今回取り上げるのは「片桐健」という、
このネットビジネス業界でも情報販売者、
ツール販売者として少々有名な方がリリースしている

「アフィリエイトロボットシステムKEN」

という「自動記事生成ツール」についてです。

まあ、このアフィリエイトロボットシステムKENに関わらず
自動記事生成ツール全般に対して言える事も
この記事内で多分に言及していきたいと思いますので、

「正直、自動記事生成ツールってどうなの?」

という方も含めて、参考にして頂ければと思います。

アフィリエイトロボットシステムKEN
URL:http://clearism.jp/infotop/ken/index.html

片桐健のアフィリエイトロボットシステムKENが詐欺的?批評レビュー

まず、片桐健さんという方が販売している

「アフィリエイトロボットシステムKEN」

についてですが、まずこのツールがどのようなモノなのかというと、

・記事を自動生成する
・自動生成した記事をワードプレス型のブログに自動投稿する
・自動投稿した記事をフェイスブックやツイッターとリンクさせる

このような特徴を踏まえた上で、
案内ページを見る限り、

「完全自動でアフィリエイトが発生する(稼げる」)

という事を謳っていますね。

ただ、上で挙げた3つのポイント、

・記事を自動生成する
・自動生成した記事をワードプレス型のブログに自動投稿する
・自動投稿した記事をフェイスブックやツイッターとリンクさせる

このうち、2番目と3番目はともかくとして、一番目の、

「記事を自動生成する」

というポイントに関しては、最も重要になるのが、

・生成する記事が検索エンジンに評価されて上位表示される事
・実際に読んだ人が心を動かされて商品を購入していく事

この2つのハードルをクリアできる「質」が
いざ自動生成していく事になる記事に伴っていることであり、
また、そうでなければどれだけ大量に記事を自動生成できたとしても

「アフィリエイト報酬は上がらない=使い物にならない」

というのが実情としていえるところです。

その上で、このアフィリエイトロボットシステムKENでは、
自動生成していくことになる記事の質を保証するものが、
以下2つの機能で担う事ができると謳っています。

・秘密のひらめきキーワード
・フェイスブック、ツイッターと連動させるシステム

まず、秘密のひらめきキーワードについていえば、
これはどうやら、購買欲が高い検索エンジンユーザーが

・実際に検索をかける傾向にあるキーワード
・心を動かせるキーワード

このようなものなんだそうですが、実際のところは、
以下のようなキーワードをさしているのだそうです。

・商品名
・証拠画像
・体験談
・怪しい

実際に自動生成していくことになる記事に
上記のようなキーワードを散りばめる事で
検索エンジンからの評価を狙っていくと共に
読者からの反応を引き出していく・・・

ということなのだそうですが、
検索エンジンへの上位表示対策はともかくとして、
「読者から反応を引き出していく」という事に関しては
私的にはどう考えても「無理」だと思います。

まず、検索エンジンの機能上、
検索キーワードが記事の中に散りばめれていれば、
ライバルサイトが皆無に等しい状況である事を前提に

「自動記事生成ツールで作成した記事でも上位表示できる可能性はある」

のですが、人がその記事を読んだときに反応するかというと、
さすがに、それはまず「ない」んじゃないかと思いますね。

このような自動記事生成ツールを用いると
どうみても「不自然」な文章が出来上がるからです。

例えば、このアフィリエイトロボットシステムKENで
実際に自動生成した記事は以下のようなものだそうです。

15年保証付き イサイア イタリア IF-228 マットレス シングルの返金保証って本当?
効果なし?
15年保証付き イサイア イタリア IF-228 マットレス シングルが、
メディアとかで紹介されてからとても気になってます。
本当に効果が【すぐ】に出るなら是非、やってみたい

でも、現実はそんなに甘くないでしょ?
モニターさんの成功例とか見てると何だか胡散臭・・・上手いきすぎてるよね。
わたしが気になっているのはコレ・・・
きちんとした方法でやれば効果は出るって言うけど期待した分、
もし裏切られたらショックも大きい 返金保証が付いていればちょっとは安心なんだけど
(最悪、効果なしならお金が戻るから)本当に返金してもらえるのかな?

http://wellfed-wellbred.com/sukiruyyyup.com/?p=4900

どうやら、アフィリエイトロボットシステムKENを使うと
こんな感じの記事を作ってくれるのだそうですが、
どう考えてもこんな文章は不自然だと思います。

一応、こんなに意味不明な記事であっても

「購買欲が高い人が検索するキーワード」

はそこそこ散りばめられていると思いますので、
ライバルサイトが皆無な商品などであれば
こんな違和感のある文章でも

「上位表示」

させることは一応、できるにはできますが、
まず、「人」からの反応は取っていく事はできません。

この記事は「中身(有益な情報)」が無いに等しいからです。

どう考えたって、こんなスカスカな記事を介して、
商品を買いたいとは誰も思わないんじゃないでしょうか。

よって、アフィリエイトロボットシステムKENで売りにしている

「秘密のひらめきキーワード」

なるものですが、この機能を用いて自動生成された記事は
所詮、この程度のレベルのものだという事です。

また、もう一つの「売り」にしている

「ツイッター、フェイスブックからアクセスを呼び込む機能」

ですが、これは単にツイッター、フェイスブックのアカウントと
ブログの投稿をリンクさせていくだけのものなので

・そもそもフォロワーがいなければツイッターからのアクセスは集まらない
・そもそも友達がいなければフェイスブックからのアクセスは集まらない

これが「現実」であり、また、同様の機能があるツールは、
無料でダウンロードできるものでいくらでもあります。

強いてお金を払ってまで手に入れたい機能ではないということですね。

よって、このアフィリエイトロボットシステムKENの
主な「売り(アピールポイント)」である

・記事を自動生成する
・自動生成した記事をワードプレス型のブログに自動投稿する
・自動投稿した記事をフェイスブックやツイッターとリンクさせる

このいずれも、決して値段に見合ったものではないと私は思います。

仮に自動生成する記事に相応の質が伴っているのであれば別ですが、
このアフィリエイトロボットシステムKENで生成される記事は
先ほども一例を示した通り、あの程度のレベルのものですので、
まずあんな記事では稼ぐ事はできません。

また、その他の機能に関しても、
無料でダウンロードできるツールで
同様の機能があるものはいくらでもあります。

このアフィリエイトロボットシステムKENは
最安値の料金でも「4万円」ほどで、
一番高いプランになると15万円ほどなのですが、
どう考えてもその機能は

「値段に見合っていない」

と感じました。

更にいえば、いざ自動生成していった記事を
自分のブログに投稿してしまうと

「読者がブログから離脱してしまう可能性」

が非常に高くなってしまうので
最悪、検索エンジンからペナルティを受けてしまい、
ブログ全体が検索エンジンにヒットしなくなってしまう可能性、
ひいては全くアクセスを集められなくなる可能性があります。

つまり、使えば使うほど「マイナス」になる可能性があるという事です。

なので、仮に無料でこのツールを使えるとしても
私なら「絶対に」このツールを使いたいとは思いません。

まあ、このアフィリエイトロボットシステムKENに限らず、
この手の自動記事生成ツールで作った記事では
まず読者からの反応を取る事はできませんし、
当然ですが稼ぐ事もできないのが「現実」です。

本当にアフィリエイトなどで稼いでいきたければ
こんなくだらないツールに頼らずに
人の手で記事を作り、情報発信していくべきだと思います。

結局、目先の楽を追い求める人ほど結果が出せない、
ということですね。

是非、参考にしてください。