今回取り上げるのはこちらの無料オファーです。

「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」

運営会社名 株式会社Maneql(マネクル)
運営統括責任者 代表取締役社長 田窪洋士
所在地 大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁811番地 宮前ビル2F
ホームページ http://maneql.co.jp/
お問い合わせ先 info@maneql.co.jp 

有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどりは詐欺?批評レビュー

まず、この「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」というものですが、
この無料オファーの登録ページの方を読み進めていくと、なにやら

「最新のトレンドせどりで稼ぐ」

という手法(?)を提唱しているようで、
その手法をメルマガ登録者に教えてくれるようです。

ただ、これだけは言っておきたいのですが、
「せどり」と手法はシンプルに、

・売れている商品を見つける
・仕入先を見つける
・利益が出せそうなら仕入れる
・ヤフオクなどのプラットフォームで売る

これらのステップを踏んで稼いでいくものであり、
逆に言えばこれくらいしかやることがないものなんです。

なので、必然的に「せどりの真新しいノウハウ」となると、
上記のステップのいずれかで差別化をはかっていくしかなく、
どれほど「真新しいせどりノウハウ」と謳っても、

・売れている商品の見つけ方
・仕入先の探し方
・新しいプラットフォーム

これらで差別化を図っていくしかありません。

よって、どれほど今回の

「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」

が真新しい手法であったとしても
いってしまえばそれくらいしか
既存のノウハウとの「違い」がないわけですね。

もちろん、上記で挙げた要素だけでも
それなりに有効なノウハウになる事はありえますので、
だからといって「無価値なノウハウ」と断定したりはしません。

肝心なのはどれほど真新しい手法であるかよりも、

「実際にその手法に有効性、優位性があるのか」

だと思うからです。

その上で、この「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」に
これまでのせどりノウハウと一線を画するような情報があるのかというと、
私としては

「特段、今までのせどりノウハウと違いは無いんじゃないか」

「ただ、名前をそれらしくしているだけじゃないか」

率直にこのような印象を受けました。

メルマガの登録ページを読む限り

「トレンドを利用した全く新しいせどり手法」

という謳い文句があるのですが、
全くそんなことは「ない」と私は思います。

要するに、特に今までの王道的なせどりノウハウと比べて
何一つ「真新しい」と思えるポイントがなかったわけです。

まあ、これはあくまでも案内ページを読む限りの判断ですので、
もしかしたら追々、真新しいノウハウを教えてくれるのかもしれません。

ただ、登録ページを読む限り、そのような期待を抱かせるものは無く、
それまでの「普通のせどりノウハウ」と異なる点は見出せませんでした。

いってしまえばせどりで稼ぐ手法は、
商品がトレンドであろうとなかろうと、

・実際に売れている商品を見つける
・その商品の仕入先を見つける
・利益が出せるなら仕入れる
・プラットフォームで売る

この4つのプロセスを辿れば稼げるものであり、
この「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」で提唱しているように、

「トレンド商品を仕入れて稼ぐ」

からといって特段、特別な事はないんですね。

強いてトレンド商品の特性を挙げるなら

「売り切れ続出のため、定価以上のプレミア価格で売れる」

という現象が起こりやすい事が挙げられます、
これは、そもそもプレミア価格が付いているだけに
「仕入れ」そのものが難しい傾向にあります。

例えば、一年ほど前はタバコグッズの

「アイコス」

が非常に人気になり、どこでも買う事ができず、
実際に定価の二倍近い値段で取引されたりしていました。

このときにアイコスを仕入れて転売していた人は
それなりにまとまったお金を稼ぐ事ができたはずですが、
この頃はアイコスを仕入れる事自体

「かなり難しかった」

というのが実情です。

要するに、トレンド商品はプレミア価格がつきやすく
いざ仕入れて売れば利益を出せる見込みがありますが、
そもそも「仕入れ」自体が難しい傾向にあるという事ですね。

また、仮に利益を出せるトレンド商品を見つけたとしても、
そういった利益を出せる商品には直ぐにライバルが群がり
結局は、時間の問題で稼げなくなっていきます。

更に、トレンド商品は一時的に人気に火がついているケースが多く
時間の経過と共にその需要は減少していく事が一般的であるため、

・ライバルが増えていく=供給が増える
・人気が減少していく=需要が減る

この図式が成り立ちますので、

「時間の経過と共に稼げなくなってしまう」

のが実際にところなんです。

つまり、トレンドせどりという手法はそもそも

・売れる商品を仕入れる事自体が難しい
・時間の経過と共に直ぐに稼げなくなる

このようなデメリットがあるわけです。

よって、この「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」では
さも有益なノウハウを教えてくれるような事を謳っていますが、
実際のところはそれまでも普通に提唱されていた

