リスト化(メルマガ登録)した読者に配信していくことになる、
読者との信頼関係の構築を目的としたメルマガ原稿は、
リストがある程度、集まってから作成していく流れで何ら問題はありません。

もちろん、リスト数が少ないうちから作成していっても問題ありませんが、
実際に作成したメルマガを読んですぐに「反応」してくれる人がいる状況と、
そうではない状況では、メルマガの原稿を作成していく際の

「モチベーション」

に違いが出る可能性が高いです。

従って、モチベーションが作業効率に影響を及ぼしそうな場合は、
やはり、ある程度までリスト数を増やした段階から
メルマガ原稿の方を作成していくようにしてください。

ただ、その「メルマガによる教育」はあくまでも、
その先々にある「販売」を目的に行っていく事が前提である為、
メルマガにおける教育コンテンツを作成する段階においては

「販売目的のコンテンツ」

を可能な限り早いうちに作成しておく事をお薦めします。

つまり、メルマガの原稿を作成していく際は、
「教育目的のメルマガ原稿」の方針や方向性を定める為にも、
できる限り早い段階で「販売目的のメルマガ原稿」を用意すべきだということです。

コンテンツ作成のベストな順序とは

ここまでの解説で述べた理由から、
「コンテンツ作成」におけるプロセスについては、
以下の流れで各コンテンツを作成することを推奨します。

1:リスト収集を目的としたオプトインコンテンツの作成
2:集客、教育を目的としたブログコンテンツの作成
3:教育を目的としたブログ、メルマガコンテンツの作成
4:販売を目的としたブログ、メルマガコンテンツの作成

そして、ここからはより具体的に、
それぞれのコンテンツを作成していく際のポイントや
成果を出す上での重要な考え方などを解説していきたいと思います。