお客さんとしては許せない行為だと思いますが、小川忠洋さんを始めダイレクト出版はその事実を認めた上で謝罪と顧客名簿の回収を済ませています。

私はこのときの被害者でもなければリアルタイムで状況を認識していたわけでもないのでどんな感じだったのかは正確にはわからないのですが

「迅速で誠実な対処をしていた」

とおっしゃる方もいましたし、今現在の私が認識するダイレクト出版も同様の認識ではあります。

また、

2.無料お試し期間後の自動課金

に関することですが、こちらも私がリアルタイムで認識していたものではないので事実関係を断定することはできないのですが、おそらく、

「無料期間後は自動課金されます」

のような旨を販売ページの方に「明記」していたものと思われます。

少なくとも、現在のダイレクト出版のサイトではお試し期間等の料金に関する事項は目立つ文字で明記されています。

また、

「無料課金後に自動課金する」

手法は国内外問わず、普通に見られるものですし、消費者にとっても便利で良いと私は思います。

もちろん、解約の仕方がわかりにくいというのはダメですが、それはまた別の問題ですし、現在のダイレクト出版はあまりこの手法を取り入れていません。

また最後の

3.商品が無料だと良いながら送料が有料

に関してですが、これについてはダイレクト出版のサイトで

「送料は別途かかります」

「商品は無料ですが送料代だけ負担してください。」

のような表記を私自信、確認済みです。なので、今現在はクリアされていますね。

昔はそういうことがあったのかもしれませんが、今はそうなってはいないようです。

以上、上記3つがダイレクト出版への主な批判のようです。

とはいえ大企業でさえ、問題が起こった時に隠蔽工作をするところも多い中、ダイレクト出版は事実を認め、顧客名簿を買い戻し謝罪しているわけです。

これはあるべき姿として当然なのかもしれませんがその当たり前のことをきちんとできない企業も多く、その事実一つとってもダイレクト出版は誠実で信頼できる会社だと思います。

ダイレクト出版株式会社に対する個人的な体験と感想

このブログではコピーライティングをテーマとしていることもあり、過去にはダイレクト出版の書籍を取り上げたこともあります。

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」ですね。

【ウェブセールスライティング習得ハンドブック(寺本隆裕)】の レビューと感想

この書籍は大事なことをわかりやすく網羅していたこともあり個人的にも学びや気付きがたくさんありました。

また、ダイレクト出版のホームページをみていても、全額返金保証やカスタマーサポートのていねいさ、
返品請求のやり方のわかりやすさなど・・・

「今後さらに信頼性を高めていこう」

というような意識は見られますしより良い企業になっていくと私は思っています。以上、ダイレクト出版の過去のトラブルなどについての記事でした。

ちなみにダイレクト出版はアフィリエイトにも力を入れいて、ダイレクト出版のアフィリエイトは個人的にはオススメです。紹介しやすいですし報酬単価も高いので。

「じゃあ、どうやってアフィリエイトすればいいのか?」

その答えについてはこのブログやメルマガで明かしていますので気になるものから確認していってください。有料で学んできた情報の有効性を検証の上、スガンガン公開していますので。(笑)