今回の記事では「ネットビジネス大百科」という
情報商材ASP「インフォトップ」において
常にランキング入りしている教材をレビューしていきます。

というのも、この「ネットビジネス大百科」という教材には
その主要コンテンツの中の一つに当ブログのテーマでもある

「コピーライティング」

を取り扱い、コピーライティングの重要性から
そのノウハウまでを解説しているパートがあるからです。

ネットビジネス大百科(和佐大輔と木坂健宜)のコピーライティング講座レビュー

『ネットビジネス大百科』
販売者:和佐大輔、木坂健宜
URL:http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/index.html

ちなみに、私はこのネットビジネス大百科の存在と
この教材内に含まれているコピーライティング講座の評判を
一応は耳にしていたのですが、長らく購入することはありませんでした。

というのも、私自身、ネットビジネス大百科のセールスレターを読んだ際、

「欲しい(買いたい)と思えなかった」

というのが主な理由です。

これはあくまでも個人的な感想ですので
セールスレターの質が低いというつもりはないですし、
実際にこのネットネビジネス大百科という教材は
何年にも渡り売れ続けていますので

「結果が全て」

というのであれば、高額なアフィリエイト報酬等の
もろもろのマーケティング戦略も含めた上で

「質の高いセールスレター」

だと言えると思います。

どんなに反応率の高いセールスレターであったとしても
反応しない人は必ず一定の割合でいるものですので
私はたまたま「そういう人」だったのかもしれません。

ちなみに、今このネットビジネス大百科のレターを読み返しても
特に興味も湧かなければ感情を動かされることもなく、
むしろ胡散臭く感じるくらいです(笑)

そんな個人的な感想を踏まえたうえで
肝心なネットビジネス大百科の中身について
私なりの見解をレビューしていこうと思うのですが、
この記事ではさほど「マーケティング」部分には言及せず

「コピーライティング」

のパートを中心にコメントをしていきたいと思います。

強いてマーケティングのパートに対して感想を述べるのであれば
「抽象的な方法論」が解説されているのみに等しく
解説されているマーケティングプロセス、商品開発のプロセスは

・既に知っている人にとっては特に真新しい情報がないもの
・知らない人にとっては再現するのが困難に感じるもの

でしかないと個人的には感じました。

少なくとも、ネットビジネス大百科がリリースされてから10年近くが経ち
無料で得られる情報の質が高まっている近頃では
ここで解説されているマーケティングノウハウ、情報は
無料で手に入れることもできると思いますし、
お金を支払う価値を感じるほど深堀されているわけでもないと思います。

そのような理由から、このネットビジネス大百科における
マーケティングについて解説されているパートについては
個人的には特に価値を感じませんでした。

これは多分、購入した人の殆どがそのように感じるのではないでしょうか。

一方で、「コピーライティング」のパートについて言及をすると

・内容が良くまとまっている
・的確にコピーライティングを解説している

という印象を受けたのが正直なところです。

一部のネット上の掲示板やブログでは

・音声でまとまりがない
・PDFも書き起こしただけでわかりづらい

などの評価が見受けられましたが
私は特にそのようには感じませんでしたし、
これといった違和感を感じたりもしませんでした。

基本的にネットビジネス大百科のコピーライティングのパートは

・コピーライティングとは何か?

