情報商材のアフィリエイトを行っていくうえでは

「情報商材のレビュー記事」

を書くことが欠かせません。

自身が売り込みたい情報商材のレビュー記事を書くことで
その情報商材に興味を抱かせ、購入してもらう必要があるからです。

そのレビュー記事の中には、商品の強みやアピールポイント、
他の商材との比較などを書いていくのが一般的ですが、
そこで多くの人が混乱してしまう傾向にあるのが

「どこまで情報商材の内容を書くべきか」

ということではないかと思います。

やはり、情報商材のレビューをするからには
その情報商材の内容にある程度は言及しなければなりませんが、
あまりにもその内容を「明かし過ぎてしまう」と、
根本的にその情報商材の内容に

「興味がなくなる(それ以上知らなくてもいい)」

となってしまうからです。

だからこそ、明かすことでプラスになるところまで明かし、
それ以上明かすとマイナスになるというところから先は、
抽象的に示して内容をぼかしていく必要があります。

しかし、難しいのはその「境界線」を見極めることだと思いますので、
今回はその「境界線」について解説していきたいと思います。

情報商材の内容はどこまで明かすべきか。その境界線と見極め方

ここからは「情報商材の内容をどこまで明かすべきか」ということについて
その境界線とその見極め方を解説していきますが
まずはその「前提」となることをお伝えしなければなりません。

売り込む情報商材は購入しなければならない

これは売り込み目的のレビュー記事を書く上で大前提となることですが、
自分自身が売りたい情報商材については
事前にそれを購入して内容を把握しておく必要があります。

内容を把握していない情報商材を売るということは、
アフィリエイターとしての信用を失墜させることになりますので
絶対にやめておいたほうがいいです。

仮に一度目は騙しだまし売れたとしても、
「その次」がなくなってしまいますので
長期的にみれば大きな損失になってしまいます。

本来得られたであろう利益が得られなくなってしまうわけですからね。

以前、集客目的の情報商材レビュー記事の書き方を解説した際は

「集客目的であれば必ずしも購入する必要はない」

といいましたが、それはあくまでも「集客」をすることが目的であり、
そこで取り上げた情報商材を売り込むことはしないからです。

情報商材レビューや批評記事の書き方を解説

しかし、売り込み目的の情報商材のレビュー記事を書くのであれば
売り込む情報商材について正確な情報を把握するためにも
その情報商材を購入して中身をリサーチしておく必要があります。

