ネットビジネスでブログを用いて
そこに情報商材などのレビュー記事を書き
投稿しているという人は多いと思います。

実際、検索エンジンからの集客を目的とするならば
特定のジャンルに興味を抱く人を集める上で
「レビュー記事の投稿」が有効であることは間違いありません。

やはり、特定のジャンルの「情報商材名」で検索をする人は
そのジャンルに強い興味を抱いている人がほぼ大半ですし
実際に「購入」を検討しているような
購買欲を持っている人も決して少なくないからです。

また、「情報商材名」をタイトルに含めている記事は
「悩み系キーワード」などをタイトルにしている記事と比べて
ライバルの絶対数的に見ても数が絞られるので
比較的容易に上位表示することもできます。

特に、販売され始めて間もない情報商材などは
その情報商材をレビューしているようなライバルが
まだ誰一人いない状況も珍しくはありません。

要するに、情報商材名で記事投稿をしていくことには

・属性、ターゲットを絞り込んだ集客ができる
・ライバルが少ないために上位表示が容易にできる

という二つの利点があるわけです。

ですので、特定のジャンル、テーマに特化して
そこで収益目的の情報発信を行っていくのであれば
レビュー記事を書けるようになっておいて損はありません。

そこで今回は「情報商材のレビュー記事」の書き方を
指針の一つとなるように解説していきたいと思います。

ここで書くことが「レビュー記事の書き方」の全てではありませんが、

・レビュー記事を読む人がどのような情報を求めているのかがわからない
・レビュー記事にどのような事を書けばいいのかがわからない

という状況にある場合は大いに参考にしていただけるはずです。

情報商材レビュー記事を読む人の心理

まず、情報商材のレビュー記事を書くうえで
前提として押さえておかなければならない認識は
その情報商材レビューを読もうとする人が

・どのような情報を求めているのか
・どのような前提知識、認識を持っているのか

ということです。

情報商材のレビュー記事に関わらず
ビジネスとして情報発信をするのであれば
読者が求める情報を提供することが基本になります。

読者が求めていないような情報を提供したとしても
そのような情報を記載している記事はまず読まれることがなく
読まれない記事からは読者の反応が生まれることもないからです。

ですので「記事を書くこと」で収益化を図るのであれば
まずは「読者が求めている情報を提供」することで
その記事を最初から最後まで読み進めてもらい、
誘導したいページや売りたい商品を紹介する必要があります。

つまり、記事を書き、投稿していくからには

「読者が求めている情報を提供」

したうえで「記事を読んでもらう」必要があるわけです。

また、上記の認識と併せて

「読者が既に持っている知識、認識」

を把握しておく必要もあります。

何故なら、「読者が既に持っている知識、認識」を把握しておくことで
「読者が求めている情報」を絞り込みやすくなるからです。

そして、「読者が求めている情報」を適切に把握して、
伝える必要のある情報を十分に提供するほど
その情報提供に対して価値を感じてもらえるようになります。

他者に物事を解説、説明、指導していくうえで
その人が求めている情報を必要な範囲で十分に提供して、
その情報提供に対して価値を感じてもらうということは
情報発信における一つの重要なポイントです。

その反対に、伝える必要のない情報を提供したり、
伝えるべき情報の伝え漏れなどがあれば
その分だけ感じてもらえる価値は低くなってしまいます。

例えば、読者が既に知っていることを伝えたとしても
それは「退屈」だと思われてしまう可能性が高くなりますし、
また、読者が知らない、もしくは理解していない物事を
「既に知っていること」として話を進めてしまうと
その先の話は「意味不明」なものになる可能性が高くなります。

更には、「読者が求めている情報」であるにも関わらず
その情報を伝えることが出来ていない場合は
「物足りなさ」や「腑に落ちなさ」のような
マイナス感情を感じさせてしまう可能性も否めません。

その反対に、「読者が求めている情報」や「読者が知りたい情報」を
十分に提供した場合、そこに大きな価値を感じてもらえるはずです。

故に、「読者が前提として持っている知識や認識」を
適切に捉えた上で情報発信をしていくことで
読者がその情報に対して感じるであろう価値を
より大きくしていける可能性が高いのです。

ですので、まずは「レビュー記事」に関わらず、
「ビジネスを目的とする記事」を書く際は常に
以下の二つを意識しておいたほうがいいと思います。

・読者はどのような情報を求めているのか
・読者はどのような前提知識、認識を持っているのか

以上を踏まえたうえで、「レビュー記事」を書く際の
上記二つのポイントの押さえ方を解説していきます。

「情報商材のレビュー記事」を読む人が求めている情報とは?

