インフォトップのランキングの方を確認したところ
ジープランニングの佐藤 千春さんという人物が販売している

「完全個別の記事提供「再配布権」」

というサービスがランキング上位になっていました。
今回はこちらについて批評をしていきたいと思います。

(参照「完全個別の記事提供「再配布権」
URL:http://infotop.value100.net/link/

まずこちらの完全個別の記事提供「再配布権」というサービスですが、
金融や美容、ダイエットなどの多種多様なジャンルの記事を
専任のライターさんがオリジナルで作ってくれた上で、

「購入者一人ひとりに異なる記事を納品」

してくれるというサービスのようです。
私は基本的にそのような多種多様なジャンルでサイトを作り、
さらにそこで記事の量産などはしていませんので

「自分には大して必要ないな」

と感じてしまったのですが、
アフィリエイトを実践している人の中には、
サイトの量産と記事の量産を前提とした戦略で、
大量のアクセスをお金に変える稼ぎ方をしている人もいると思いますので、

そういった人たちには一見、
このサービスは魅力的に映るんじゃないかと思いました。

実際にインフォトップのランキング上位になっていますので、
こういったサービスには需要があると見て間違い無いわけです。

ですが、実際のところこのサービスで稼げるのかというと・・・
私は「まず無理だろう」と思います。

なぜそう思うのか。

その第一の理由はこのサービスにおいて提供される記事の質が、
決して高くはないだろうという推測に基づくものです。

ちなみに納品されるオリジナル記事は
およそ500文字以上の文字数だそうで、
この文字数自体決してボリュームがあるとは言えません。

そこに加えて納品される記事の一つ一つにおいて、
その主張に「整合性」が取れているとも限らないわけです。

例えば、ダイエットの記事が納品されるとして

「Aという方法が一番痩せられます」

「Bという方法が痩せられます、Aでは無理です」

のようなことが書かれていれば
その時点で普通に反応は落ちます。

矛盾をしているブログやサイトに反応する人など
まずどこにもいませんからね。

もちろん、その主張の矛盾に気づかない人も
少なからずいるのかもしれませんが、仮にそうだとしても
たかだか500文字程度の記事をいくら量産したところで

「アクセスは大して集まらない」

というのが実情だと思います。
500文字程度の情報を発信したところで、
よほどニッチなネタやキーワードでない限り
検索エンジンに上位表示されることはまずありません。

検索エンジンに上位表示されるような記事は、
読み手が満足感を覚えるような記事のことであり、
そういった記事は自ずと情報のボリュームが多くなるため、
1000文字、2000文字というボリュームになってくるんです。

例えば今あなたがお読みのこの記事でさえ、
この時点で「1572文字」となっていますので、
500文字の文章量というとこの3分の1くらいの情報量しかないわけです。

あまりにも情報が薄いと思いませんか?

そしてそんな情報量の薄い記事では
読み手が満足感を覚える可能性も低くなりますし、
検索エンジンに評価されて上位表示される可能性も、
それに伴い低くなっていく傾向にあります。

つまり、500文字程度の記事を量産したところで、
アクセスはまず「集まらない」のが実情なんです。

それをあたかもセールスレターの方では
アフィリエイトで稼ぐための3条件なるものを掲げ、

・オリジナルの記事を書くこと
・サイトを大量に作ること
・記事を継続的に更新すること

ということを言っていますが、
これらはいずれもサイトを検索エンジンで上位表示させ、
アクセスを集めるために必要なものではありますが、
一番重要な「記事の質」については隠されてしまっています。

どんなにオリジナルの記事を書こうが、
サイトを量産していこうが、継続的に記事を書こうが、
そこに投稿されていく記事の質が低ければ

・検索エンジンに上位表示されることはない
・サイトにアクセスが集まることもない

というのが実際のところなんです。
結局のところ検索エンジンに上位表示される記事は、
読者の満足感を引き出せるような記事であり

そのような記事は自然と情報量も豊富になりますから、
たかだか500字程度の情報量では足りないということですね。

それこそセールスページを見ていくと、
なにやら「専任のライター」が50人ほどいると書かれていますが、
その専任のライターだって言ってしまえば、

「記事の執筆を安請負しているフリーランサー」

ではないかと私は思います。
この完全個別の記事提供「再配布権」は月額2980円で、
毎月100記事を納品してもらえるサービスのようですから、
1記事あたりは100円以下なわけです。

