コピーライティングは文章によるセールスです

読み手はそのコピーを読んで、
買うか買わないかを判断します。

対面のセールスであれば、
読み手のほうから商品の懸念点や不安点を質問してくれますが

セールスレターであれば、
読み手はそのようなことをわざわざしません

セールスレターを読み終わった後に
懸念があったり、不安が残れば
その商品の購入率は著しく落ちてしまいます

そうならないためにも、
セールスレターを読み終わるころには

読み手が何の懸念も不安も残らないように
コピーを書いていくことが大切です。

ではどうすれば、
懸念や不安が残らないようなコピーを書くことができるのか

その唯一の方法は
読み手がセールスレターを読んだときに
思い浮かべるであろう疑問に全て答えることです

また、はぐらかしたりなどもしてはいけません

しっかりと誠実に答えることが大事です。

もし知識がなくて答えられないというのなら、
セールスレターを書く前にもっと勉強するしかありません。

また、どうしてもいえない理由があるのなら、
それを納得する形で書くことが大事です

一番いけないのは、「読み手が思い浮かべるであろう疑問」
に触れないことです

 

是非あなたのコピーにも取り入れてみてください

一気に信用度が高まるコピーを書くことができるはずです

 

追伸

こちらは特別講座になります
真剣にコピーライティングを学びたいという方はこちらをどうぞ

無料特別講座