まず、検索エンジンに特定の情報商材名を打ち込み
「情報商材のレビュー記事」にアクセスをするような人が
「その記事に対して求めている情報」ですが、
これは率直にその答えを言ってしまうと
おおよそ以下のようなものになると思います。

・その情報商材の有効性について
第三者の感想や意見、体験談を知りたい。

・その情報商材を購入する価値があるかどうか
第三者の客観的な意見を聞いて見極めたい

少なくとも、検索エンジンに特定の情報商材名を打ち込むような人は
既にその情報商材の存在を知っている人達であり
その商材のセールスレターを読んでいる可能性が高い人達です。

つまり、情報商材のレビュー記事を読む人たちは
その情報商材のレターに一通り目を通したうえで
それでも依然「疑い」や「不安感」を抱いているために
第三者の意見を知りたいと考えているわけです。

だからこそ、そのような心理状態にある人たちに対して
レビュー記事の中で提供していくべき適切な情報は

・その情報商材の有効性についての意見や感想、体験談

・その情報商材を購入する価値があるかどうか

というものになると思います。

言ってしまえば上記二つが情報商材のレビュー記事における
読者が価値を感じる可能性の高い情報になりますので
後はその「感想」、「意見」、「体験談」なりを
「自分自身の言葉」で書いていけばいいわけです。

ただ、集客狙いで情報商材のレビューをする際は
必ずしもその情報商材を購入する必要はありません。

たとえレビューする情報商材を購入しなくても
読者が価値を感じる記事を書けるということです。

何故なら、情報商材を購入して中身を確認しなくても
セールスレターから読み取れる情報をもとに
その商材の中身や価値を分析、考察していくことはできるからです。

例えば、セールスレターで提唱している「戦略」について
その戦略の有効性や再現性をあなたなりに言及したり
情報商材内で「教えてくれる」というポイントについて
その戦略を実践する上での重要度を考察したりできます。

その商材が提唱している戦略が有効ではないと感じたり
教えてくれるというポイントが「ズレ」ていると感じるのであれば
そこを指摘して「あなたが購入しなかった理由」にすればいいのです。

また、「値段」や「保証条件」、「サポート体制」については
セールスレターで十分に言及されているはずですので
これもほかの商材などと比較する形で批評することができます。

さらに言えば、セールスレターから「内容」が読み取れず
どのようなことを教えてくれるのかわからない商材は、
これまでの傾向としてそのような商材のほぼ全てが 

「粗悪なもの」

ですので、そのことを読者に伝えてあげてください。

「どのような中身」なのかをレターで明かしていない商材は
レターで概要を明かすと売れなくなるものが殆どで、
実際に購入して蓋を開けてみると価値を感じないものばかりです。

これは売る側の視点に立てばわかることですが
本当に優れた内容であれば概要を具体的に示し魅力をアピールしますし
反対に、劣悪なものは、売れなくなるので概要を示すことができません。

なので、「レターから概要が見えてこない」ことはそのまま
「購入しなかった理由」や「批判」として使うことができます。

つまり、セールスレターからでも内容は推測、分析、考察できますし
内容が見えてこない場合はそのデメリットを指摘する形で
「購入しなかった理由」を読者に伝えてあげればいいのです。

もし仮にあなたがセールスレターを読んで

「この情報商材は良さそうだ」

と感じた場合のみ、実際に購入してみて
情報商材内で教えてくれるポイントの良し悪しを
具体的に言及していけばいいと思います。

「購入しなかった」場合は、その結論に至った
あなたの分析や判断理由を伝えていけばいいのです。

つまり、レビューをするために情報商材を購入する必要はなく、
セールスレターから読み取れることだけでも
その情報商材の中身に言及する手掛かりは沢山あるということです。

