今回もロバートコリアーのセールスレターを勉強していきたいと思います。

前回に続き今回のレターもターゲットは

「働いている女性」

で、そういった女性のリストを購入してレターを送ったわけですね。

それでは早速みていきたいと思います。

女性のお客様へ

婦人服業界にお知り合いなどがいて、メーカーの中を案内してもらい、まさに欲しかった服を卸売価格で買わせてもらったことはおありでしょうか。

どれほどお買い得だったか、通常の小売価格より遥かに安かったのを覚えていますか?

実はそれこそが、私たちがワンピースやコートなど全商品で提供しているサービスなのです。ただし、メーカーへお連れするわけではありません。もっといい方法です。100社ものメーカーの在庫品から最上のものだけをここに集めて、選んでいただけるようにしています。しかも卸売り価格です。

さて、ここが重要な点です。数多くの郊外店の専属バイヤーとして、私たちは毎日多くのメーカーを回っています。普通のお店を見て回るだけでもお買い得品が見つかることはご存知でしょう。

では、想像してみてください。メーカーのものを毎日見て回っている私たちが手に入れられるものを!メーカーが何か「特別品」をつくったときや、一つのモデルに数点しか在庫がないとき、あるいはデザイナーのサンプルデザインをコピーし終えたときはいつも、私たちがそうしたものを手に入れています。

そういうとき、メーカーはそんな小ロットの商品に関わっていられないので、私たちの言い値で喜んで譲ってくれます。その結果、そのシーズンで一番すてきで個性的なデザイン、あらゆるサイズ・おしゃれな色・素材のものを数多く、通常の卸売価格より安くご提供できるのです!

是非見にいらしてください。見るのはただです。しかもどの服も半値で買えるとしたら、どういうものか知っておかれた方がいいでしょう。今度服を買う前に、是非こちらをチェックしてみてください。

心よりお待ちしております。

以上がロバートコリアーのセールスレターです。

第一回目ののセールスレター考察から今回のセールスレターまで、
全て同じ会社の同じサービスについて売り込んでいますので、
基本的にはどのレターも同じメリットをアピールしています。

そのメリットとは、

・洋服が通常の50%程の値段、もしくは卸売価格で買える
・他にはない個性的な洋服が買える
・あらゆるサイズが手に入る

というポイントですね。

おそらくロバートコリアーたちが市場をリサーチした結果、
この3つのポイントが強みだと判断したのだと思います。

そして、実際に私の女性の知り合いに聞いても、
この3つのポイントは洋服選びの際に重要なのだとか・・・

というかまあ、男から見た私的にも
それらが重要であることは直感で納得できますが。(笑)

ただ一応、このセールスレターは女性に向けて書いているので
女性目線で「ウケル」かどうかが重要ですよね。

そういった意味で、私の知り合いの女性が

「このセールスレターが家に届いたら絶対に行く」

といっていたので、やはり間違いないのだと思います。

ですが、洋服を買う際に

・値段が安い
・自分にあったサイズがある
・おしゃれ

と三拍子揃ったアイテムを手に入れることは
誰が聞いても決して「簡単」なことではないため、
普通にそういうメリットを掲げるだけではどうしても

「胡散臭い」

と思われてしまうのが難しいところです。

そこで、今回のセールスレターにも書かれているように

「メリットの根拠となるポイント」

をきちんとアピールしていくことが重要なのだと思います。

何故、良質な洋服が安く買えるのか

というポイントですね。

一応今回のセールスレターでは

「数多くの郊外店の専属バイヤーとして、私たちは毎日多くのメーカーを回っています。普通のお店を見て回るだけでもお買い得品が見つかる」

メーカーが何か「特別品」をつくったときや、(中略)その結果、そのシーズンで一番すてきで個性的なデザイン、あらゆるサイズ・おしゃれな色・素材のものを数多く、通常の卸売価格より安くご提供できるのです!

この部分が「根拠」にあたる部分となっています。

この部分を読んだ女性は

「確かにメーカーを見てまわれば安く洋服が手に入れられる」

と納得することが出来るはずですし、

「それを組織的にやっていれば沢山の服を仕入れることが出来る」

と腑に落とすことまで出来ますよね。

つまり、強みとなるポイントに対する疑いや疑問点を、
しっかりとクロージングしているということです。

コピーを書いていて良くありがちなミスはやはり

「アピールしたメリットに対する根拠を示さない」

ということだと思いますので、このセールスレターを見習って、
メリットと根拠はセットで書いていきたいと私は思いました。

あなたは既にこういうことができていたと思うのですが、
もしうっかり忘れていたとかそういうことがあれば
是非、参考にしてみてください。

それではまた次回もよろしくおねがいします。