鳴海です。

このブログではアフィリエイトで稼ぐための
ノウハウやスキルについて解説していますが、
私が主に推奨しているアフィリエイト戦略は

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

と呼ばれているもので、ネットビジネスでは

1:メルマガ読者(見込み客)を集める
2:メルマガで情報提供して信頼構築する
3:メルマガ読者に商品を販売する

という流れを取るものとされています。

つまりネットビジネスにおけるDRMの実践には
まず何よりも「メルマガ読者」を集めることが不可欠であり、
そのメルマガ読者を集めていくための方法として、

・ブログ
・youtube
・Facebook
・Twitter

などの様々な情報発信メディアを用いていくわけです。

ブログであればブログ記事を投稿して
検索エンジン経由でアクセスを集めていきつつ、
ブログに集まった人をメルマガへ誘導していく。

youtubeであれば動画を投稿して、
動画を観覧してくれた人にメルマガを案内していく。

そしてFacebookやTwitterでも
それぞれの媒体で情報を発信しつつ、
メルマガの案内を出していくわけです。

ただ、私は現状、様々なメディアが存在する中でも
特にブログをメルマガ読者集めの媒体として推奨してます。

これはほぼ私にアフィリエイトを指南してくれた
師匠の受け売りでしかないのですが、

「ブログこそが最も質の濃い見込み客を集められる」

というのがブログを用いる主な理由です。

ではなぜ、ブログが質の濃い見込み客を
集めることができると言えるのか。

その理由ですが、第一に
ブログは検索エンジン経由からのアクセス集めに
最も適していると言えるからです。

GoogleやYahooなどの検索エンジンは
それぞれの検索キーワードに応じて
最も質の高い情報を提供しているサイトを
検索結果の上位に表示するようになっていますが、

「テキスト情報」

を最も重視してサイトを評価していると言われています。

つまり検索エンジン経由でアクセスを集めていく上では
テキスト情報こそが重要になるということです。

そしてそのテキスト情報を最も自由度が高く、
また投稿していきやすいメデイアが

「ブログ」

になるため、ブログこそが集客媒体として
最も適していると考えているのです。

また、検索エンジン経由で集まるアクセスの質は
他のメディアから集まるアクセスの質と比較しても
遥かにその質が高くなる傾向にあります。

基本的に検索エンジンを用いるネットユーザーと
youtubeやツイッター、Facebookなどのユーザーとでは
それぞれのサイトを用いる意識に大きな違いがあるためです。

基本的にyoutubeやツイッターを観覧している人たちは
そのほぼ大半が「娯楽目的」であることが一般的で
敷いてそこに高い問題意識を抱えている人はあまりいません。

一方で検索エンジンのユーザーは特定の問題意識を持ち、
その問題に関連するキーワードで検索をかけてくるので

「情報を求めている意識の高さ」

という点で他のメディアとは比較にならないほど
そのアクセスの質が濃い傾向にあります。

つまり検索エンジン経由から集まってくるアクセスは

「自ら情報を探すほど意識の高い人」

と考えられるため、その後に商品を紹介していく際にも
その成約率は高くなっていく傾向にあるわけです。

これは検索エンジンならではの強みで
youtubeや他のSNSなどから集めたアクセスは
どうしても「娯楽感覚」の人が多くなってしまうため

「購入に結びつきづらい属性」

が多く集まってしまう事になります。

ただそういった成約に結びつかないアクセスを集めたところで
メルマガ読者の数だけは増えていくものの
肝心な「収入」には結びつきずらいわけです。

また検索エンジンのキーワード検索を先読みして
ターゲットが検索するであろうキーワードに対し
情報を提供するブログ記事を投稿していけば

「より質の高い見込み客を集めるべくして集める」

ということも可能になります。

例えば、情報発信のテーマに関連する商品について
そのレビューや批評などをする記事を投稿していけば
その商品に関心を持つアクセスを集めることができます。

その人たちは商品の購入を検討している人たちですので
購入に繋がりやすい「質の濃い見込み客」と考えられるわけです。

そのため、メルマガ読者を収集していくメディアとしては
他のどのようなサイトよりもブログをお勧めしています。

もちろんブログひとつに絞る必要はありません。

ただブログをメインに据えた上で、
他にも組み合わせていくと相乗効果が得られますので、
ブログという選択肢は外さないことをお勧めします。

以上、集客用メディアとしてブログがオススメの理由でした。

参考にしてみてください。