こんにちは、鳴海です。

この情報業界には

「アフィリエイトは不労所得を作れますよ!」

こういった謳い文句でネットビジネス初心者、
アフィリエイト初心者を誘導して、
高額な教材や高額塾への販売へと繋げている人がいます。

では、実際のところ

「アフィリエイトで不労所得を手にすることはできるのか」

についてその見解を述べていきたいと思います。

アフィリエイトで不労所得を稼ぎ出す方法はあるのか

まあ、不労所得という言葉をどう解釈するかにもよりますが、
言葉の捉え方によっては「ある」とも言えますし、
違う捉え方をすれば「ない」とも言えるのが実際のところです。

ただ、これだけは言及しておきますが、

「1日●クリックだけで毎月ウン万円稼げる!」

「参加するだけで現金が分配される!」

というようなものは全て「嘘」だと考えてください。
まずそのようなものは存在しません。

お金というものは誰かが誰かに払うことで成り立っているものである以上、
そのお金を払ってくれる人が存在しないことには
お金を稼ぐことはまずできないわけです。

その上で、もし仮にそのような文言が「真実」なのであれば、
あえてその方法を他の人に教えるメリットがあると思いますか?

他の人に教えて実践者が増えていくほど
自分の取り分(稼ぎ)は低くなっていくわけですからね。

もしそのメリットが「ある」というのであれば、
それは「教えることで稼げるお金」の方が、
自分でそのノウハウを実践するよりも稼げるからであり、
結局のところそういったノウハウは

たいして稼げないノウハウである可能性
・実践者が増えるほど稼げないノウハウである可能性

このどちらの可能性も非常に高いものになっています。

1番得をするのはそのノウハウを「売っている人」であり、
購入者側は高い確率で損をしているのが実状です。

ただ、年を追うごとに即金系のノウハウを求める人は少なくなってきていますが、
まだまだ一定数は「いる」という状況にあるため、
そういう即金系のオファーは未だに目にすることがあります。

「ワンクリックで月収30万円稼げます!」

「3つの現金自動販売機を設置するだけで安定収入!」

「メルマガ登録者に1000億円の資産を分配します!」

など、「いかにも」なものを未だに見かけるわけです。
そんなもので稼げるわけがないのに…

少しでも評判やレビューを調べてみれば
それが「嘘」であることは普通にわかるはずですが
即金系にハマるような人はその「調べる」ということをしないため
まんまと謳い文句に引っかかって高額なお金を払ってしまいます。

そしてそういう人たちが存在する限り、
即金系のオファーはこの世からなくなることはありません。

ただ、先ほども書いたように不労所得のようなものは
決して「作れない」わけではないんです。

不労所得をどのように定義するかにもよりますが、

「自分が労働していない時間も収入が生まれること」

を不労所得とするなら、その状況は普通に手に入ります。

ブログを作って、そのブログ内で商品を販売する流れを作っておけば、
自分自身が労働をしていないタイミングでも
そのブログにアクセスが入ってきて商品が売れていくことはあります。

また、メールマガジンでも同様のことができます。
メルマガではステップメールという機能が付いていて、
あらかじめメルマガ原稿を作り登録しておけば

メルマガ登録直後に送るメール。
登録1日後に送るメール。
登録2日後に送るメール。

これらを全て自動で配信することができます。

その自動配信を設定したメールの中に
商品をセールスするメールを登録しておけば、
自分が労働していないタイミングで商品が売れることもあります。

先ほどの定義を不労所得というのであれば、
これはもう立派な不労所得です。

ただ、その仕組みを作り上げるまでには当然、
それ相応の作業をしているわけです。

私からするとそれは収益の自動化であっても、
不労所得という感覚は全くありません。

表現は適切かは微妙なところですが、
その仕組みを作るための労働はしてますからね。

少なくとも「1日●クリックで稼げる」とか
「現金を生む自動販売を設置して寝るだけ」とか、
そういう感覚では「ない」ことだけは断言できます。

収益の自動化とは考えていても
それを「不労所得」とは考えていないわけです。

ここまでの話を前提とした上であれば…

収益を自動化する方法は確かにあります。

アフィリエイトの収益を自動化する方法とは

仕組みを作り上げることを前提とした収益の自動化。

これが大前提となる話ではありますが、
この方法なら確かにあります。

基本、アフィリエイトで稼ぐためには

・見込み客の集客
・セールス

最低限、この二つは作り込んでいく必要があり、
私はそこに「信頼構築(ブランディング)という流れを挟み、

・集客
・ブランディング
・セールス

この3つの流れを辿れるコンテンツを
ブログやメルマガに設置するようにしています。

これは「DRM」というマーケティング手法です。

集客とセールスの間に「信頼構築」の流れを挟むことで
より商品の成約率を高めることができる点で
少し手間はかかりますがDRMの戦略には優位性があります。

要するに、これらの役割を担えるコンテンツを
ブログやメルマガに設置していくことで
収益を自動化させることができるわけです。

ブログからは24時間、検索エンジン経由でアクセスが入ってきますし、
メルマガは登録してもらえれば自動でメールが配信されていきます。

先ほども書いたようにそこにキャッシュポイントを作っておけば、
自動で収益を生み出す仕組みを作ることができます。

もしくは、自分が作成したサイトを広告に出して、
広告経由でアクセスを集めていくか。

これが私のいう「収益の自動化」であり、
ネットビジネス、アフィリエイトにおいては
この方法以外に自動化する術はありません。

要するに、

キャッシュポイントを作成したサイト、メルマガを用意して、
そこにアクセスを流す仕組みを自動化していくこと。

これがネットビジネス、アフィリエイトにおいて
収益を自動化する唯一の方法だということです。

決して「●クリックで…」とか「現金をうむ自動販売機を…」とか
そういうものではないということですね。

ネットビジネス業界、アフィリエイト業界に
幻想を抱いていたような人にとっては
あまり好ましくない話だったかもしれませんが、
それがこの業界の「現実」だということです。

ただ、自動化できることは間違いありませんので、
自らが働いていないときでも稼げることは間違いありません。

またそんな仕組みをいくつも作り上げていけば、
収益を増やしていくことも十分に可能です。

やるべきことをやっていくことを前提とするなら、
稼げる仕組みを自動化させて、
その仕組みを量産していくことができる。

これがネットビジネス業界、アフィリエイト業界の実状ですので、
甘い謳い文句にはくれぐれも引っかからないようにしてください。

コンテンツ一覧はこちら

鳴海要一プロフィール