ネットビジネスを始めて
コピーライティングを学び始めると

まず何よりも知りたくなるのは
コピーライティングの法則や
それを効果的に演出する心理テクニックの数々ではないでしょうか

それらを一生懸命に学ぶ人は多い一方で、
コピーライティングにおいて一番大事な部分がおろそかにされている人が多いように感じます

もし、あなたが今現在一生懸命コピーライティングの知識やテクニックを
学んでいるとするならば質問です

何のためにコピーライティングを学んでいますか。

そこには確固たる目的があるはずです

その目的は
時と場合によって違いますが、

集客目的にしろ
教育目的にしろ
販売目的にしろ

必ずそこには「何かを伝える」という課題があるはずです

何を伝えるのか

その確固たる目的があって初めてコピーライティングの原則や心理テクニックが活きてきます

どんなに心理テクニックで人の注意をひきつけたとしても
それだけで終わってしまったら意味がありません

注意をひきつけた先にある「伝えたいこと」
が読み手に伝わってこそ意味があります。

まずはその「伝えたいこと」をはっきりとさせることが大切です

さらにその「伝えたいこと」が読み手にとって価値のある情報なのかということも
非常に大事になってきます

すでに読み手が知っていることを
もったいぶって伝えても意味がありません

読み手にとって知って
何かの悩みを解決できたり、願望を叶えることができたりする
価値のある情報を伝えてこそ意味があります。

そのためにはまず書き手の知識が豊富で
価値を提供できるだけの情報を持っていることが大切です

勉強し価値を提供できるだけの豊富な知識を身につけること

そこまでいって初めて
価値のある情報発信ができるようになります

価値のない情報を発信していても
意味がありません

さんざん注意をひきつけておいて
そこにある情報に何の価値もなければ、
ただの「迷惑な人」になってしまいます

ましてや、そんな文章から物が売れることなど
ほぼ絶対といっていいほど無いはずです。

コピーライティングのテクニックなどを学ぶと同時に
「伝えたいこと」をはっきりさせ
提供する価値の質を高めること

これが何よりも重要だということです

そのうえで、コピーライティングの法則を使ったり
心理テクニックを使ったりして
人を引き込む文章を作っていってください。

コピーライティングの知識を学ぶことが悪いといっているのではありません。
あくまで、「発信する情報」にも注目しようということです。
特別講座