まずは「売り込む情報商材は中身を購入する」ことが前提だということです。

もちろん、情報商材は高額なので、手を出しずらい気持ちもわかります。

しかし、情報商材を購入して的確なレビューを書くことができれば
2,3本売れた時点で購入代金分のもとは取れるはずです。

また、もし仮に売れないような商材であっても
中身を具体的に把握しておくことで質の高い批判記事を書けます。

質の高い批判記事を書くことで集客コンテンツになりますし、
何かしら学びがあれば情報の「ネタ」にもなるはずです。

なので、全ての情報商材を購入する必要は全くありませんが
あなたが「これは良さそう」と思った情報商材があれば
思い切って買ってみても決して損はないでしょう。

購入した結果、それが優良な情報商材であれば言うこと無しですが、
仮に推奨できないものであったとしても
ビジネス的な観点から見たら財産になるはずだからです。

なので、購入して「優良」だと思えたものだけを
「売り込み目的のレビュー記事」として書いていきます。

「売る込み目的の情報商材は購入する」

必要があるということです。

前置きが長くなってしまいましたが重要なことをお伝えしました。

そのうえで、一番最初の話に戻り、

「どこまで情報商材の内容を公開するべきか」

「どこまで公開すればプラスになるのか」

ということを解説していきたいと思います。

情報商材の内容はどこまで公開するべきか

レビュー記事において情報商材の内容を公開する目的は
あくまでもその商材を「売る」ためであり、
その目的に反してしまうようではいけません。

つまり、情報商材の内容を公開することにより、
その情報商材への関心を失わせてはいけないわけです。

当然、レビューをするからには購入意欲を高める必要があります。

では、その境界線がどこにあるのかというと、
その境界線は二つ存在し、一つ目の境界線は

「その境界線以上は情報を明かしたほうがいい」

というものであり、もう一つの境界線は

「その境界線から先の情報は明かさないほうがいい」

というものです。

そして、それぞれの境界線をより具体的に示すと
おおよそ以下のようなものになります。

「それ以上は明かしたほうがいい」という境界線
→ターゲットが知らない、問題解決ができそうと思える情報

「ここから先は明かしてはいけない」という境界線
→解決策の具体的なポイント、詳細な情報

上記二つの境界線と境界線の範囲内で情報公開をすることで
最も購入意欲の高い心理状態を生み出すことができ
その心理がどのような状態であるかというと、

「このノウハウであれば問題解決ができそう」

と思える上で、

「その具体的なポイント、詳細な情報を知りたい」

と思える心理状態に至ります。

そのように思わせるためには、

「ターゲットが知っている一歩先の情報(解決策)」

を示し、「このノウハウなら問題を解決できそう」と思わせたうえで、
その解決策のより詳細、具体的な情報を曖昧にぼかして

「それを知ることができれば完璧に問題解決できそう」

とアピールしていくことがポイントです。

つまり、ターゲットが躓いている問題を取り上げて、
その問題に対してターゲットが知っている一歩先の解決策を示したうえで
その解決策のより具体的な情報に興味を引いていくわけです。

なので、「売り」にするべき「解決策のより具体的な情報」を
情報商材のレビュー記事内で明かしてはいけません。

あくまでも「解決策のより具体的な情報」は情報商材の「売り」であり、
その情報商材を購入する理由、動機、目的にするものだからです。

故に、「それ以上は明かしたほうがいい」という境界線と
「ここから先は明かしてはいけない」という境界線が存在し、
それぞれの境界線は以下のようになります。

「それ以上は明かしたほうがいい」という境界線
→ターゲットが知らない、問題解決できる情報

「ここから先は明かしてはいけない」という境界線
→解決策の具体的なポイント、詳細な情報

まず、「それ以上は明かしたほうがいい」という境界線については
ターゲットがどこで躓いているのかをリサーチすることで見えてきます。

リサーチの結果見えてきた、「ターゲットが躓いているポイント」において
そのポイントを解決することができる情報(解決策)を示すことで

「その解決策なら問題解決ができそうだ」

と思わせることが可能です。

また、「ここから先は明かしてはいけない」という境界線にあたる

「その解決策の具体的なポイント、詳細なポイント」

については、それらを抽象的にぼかしてアピールします。

解決策の詳細なポイントをぼかしてアピールすることで
「その抽象的なポイントを知りたい」を思わせることができるので
その心理が購入への動機に変わっていくわけです。

レビュー記事で情報商材の内容はどこまで明かすべきか

以上が、売り込み目的の情報商材レビュー記事において

「情報商材の内容をどこまで公開するべきか」

という問題における、その答えになります。

売り込みたい情報商材に関しては
その情報商材を実際に購入して中身を確認したうえで
その強みや内容を把握してから売り込んでいくべきであり、
その際に公開するべき情報商材の内容は

・ターゲットが知っている一歩先の解決策(情報)

以上を公開し、

・その解決策の具体的な情報、詳細な情報

は抽象的にぼかして「売り」にしていくことで

「その解決策なら問題を解決できそう」と思わせたうえで、
「その解決策の具体的なポイントを知りたい」と思わせることができ
その心理が購入の動機へと繋がっていくということでした。

情報商材のアフィリエイトを実践しているという人は
ぜひ、レビュー記事を書く際に参考にしてみてください。

また、売り込み記事を書く際の、それ以外のポイントについては
コピーライティングのスキル、テクニックが大いに活かせますので
「コピーライティング講座」や、「メルマガ講座」もよければどうぞ。

>コピーライティング講座一覧

>コピーライティング特別講座