前回の記事で解説した「テーマ選定」のポイントは
あくまでも「ビジネス(営利)」を前提にテーマを絞り込んでいく方法です。

ただ、そのような「ビジネス」という前提を除外した上で
「テーマ選定」について考慮していくのであれば、
当然ですが、そもそもどのような「テーマ」を選択し、
そのテーマに関連する情報を発信していったとしても問題はありません。

何故なら、自身が情報発信を「したい」と思えるテーマであれば、
この世のどこかには少なくとも一人以上は同様に

「そのテーマに関心がある」

という人が存在するはずだからです。

特定のテーマに関心を持つ人が自分一人しかいない確率と、
少なくとも二人以上は存在する確率であれば、
間違いなく「後者」の方が圧倒的に高確率だと思います。

よって、たとえどのような「ニッチ」なテーマを選び、
そのテーマに関連する情報発信を行っていったとしても、
耳を傾けてくれる人はほぼ確実に存在するという事です。

ただ、ビジネス的な観点から考慮するなら、

・より多くの人がそのテーマに関心を持っている事
・そのテーマに対して金銭を支払うだけの意欲があること

この二点は非常に重要であり、
あまりにニッチなテーマを選択してしまった場合、
「営利」という目的を果たしていく事ができません。

また、アフィリエイトに取り組んでいく上では、
上記のような視点と併せて以下のポイントも考慮するべきだと言えます。

・そのテーマに関連するアフィリエイト可能な商品が存在する事
・自信を持って推奨する事ができる商品が存在する事

アフィリエイトを前提として情報発信を行うのであれば、
このような基準を踏まえた上でテーマ選定していくべきであり、
そもそもテーマに関連する商品が存在しなければビジネスとして成立しません。

また、仮にアフィリエイト可能な商品が存在したとしても、
その商品を自信を持って推奨する事ができなければ、
アフィリエイトそのものに抵抗心を抱いてしまう恐れがあります。

従って、アフィリエイトを前提とするのであれば、
選択したテーマに関連する商品が存在する事、
また、自信を持って推奨できる商品が存在する事が重要なポイントです。

ここまでの内容をまとめると、テーマ選定の視点としては、

「ビジネス(営利目的)」

としてアフィリエイトを行っていくという事を前提に、

・より多くの人がそのテーマに関心を持っている事

・そのテーマに対して金銭を支払うだけの意欲があること

・そのテーマに関連するアフィリエイト可能な商品が存在する事

・自信を持って推奨する事ができる商品が存在する事

これら4つのポイントを押さえて行くようにしてください。