・コピーライティングの重要性

・コピーライティングの原理原則
→「読まない」の攻略法
→「信じない」の攻略法
→「行動しない」の攻略法

という形で体系的にまとめられていて
それぞれにおける解説も論理的でわかりやすかったです。

ただ、内容について一つ難点があるとするならば
実際にどのような文章(コピー)を書いていけばいいのか
その「具体例」というものが示されていない点だと思います。

その結果、いまいち落とし込めない箇所があるかもしれません。

ただ、そのコピーライティングの具体例については、
ネットビジネス大百科のセールスレターそのものが
「それ」にあたるものだと捉えて差し支えありません。

先にも書いたように私はあまりピンときませんでしたが、
構成としては忠実に作られていると思いますし
実際に10年近くも結果を出し続けているからです。

ですので、ネットビジネス大百科のコピーのパートは
内容としては全く悪いとは思いません。

一つ一つの知識が体系的にまとめられていますし、
木坂健宜さんの解説も論理的で聞き取りやすく
「音声」という形式であっても特に問題はありませんでした。

ただ・・・購入するべきかどうかとなると、正直、

「購入するほどのものではない」

というのが私としての評価になります。

というのも、内容に対して価格が見合っていないと感じるからです。

ネットビジネス大百科は1万円という価格ですし、
決して「安い」というわけではありません。

もちろん、情報商材という枠組みで捉えれば安いのかもしれませんが
1万円は一般的な感覚からいえば「それなり」の価格なのではないかと思います。

一方で、このネットビジネス大百科という情報商材が
1万円という価格に見合った内容であるかというと、
決してそうとは思えないのが実情です。

というのも、ネットビジネス大百科と同等かそれ以上に
コピーライティングについて詳細に解説されていると思える教材が
ネットビジネス大百科よりも安い価格帯で世に出ているからです。

価格も安く、内容も同等以上に思える教材が存在するのにも関わらず
あえてそうではないほうを購入する必要はないと思います。

もちろん、コピーライティングを深く学びたいと思われるなら
ネットビジネス大百科を買って損したと感じることはないと思いますが、

・まずはどれか一つコピーを学べる教材が欲しい
・一番お勧めのコピーライティング教材を教えて欲しい

というのであれば、ネットビジネス大百科は特にお勧めではありません。

内容については体系的にまとめられていると感じますし、
音声解説も論理的で聞き取りやすいと感じましたが
やはり価格が他の教材と比較して「割高」だと感じるからです。

では、「ネットビジネス大百科」以上に
お勧めのコピーライティング教材は何かというと
既にご存知の方も多いかもしれませんが
こちらも情報商材ASP「インフォトップ」を筆頭に
主要ASPに長年ランキング入りしているコピーライティング教材である

「Million Writing(ミリオンライティング)」
URL:http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/ad.html

が挙げられます。

ミリオンライティング(宇崎恵吾)がお奨めの理由

こちらの教材は現役のフリーコピーライターである

「宇崎恵吾さん」

という方が執筆したコピーライティング教材で
コピーライティングをテキスト形式で体系的に解説している情報商材です。

その内容はネットビジネス初心者にとって躓きやすい

「わかりやすい文章(コピー)の書き方」
(わかりにくい文章を書いてしまう原因への解決策)

を、「文法」、「使用する単語」、「一貫性(無矛盾)」の観点から解説したものと

ネットビジネス中上級者にとっても学びが多いと思われる

「読み手の心を動かすコピーの書き方」

を「興味関心の壁」「信用共感の壁」「行動の壁」における、
それぞれの壁の越え方、ノウハウから
「マインドセット」、「リサーチ」「ターゲティング」「心理原則」など
コピーライティングにおける重要なポイントを
曖昧さの無い明快な言葉で論理的に解説しているものとなっています。

このミリオンライティングの情報量はおよそ「11万字」あり、
そこに無駄な解説、情報は一切ないと感じますので
「読み応え」や「学び」、「気づき」は確実にあるはずです。

そして、価格のほうもネットビジネス大百科の1万円に比べ
その半額よりも更に一回り安い「3980円」となっています。

その上で、ネットビジネス大百科にはつけられていない

「無条件返金保障」

がつけられているので、内容に満足できなければ
いつでも理由を問わずメール一通で返金してもらうことが可能です。

ちなみに、ミリオンライティング著者の宇崎恵吾さんから
ミリオンライティングが販売されてから数年たった後、
その「返金申請率」をお伺いした事があるのですが
確か、1%~3%の間だということでした。

