「成功したければ過去の成功者に学べばいい」

これは古くから一般的に言われてきた事だと思いますが、
この言葉の意味するところは

「あの成功者がいつ、どこで何をしてきた」

ということを、ただ時系列に沿って
その行動を辿っていけばいいということではありません。

少なくとも、本気で成功したいのであれば
そのようなレベルの認識では不十分だと私は思います。

何故なら、「行動」は思考に基づくものであり、
成功者の思考を認識することが出来てこそ
自身が置かれた状況において取るべき「行動」が見えてくるからです。

なにより、過去の成功者と同じ行動を取ったとしても
同じような結果が得られる可能性は限りなく低いと思います。

その「成功者の行動」は、その時の時代背景や、
置かれた環境や状況などが複雑に重なった結果として
それらに応じる形で生まれたものだと思うからです。

つまり、取るべき行動というものはあくまで
その時の状況によっても左右されるものなのです。

もし仮に過去の成功者が置かれた環境が違うものであったならば
彼等が取った行動は変わっていたに違いありません。

あくまで目的追求の上で壁となっていた問題を解消する為に、
その問題を解消する為の手段として
彼等はその状況において正しいと思える行動をとったに過ぎず、

目的追求の上で生じた問題が異なるものであったならば
その問題解決に至る行動も異なっていたであろうと思うわけです。

だからこそ、成功者から学び、
その成功者と同レベルの状況に至りたいのであれば

「行動」

をみていくだけでは全く不十分であり、

「思考」

レベルで捉えなくてはいけません。

例えば

「なぜこの成功者はそのような行動をとったのか」

「この行動を取ることで何を手に入れたかったのか」

ということを推測していく必要があるわけです。

そして、行動からその成功者の「思考」を推測しながら、
その推測した思考が一連の行動と整合性が取れるか検証しつつ
最終的にはその思考を「認識」できるようになっていくべきなのです。

その思想を認識して自分のものにできれば
その成功者と同じレベルの行動をとることができるようになり
その人が理想としていたレベルでの成功を掴めるに違いありません。

成功者から学ぶ上で重要な事は、
その人の思考を推測と検証を繰り返しながら
その思考に限りなく近い答えをみつけていくことなのです。

無論、その答えが見えてきたのであれば
それを日頃から意識し自分を近づけていくことは
それ以上に大事であることは言うまでもありません。

以上が、「成功者から学ぶ」正しい方法です。

この世の中に二度と同じ状況というものがない以上、
「成功者の行動」をなぞっても意味がありません。

しかし、成功者の「思考」を認識することができれば
その思考を自身の状況に適応することができます。

だからこそ、成功者から学ぶ上で一番重要なことは

「その人はどのような思考を持っていたのか」

ということを推測し、認識できるようになることなのです。

これが「成功者から学ぶ」ということの正しい学び方であり
この学び方をしないかぎり、成功することは出来ないと思います。

成功者の思考を認識せずに、行動だけを真似したところで
一時的に上手く行ったとしても
必ず矛盾や躓(つまづ)きが生まれてくるはずだからです。

その理由は、正しくない思考を持っている限り
必ず自身の「誤った思考」に影響を受けるからです。

つまり、

「成功者から学ぶ」

ということは、本質的にはその行動を見るのではなく、
それらの行動の背景にある「思想」を汲み取る事を意味するのです。

これは師匠の教えをほぼ受け売りで解説したものですが
「成功者から学ぶ」ということへの答えになります。

この考え方一つで今後の人生が大きく変わってくるはずですので
是非取り入れてみてくださいね。