「至ってオーソドックスなノウハウ」

と比較して特に優位性は「ない」と私は思います。

更に言えば、この「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」は

「人気の売れている商品を仕入れて売ることで稼ぐ」

いってしまえばこのようなものなのですが、
こんなもの真新しい手法でもなんでもなく、
至って当然の稼ぎ方でしかないですからね。

少なくとも、私的には「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」では、
何一つ真新しい有益なノウハウを学ぶことはできないと感じました。

むしろ、一時的に人気に火がついているような
トレンド商品を狙って仕入れていくよりも、
長期的に一定の需要がある商品を仕入れていく方が
案外、仕入れやすい上に着実に利益が出せたりします。

トレンド商品は人気が急上昇している分、
どこの店でも品切れ状態である事が多く
仕入れそのものが難しい傾向にありますからね。

むしろ、長期的にそこそこ売れ続けている商品を探して
そういった商品を海外のショップから安く仕入れたり、
ネットで安く仕入れられるショップを見つけたり、
地元の穴場ショップを地道に回って探したり・・・

基本的にはせどりはこうやって稼いでいくものなんです。

何もトレンド商品にこだわる必要など無く、
むしろ、「トレンド商品のせどり」のほうが
「仕入れ」のプロセスが困難な傾向にある分、

「難しいんじゃないか・・・」

と思うわけですね。

トレンド商品は仕入先を見つける事ができれば
大きく稼ぐ事ができる余地がありますが、
そもそも仕入れが難しいというハードルがあります。

なので、この「有吉健二×中村誠 3Dトレンドせどり」ですが
特に有益な手法をを教えてくれるものでは「ない」と感じました。

普通に書店でせどり関連の書籍を買って読んだ方が
遥かに有益なノウハウを体系的に学べると思います。

ただ、これは「せどりノウハウ」全般にいえることですが、
なんにせよ、せどりには

「商品の仕入れ」

というステップがありますので、

・先立つ仕入れ資金が必要になる
・仕入れた在庫をおいておくスペースが必要になる
・売れずに不良在庫を抱えるリスクがある
・売れても利益を出せず損失を計上するリスクがある

など、簡単なプロセスで稼げる分、
さまざまな「リスク」が有るのもまた事実です。

だから私はせどりで稼いでいたこともありますが、
今は普通に「情報発信ビジネス」に専念していて
特にその中でも稼ぐまでのハードルが低いと感じるのが

「メルマガアフィリエイト」

というビジネスモデルです。

先ほどの仕入れノウハウと比較した際に、

・商品を仕入れる必要が無い=仕入れ資金が必要ない
・在庫を抱える必要が無くスペースコストがかからない
・在庫を持たないので売れ残りリスクも無い

という「リスク」を全て払拭できる上に、
基本的にはブログとメルマガを使えば始めることができ、
また他人の商品を紹介するだけで稼げるビジネスなので

・月々のランニングコストが殆どかかからない
・時間や場所に左右されずにビジネスができる
・自分で商品を作る必要が無い
・商品が売れた際の発送作業も必要ない
・クレームなどのカスタマーサポートもしなくていい

など、ただ「紹介する事」だけに専念すればよく
わずらわしい事も一切必要とせずに稼げるので
非常においしいビジネスだと言えます。

もし興味があれば、稼ぐまでのプロセスを出し惜しみせず
体系的に「全て」を解説した無料レポートを書きましたので
こちらからダウンロードして目を通してみてください。

「これほどハードルが低く、大きく稼げるビジネスは無いな」

そう思ってもらえる自信がありますので。

>>メルマガ(特製無料レポート付属)のご案内

最後は宣伝っぽくなってしまいましたが、
まあ、なんにせよ

「トレンドせどり」

は特段、真新しい手法でもなんでもないということです。

ご注意を。