コピーライティングはどうすれば上達することができるのでしょうか

 

私は、何度も繰り返し繰り返し間違いをしながら、
その間違いを修正することで
上達していくものだと思っています。

 

コピーライティングは
その教科書などを読んで原理原則を理解しても
そこから学んだことをすぐに活かすことはできません

原理原則というのはあくまで、
車の運転マニュアルのようなもので
実際の運転とは大きく違うわけです。

これは私のコピーライティングの先生に言われたことです。

どれだけ成功事例を学んだとしても
それは100、1000、無限とある可能性のうちの
たった一事例でしか過ぎません。
自分で出来るようになるには努力が必要です

 

車の運転であれば
実際に道路に出て運転してみることで
初めて出くわすケースがたくさんあります

教習所の座学でどんなに正しい運転方法を勉強しても
運転は上手になりません。
 

実践を通す事で初めて、上達していきます。

 

車の運転と同じように、
コピーを書くというのも一回として
同じ状況、環境でコピーを書くことはないわけです

 

全てが「初めて」になってくるわけです
ちなみに、スワイプというのはある使えると思いますが、
そこそこの反応までしかだせないと思います。

そもそも完全に真似したところで、
二番煎じというのは効果が半減します。

いくらケーススタディを学んでそれを再現したとしても
状況が違えば、それがベストな選択になりえません。

 

車の運転が
その日の天気、道路の状態、他の車などの交通状態
そういったものによって大きく影響され
そのときのベストな運転は「その瞬間」にのみ産み出されていくものであり、
一度として同じものがないように

 

コピーも、そのときの流行、人間の興味が向いている方向、
売りたい商品など、そういったさまざまな要素に大きく影響され

ある状況においてベストなコピーは
「その瞬間」においてのみベストなものとなります

そういった瞬間瞬間の状況にベストなコピーを作ることは
車の運転同様、瞬間ごとにベストな運転というものを意識して練習していくように
実際にコピーを書きそのときのベストを模索することで練習していくしかないわけです。

いつまでも原理原則を学んでいても、
コピーが上達することはありません。

一通りコピーライティングの原理原則を学んだのなら
一歩を踏み出し、実際にコピーを産み出していきましょう。

一分でも一秒でも多くの時間を
「ベストなコピー」を産み出すことに費やしてみてください。

追伸
コピーライティングに興味が有るのであれば
興味がればメルマガに登録してみてください

ネット時代に適応しきれていない一般の書籍では得られない情報を提供しています
無料特別講座