当然、この完全個別の記事提供「再配布権」も
ビジネスの一環としてやっているわけですから、
1記事あたりそれ以下の値段で
「専任のライターさん」に執筆依頼しているはずです。

となると、1記事あたりの執筆料金を

「100円以下に抑えてその専任ライターさんに書かせている」

と見てまず間違い無いと思いますので、
この「完全個別の記事提供「再配布権」」はつまり、

「1記事の執筆で100円ももらえないライターに書かせたもの」

ということは容易に推測できるはずです。
そんな記事の質が高いはずが無いと思うのは私だけでしょうか?

フリーランスに記事の執筆を依頼する場合、
相場と言えるものがあるのかはわかりませんが、
100円以下というのはあまりにも低すぎると思います。

それが500文字であったとしても、
1文字あたり0.2円以下で書かせているわけですから、
このセールスレターの中に書かれていた

「ライターに外注すると1文字1円が相場です」

という言葉を比較するなら、
その5分の1以下の金額で書かせているわけです。

そんな安請け負いするライターの書く記事が、
果たして質の高いものなのかというと、
まず「ありえないだろう」と私は思います。

基本的にアフィリエイトで稼ぐためには、
このセールスレターにも書かれている、

・オリジナルの記事を書くこと
・サイトを大量に作ること
・記事を継続的に更新すること

ということに加えて、

・読み手が満足感を覚える情報が書かれていること
・キーワードを狙った記事が書かれていること

この二つが重要になってきますので、
ここを満たすことができない限り
どんなに記事を量産しようが稼ぐことはできません。

また、そもそもこれがアドセンスで稼ぐことを前提とするならともかく、
成約型のアフィリエイトで稼ぐことを目的とするなら、

「アフィリエイトするための記事(商品紹介記事)」

は自分自身で書かなければいけません。
つまり、この「完全個別の記事提供「再配布権」」を使ったところで、
肝心なところは自分自身でやらなければいけないわけです。

・アクセスを集める記事として使える見込みも期待できない
・アフィリエイトするための商品紹介記事は自分で書かないといけない

このような懸念を私は第一に感じましたので、
仮に私がサイトと記事の量産を前提とする戦略を実践していても
このサービスにお金を払うことはなかったと思います。

結局のところ誰か他の人に記事を書いてもらうのであれば、
それなりに質の高い記事を書くことができるライターさんに頼むべきであり、
そういうライターさんは執筆料もそれなりになってきますので、
少なくとも1記事100円以下で書いてくれる人なんてまずいません。

そういう意味でこのサービスは少し安易かな、とは思います。

結局、自分で記事を書くにせよ他の人に書いてもらうにせよ、
一番重要となるのは他でもなく記事の質ですから、
情報発信力というものが必要になってくるわけです。

その情報発信を他の人に頼むならそれでいいと思いますが、
そういうライターは高くつくことだけは間違いありません。

例えば成約を取る文章が書ける人たち、
俗にいう「コピーライター」に執筆を依頼すると
ランディングページと言われる簡易なページでも
一つあたり10万円以上はかかりますからね。

質の高い記事を書くのはそれだけ重要であり、
重要であるからこそ高額になってくるということです。

そう考えると、自分自身で情報発信力を磨く方が、

・自分自身で自在に情報発信できるようになる
・外注する際も的確な指示ができる
・腕のいいライターを見極められるようになる

という観点から優位性があると思います。
まずは自分でできるようになるべきということですね。

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、
情報発信力を高めることは絶対に避けられませんから、
まずはそこに向き合うことが重要だと私は思います。

少なくとも今回の「完全個別の記事提供「再配布権」」では、
到底、質の高い記事を納品してくれるとは思えませんので、
まず結果には繋がらないんじゃないかと思いました。

参考にしてみてください。

コンテンツ一覧

当ブログの趣旨-はじめに-

鳴海要一プロフィール

一億円アフィリエイト講座