メルマガアフィリエイトを始めていくにあたり、
先立って情報発信の「テーマ」を決めたなら、
次のプロセスとして、実際に情報を発信していく対象となる

「ターゲット」

について、その理解と認識を深めていく必要があります。

特定のターゲットに向けて情報発信を行っていく以上は、
その対象となるターゲットを深く理解してこそ、

・ターゲットが率直に求めている情報
・ターゲットが価値を感じるコンテンツ

これらをより明確にしていくことができるからです。

よって、情報発信におけるテーマを選定し、
そのターゲットを定めたのであれば、
そのターゲットをより深く理解し、認識するための

「ターゲットリサーチ」

を行っていく必要があり、
ここではそのターゲットリサーチの流れや、
その過程で重要となるポイントについて解説していきます。

その上で、前提として、ここで行うリサーチでは

「自身が選択した特定のテーマに関心を抱く人たち」

このような人たちをターゲットとした上で、
そのリサーチを進めていく事が重要です。

また、あくまでのそのテーマに関心を抱くような人たちが

「どのような情報を求めているのか」

をリサーチしていく必要があり、
そのためにはそのターゲットとなる人たちが何に悩み、
そしてどのようなことを望んでいるのかについて
リサーチをしていく必要があります。

実際に、ターゲットの「悩み」や「望み」がわかれば、
その悩みや望みの解消を図れる情報こそが、
ターゲットが求めている情報に他なりません。

それらを見据えた上でコンテンツを作成し、
実際にそのコンテンツをターゲットに届けていってこそ、
より高い成果を上げていくことができるということです。

少なくとも「人」は自分の抱えている問題を理解してくれて、
そして、その問題を解決に導いてくれる人の話を

「聞きたい」

と感じるものですから、
情報発信を行う以上は、そのターゲットにとって

・ターゲットの事を深く理解している人物
・ターゲットが抱える問題を解決できる(に導ける)人物

になる必要があります。

だからこそ、実際に情報発信を始めていく際は、
まずはターゲットの悩みや望みを深く理解し、そして、
その悩みや望みを「解消に導ける人物」にならなければいけません。

そのためにも、「ターゲットリサーチ」によって
ターゲットへの理解を深めていく必要があるのです。

その反対に、ターゲットに対する理解が浅い状況では、
俗に言う「心裡テクニック」のようなものを駆使したとしても、
まず高い反応を得る事はできないと思います。

ターゲットを本当の意味で反応させられるものは
「心理的な駆け引き」のようなテクニックなどではなく、
本質的にターゲットの問題解決に寄与する事ができる

「価値あるコンテンツ」

に他ならないからです。

故に、DRMを軸にメルマガアフィリエイトを展開していく上では
ターゲットリサーチのプロセスをしっかりと踏んだ上で
ターゲットの事を深く理解するように務めてください。

そんな「ターゲットリサーチ」における具体的な方法、
重要なポイントについては以下のコンテンツで解説していきます。