この事実は当の私も含め、多くの人がミリオンライティングに対して
確固たる価値を感じているということの現れだと思います。

更に、このミリオンライティングを購入すると特典でついてくる
コピーライティングを活用する具体的なネットビジネスノウハウも
数万円の価格帯で販売されていても全く違和感のない完成度です。

「無条件返金保障」という破格の条件と
意欲さえあれば誰でも手が届くその「価格」も考慮すると
ネットビジネスで結果を出したい人は全員読むべきだと本気で考えています。

強いてミリオンライティングを必要としない人は
転売やせどり、動画ビジネスをしていて

「文章を全く書かない人」

くらいかもしれません。

そのような一部の例外を除いて
ネットビジネスで結果を出したいという「意気込み」が少しでもあるならば
そのような人たちにとってこのミリオンライティングは

「必携書」

だと思います。

それくらい私的にはお勧めできるコピーライティング教材ですので
ひとまずは試しにでも手にとって見てください。

あなたもミリオンライティングを読み始めれば
私が言わんとすることがすぐにわかるはずですから。

「Million Writing(ミリオンライティング)」
URL:http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/ad.html

ちなみに、こちらはミリオンライティング著者の
宇崎恵吾さんが執筆した無料レポートです。

宇崎恵吾のコピーライティングレポート

これは無料なのでさすがにミリオンライティングほどではありませんが
それでも十分にコピーライティングを学べるレポートとなっていますので
この機会に読んでみてはいかがでしょうか。

もし、

「いや、自分はミリオンライティングでガッツリ学ぶんだ」

というのであればそれは全く反対しませんが(笑)

そのような意欲の高さと行動力を日々積み重ねていけば
必ず後に大きな結果へとつながっていくものと思います。

ただ、宇崎恵吾さんがどのようにレポートを書いているのかなど
そのような事例からも勉強になることは大いにあると思いますので
読んでおくといいのではないでしょうか。

なお、ミリオンライティングについて
アフィリエイターの井上太一さんという方が
魅力的な特典をつけていましたのでぜひ、参考にしてみてください。

>ミリオンライティング(井上太一特典つき)

ちなみに、井上太一さんはミリオンライティングの上位版である
コピーライティングアフィリエイトプログラムについても
手の込んだ特典(独自企画)をつけられていますので、そちらもお勧めです。

>井上太一アフィリエイト倶楽部

私も井上太一さんの特典の中身を確認していますが、
アフィリエイトで結果を出したい人にとって
かゆいところに手が届くような内容となっていました。

ちなみに、「コピーライティングアフィリエイトプログラム」の価格は
ネットビジネス大百科の1万円よりも気持ち安い「9800円」です。

しかし、3980円で販売されているミリオンライティングに加えて
DRMを軸にした具体的なアフィリエイトマニュアルと、
メール、スカイプであなたに直にサポートしてくれる環境が揃っていますので
ネットビジネス大百科と比較すると判断に迷うことなく
コピーライティングアフィリエイトプログラムの方に軍配が上がると思います。

そこに加えて井上太一さんが提供している
「アフィリエイト事例」があれば
おそらくアフィリエイトを始めるにあたり
最善の環境でスタートを切れるはずです。

もちろん、いずれかを購入するかしないかは
全てあなた自身で判断していただければと思います。

まとめると、

『ネットビジネス大百科』
販売者:和佐大輔、木坂健宜
URL:http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/index.html

→購入して損はないが、最善の教材ではないと思う。

宇崎恵吾のコピーライティングレポート

→コピーライティングノウハウはもちろん、無料レポートの作り方なども参考にしてみてください。

「Million Writing(ミリオンライティング)」
URL:http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/ad.html

→ネットビジネスにおける必携書。絶対に持っておくべき

ミリオンライティング(井上太一特典つき)

→ミリオンライティングを買うなら井上さんの特典ももらっておきましょう。

コピーライティングアフィリエイトプログラム(井上太一特典、ミリオンライティング付属)
→ネットビジネスで最善の環境を手に入れたいならこれ。

という感じになると思います。