millionwriting

今回は宇崎恵吾さんの

「The Million Writing」

というコピーライティング教材を取り上げて
私の感想をレビューしていきたいと思います。

この教材はあなたにもぜひ手にとってもらいたいのですが、
私がネットビジネス向けコピーライティング教材の中で
最もくり返し読んできた教材がこの

「The Million Writing」

です。

読めば読むほどにコピーライティングを深く理解し、
ネットビジネスで稼ぐ力を身につけていけますので、
このミリオンライティングがどれだけ素晴らしい教材なのか
今からあなたに全力でお伝えしたいと思います。

「インターネットビジネスで稼げるようになりたい!」

「コピーライティングを駆使して稼げるようになりたい!」

「コピーライティングを学べる質の高い教材を探している」

もしあなたがこんな状況にあるなら、
このまま読み進めてください。

The Million Writing(ミリオンライティング 著:宇崎恵吾)レビュー

まず、この『ミリオンライティング』という教材は
インターネットで活用する為のコピーライティングを
文章の書き方と心理原則の2つの側面から学べる教材です。

またセールスページを読めば書いてるのですが
『年収五億円を稼ぐコピーライター』のノウハウを
1から10まで体系的に解説したものとなっています。

 

「その実績って本当なの?」

と思う人もいるかもしれませんが、
その点については『客観的な証拠』があります。

この教材は最大手情報商材ASPの
インフォトップでも販売されているのですが、
インフォトップに販売許可を申請する際に

『実績の証明となる資料の提出』

をインフォトップ側から請求されたそうで、
宇崎恵吾さんはその証拠資料として

『朝日新聞などの第三者機関による年収五億円の証拠』

をインフォトップに提出している経緯があるのです。

詳しくはセールスレターに書かれていますので、
気になる場合はそちらの方をご覧ください。

 

 

ただ私がこうして一番おススメといっている理由は

「教材の中身が本当に良質だと思っているから」

に他なりません。

年収五億円を稼ぎ出すノウハウなだけあり、
中身も情報商材と思えないほど作り込まれてます。

The Million Writing(ミリオンライティング 著:宇崎恵吾)の内容は・・・?

その内容は大きく分けて4章から構成されていて、
それは以下のようなものになります。

1:成約が取れる文章の原理原則

2:人間心理の原理原則

3:リサーチとターゲティング、レターの切り口と展開

4:コピーライティングのマインドセットや訓練方法

この4章の中でも私が何度も読み返したのは
上から2つの『成約が取れる文章の原理原則』と
『人間心理の原理原則』の章です。

まず、『成約が取れる文章の原理原則』では、
どのような文章を書けば稼げるのかについて
基本的な文章の書き方から具体的に教えてくれます。

文章を書いた経験など殆どなかった私にとって
ここは非常に勉強になりました。

私が悩んでいたのも

「ネットで稼ぐにはどのように文章を書いたらいいんだろう・・・」

ということだったのですが、
そのまま答えが書かれていたのです。

「稼ぐための文章の書き方」

というポイントについて具体的に書かれています。

もしあなたがミリオンライティングを買うのであれば、
ここは何回も読んでみてください。

その努力の見返りは十分に得られるはずです。

正直、コピーライティング関連の教材で

『ネットで稼ぐ為の文章の書き方』

についてここまで詳しく解説している教材は
このミリオンライティングくらいだと思います。

もう少しこの章であなたが学べるポイント挙げると、

成約に繋がる『文法』の法則

成約に繋がる『言葉』の法則

成約に繋がる『文章構成』の法則

等を具体的に学ぶことが出来ます。

支離滅裂な文章や、
わかりにくい文章を書いてしまう原因や
その解決策などがわかりやすく示されていました。

ただし読んで終わりというだけでは
流石に自分の「モノ」にはならないと思いますので、
自分自身で文章を書きながら学ぶという流れが
最もこの教材を有効活用できるかと思います。

私はこの内容を意識して文章を書くようにしてから
少しずつではありますが情報商材などを
アフィリエイトで成約できるようになりました。

作文などが大の苦手な私ですが、
コピーライティングの分野に関しては
その書き方に法則があるので問題ないのです。

何をどんな風に書けばいいのか。

ということがコピーライティングの分野では
科学的な実験からある程度明確になっています。

それを意識して書いていけば
自ずと稼げる文章になって行くわけです。

例えば、コピーの大原則としては

1:興味を引く
2:納得させる
3:行動させる

という心理の動きに沿って
文章を構成して行くのがセオリーですが
それぞれのポイントにおけるより詳細な
ノウハウやテクニックをこの教材では学べます。

人の興味を引く言葉の法則。

人を納得させる言葉の法則。

人を行動させる言葉の法則。

これらのより事細かなテクニックなどを
具体的に解説してくれていますので、
かなり参考になるはずです。

次にこの教材でおススメしたいのは

『人間心理の法則』

について解説されている『第二章』です。

ここでは人間が商品の購入にいたるまでに
どのような心理を辿っていくことになるのか、
そしてその心理をどうすれば引き出せるのかについて学べます。

一言でいえば『心の動き』について学べるわけです。

この章で解説されている『人間心理の法則』は
科学的な裏づけがある心理学の専門知識をもとにして
年収五億円コピーライターさんが独自に編み出したノウハウです。

そして一つ一つを論理的にわかりやすく解説してくれています。

きちんとノウハウの根拠が示されているので、
読んでいてストンと腑に落とすことができました。

また、この教材では
この教材のセールスレターを紐解きながら
そこで使われているノウハウを解説してくれます。

なので、もしあなたがこの教材のレターを読んで
少しでも手に入れたい気持ちが芽生えたなら

「あー確かに自分はこんな心理になっていた!」

「だからこの教材を欲しくなったのか!」

「こうやって自分の心が動かされていたんだ!」

ということがわかってとても面白いと思いますし、
何より『実体験に基づいた勉強』ができるはずです。

心理学を勉強するときに

『自分の体験や体感』

ほど貴重なものはないですからね。

そういう意味ではミリオンライティングを勉強をする際には、
セールスレターを読んだ時の心の動きを思い出しながら

『マジックの種明かし』

のような感じで勉強していくのも面白いと思います。

人が購入に至るまでの心理とその誘導方法を理解して、
それをあなたの文章(コピー)で再現できるのであれば、
商品を売ることは決して難しい事ではありません。

そしてそのための法則もあるのです。

その法則を学ばないことそのものが
損失だとさえ私は思います。

あなたが良いと感じる商品を売るべくして売るために。

この教材は間違いなく役に立つはずです。

もちろん購入するか決めるのはあなたですので、
あなた自身で冷静に判断して頂ければと思います。

ただ、もし購入しようか悩まれるのであれば、
一年間の無条件返金保証が付いていますので
試しに手にとってみたら良いと思います。

リスクはないですからね。

ただ返金する気なんて全く起こらないと私は思います。

それくらい最高の教材だということです。

なお、ミリオンライティングについて
アフィリエイターの井上太一さんという方が
魅力的な特典をつけていましたので
購入するなら井上太一さん経由をおススメします。

参考にしてみてください。

The Million Writing
井上太一さん経由でミリオンライティングを購入する場合はこちらをクリック