私が出会った「年収数億円の男」が
どのようにしてその実績を作ってきたのか、
そのビジネスモデルをお伝えしていきたいと思います。

彼のビジネスモデルは極めてシンプル。

あまりにシンプルすぎる故、
彼のビジネスモデルを知れば
あなたも驚くのではないかと思います。

ただ、その前に、いかに彼のビジネスモデルが合理的で
再現性のあるものなのかをご理解頂くためにも、
彼のことを少しお話しさせてください。

実は、「その男」はネットビジネスに参入して一年とかからず
数億円の「所得(純粋な利益)」を手にしています。

その上、彼は一切表舞台に出ること無く、
顔や名前を出さずにそれだけの収入を得ていたのです。

ですが、彼がネットビジネスに参入した当時は

「ネットビジネスで稼いでいる人」

と言えば、”業界の有名人”として顔や名前を公表しながら
年収にして数千万円程度や、
凄くても年収一億円程度を稼いでいる人が大半でした。

しかし、「彼」はそんなネット業界の常識に反し、
その何十倍もの利益を人知れず手にしていたわけです。

更に、「彼」「が作成したサイトは数年に渡り大きな利益を生み続け、
その一つ一つのサイトが継続的に利益を彼に運び続けています。

また、彼のクライアントとなった人達は
「完全な初心者」だった場合でさえも
次から次へと月収百万円単位のお金を稼ぎ出していきました。

そんな、「圧倒的」「神がかり」「次元が違う」と表現したとしても
決して大袈裟ではないと思える彼のビジネス手腕。

実は、ある「たった1つのスキル」だけに特化していたのです。

むしろ、その「一つのスキル」以外は
何も持っていないに等しい状態でした。

やや難しい言葉になってしまいますが、
SEOの知識やHTML、プログラミング言語もほぼ認識せず、
フェイスブックのアカウントさえ取得したことがない。

携帯はスマホを使わず、旧式の折りたたみ式の端末を使用している。

そんな、つい思わず

「ネットビジネスで本当に稼いでいるんですか?」

と聞きたくなってしまうほど、多くの人が

「ネットで稼いでいる人」

に対してイメージするであろう人物像から
遠くかけ離れたタイプの方だったのです。

実際に彼がネットビジネスに参入した当時は

「ネットビジネスで稼ぐためには
SEOやHTMLやプログラミング言語を学ばなければいけない」

という「常識」や「共通認識」のようなものがありました。

ですが、彼はそのようなものには目もくれず
あるたった一つのノウハウだけを追求していったのです。

その結果、彼は、先ほどお伝えした

「ネットビジネスに参入して1年以内に億単位の収入を稼ぐ」

という、にわかには信じがたい実績を叩き出してしまいます。

そんな彼が追求してきたノウハウこそ
もう既にお気づきかもしれませんが

「コピーライティング」

です。

コピーライティングというのは、
文章によって人の心を動かし
あなたの意図した行動を読み手に促す為の

「文章術」

になります。

インターネット上の情報は「文章」を中心に構成されているので
その「文章の質」次第で売上が大きく左右されていくわけです。

いくら魅力的なデザインが添えられていても
そのページに書かれている文章が魅力的でなければ
商品が売れていくことはまずありません。

ネット上において、人は文章を読み商品の情報を得ることで、
その商品の購入を決断するからです。

故に、ネットビジネスで成功したければ
「文章の質」を高めていく必要があります。

その「文章の質」を高めるためのノウハウこそが
他でもないコピーライティングです。

ただ興味深く面白い話をするだけでは不十分で
コピーライティングのノウハウを用いて
読み手から「行動」を引き出す必要があるからです。

「彼」はこの「コピーライティングスキル」を追求し
ネット上に「売れるサイト」を量産していきました。

その結果が、上で挙げた驚くべき実績に繋がっていくわけです。

これは「彼」の言葉ですが

「コピーが全て」

という事を言っており、
コピー以外のものは誰がやっても同じ結果になると考え、
彼は実際にコピー以外の部分を他の人に任せてきました。

そして彼自身は独自の視点と切り口から
コピーライティングの一点を追求していったのです。

そんな、コピーライティングという

「人を動かす為の文章術」

を追求した彼のビジネス戦略は至ってシンプル。

1.コピー作成の依頼を情報起業家やアフィリエイターから受ける
2.売れるコピーを納品する

依頼主が情報起業家であれば情報商材の売上からのマージンを、
アフィリエイターであれば彼が作成した記事から得た反応に応じたフィーが
彼の銀行口座に振り込まれる仕組みだったわけです。

そして彼はこの戦略でネット業界トップクラスの収益を
一切表舞台に立つこと無く何年にも渡り手にしていました。

彼が依頼を受ける際の報酬条件は
彼が作成したコピーから上がった売上から
平均25%ほどを受け取るというものだったそうです。

ただし、彼は依頼主に対して
前もってコピーの作成料を請求していませんでした。

つまり、依頼する側にはリスクが無いという条件で依頼を受け
他の業者にコピー作成を依頼した場合に比べ
その数十倍の売上が立つコピーを納品していったわけです。

そのような条件と状況であれば
売上の4分の1程度を支払うという条件も
決して不条理なものではありません。

それだけのパーセンテージを「彼」に渡したとしても
他のどんな業者に依頼するよりも
結果的に最も大きな利益に繋がっていくからです。

彼はコピー制作のビジネスを始めるに当たり
最初の頃は目ぼしい情報起業家に対し

「現在のコピーを書きなおすから売上が上がったらマージンがほしい」

という形でオファーをだしていったそうなのですが、
間もなく評判が評判を呼び、
彼への依頼は止まらなくなったと言われています。

これが彼のビジネスモデルです。

この話はあなたのネットビジネス経験の有無を問わず
常識の範疇外の事だったのではないでしょうか?

そして、あなたはもうお気づきになられたはずです。

「コピーこそが全て」

だと。

思い出してください。

彼はコピー以外のノウハウを全て切り捨て
たった一つ、コピーライティングだけを追求してきた結果
ここまでの実績を作り出してきたのです。

ここで以下の画像を見てみてください。

年収証拠画像
(これは「彼」の銀行口座の切り抜き写真です)

銀行口座には1億円ほどの預金が溜まっていますが、
同日中に複数の業者から
数千万円単位の振り込みをされていることがわかると思います。

彼はこのようにして売れるサイトを幾つも作り上げ
まさに「不労所得」とも言える仕組みを構築していったのです。

だからこそ今あなたに認識してほしいことは、

コピーライティングスキルの追求こそが
ネットビジネスにおける成功に繋がる

ということ、その一点に尽きます。

では、「彼」はどのようにして
そんな「売れる文章」を書くための
コピーライティングスキルを習得していったのか。

引き続き御覧いただければ、
その答えの全てをお伝えしたいと思います。

年収数億円の男が追求した「コピーライティング」