私の場合は、レターで提唱している戦略が有効だと感じ、
さらに教えてくれるというポイントが的を得ていると感じた時のみ
実際にその情報商材を購入してレビューをしています。

ですが、購入に至る情報商材は殆どありませんので、
それ以外の場合は「購入しなかった理由」をレビューしているわけです。

たとえ実際に情報商材を購入しなかったとしても
あなたの考察や指摘に共感し、納得してくれる読者は必ずいますし、
そのような人たちはあなたのブログを徘徊して他の記事を読んだり、
一定の割合でメルマガに登録してくれたりします。

セールスレターから読み取れる情報に対して
提唱している戦略やノウハウに言及していくだけでも
読者にとって参考になる記事を書くことはできるということです。

その際に、「説得力」を高め、「納得」を引き出す為には
やはりコピーライティングの法則に沿って書く必要があります。

その法則はこのブログでも幾つか解説していますので
この記事を読み終わった後にでも読んでみてください。

コピーライティング講座一覧

そして、「読者が持っている前提知識、認識」についてですが
このポイントについても解説をしておきたいと思います。

情報商材レビュー記事を読む人はどのような前提知識や認識を持っているのか?

先にも書きましたが、ビジネスとして記事を書く場合、
その記事を読んだ人により大きな価値を感じてもらう為には
読者が求めている情報を過不足なく伝えていくことが重要です。

もちろん、100%正確に「読者が求めている情報」を絞り込み
それを十分に漏れなく伝えていくことは難しいですが
この事を意識しておく価値は大いにあると思います。

その前提を踏まえた上で話を進めていくと、
先程も書いた通り、情報商材のレビュー記事を検索する人達は
既にその情報商材の存在を知っている人達であり
セールスレターに目を通している可能性の高い人達です。

ですので、「読者がすでに知っている情報や認識」は
以下のようなポイントになると思います。

・その情報商材のセールスレターに書いてある
「文言」「提唱する戦略」「提供される情報」「値段」「保証条件」・・・

ですので、レビュー記事を書いていく際は、
上記に記したポイントを踏まえたうえで
それらに対する「意見」、「考察」、「体験談」等を
自分自身の言葉で書いていくべきなのです。

例えば、セールスレター内で提唱されている
その情報商材の「戦略」や教えてくれる「ポイント」について
その有効性や再現性についての意見を述べたり、
「値段」や「保証条件」を他の商材と比較して考察を書いたり、
実際にその商材を購入した場合は体験談などを書いていきます。

一方で、ただただ

「セールスレターに書いてあること」

を伝えてもあまり意味がありません。

セールスレターに書かれている内容を踏まえたうえで
「意見」「考察」「体験談」を書くことに意味があります。

何故なら、「セールスレターに書いてあること」は、
「読者が既に知っている情報」でしかなく、
そのような情報を伝えても「退屈」に感じる可能性があるうえに
無駄に「売り込み感」を強めることにもなりかねないからです。

なので、セールスレターに書いてある内容を
レビュー記事で書くことは避けたほうがいいと思います。

あくまでもセールスレターに書かれている内容を踏まえたうえで
そこから推測できる情報商材の価値に言及していくべきだということです。

まとめると、「情報商材のレビュー記事を読む人達」が
既に知っている情報、認識している情報は

・その情報商材のセールスレターに書いてある
「文言」「提唱する戦略」「提供される情報」「値段」「保証条件」等・・・

であり、その各々のポイントについて「あなたなりの意見」を述べていくことが
レビュー記事を書く上で大事だということです。

その際の「コピーの書き方」については
先ほど同様、このブログでも解説していますので
機会があれば目を通してみてください。

コピーライティング講座一覧

以上、「情報商材レビュー記事の書き方」についての解説でした。

アフィリエイトビジネスにおける情報商材レビューや批評記事の書き方 まとめ

『情報商材レビュー記事で伝えるべき情報とは?』

  • その情報商材の有効性についての意見や感想、体験談
  • その情報商材を購入する価値があるかどうか

『情報商材レビュー記事を読む人が持っている前提知識や認識は?』

  • その情報商材のセールスレターに書いてある
    「文言」「提唱する戦略」「提供される情報」「値段」「保証条件」等・・・
  • (その前提知識、認識を踏まえたうえで「意見」、「感想」、「体験談」を書く)