鳴海です。

コピーライティングというスキルは、

「文章によって人を反応させ、行動させるスキル」

であり、実質的に「テキスト情報」こそが主となっている
インターネットの中でビジネスを展開していく上では
やはり、このコピーライティングというスキルは
極めて重要度が高いスキルであると言えます。

そして、インターネット上で実際に
コピーライティングのスキルを有効活用していく上では
そのスキルを駆使して情報を発信していくことができる
メディアを持つ必要があり、そのメディアに
多くの見込み客を集めていくプロセスが必要不可欠です。

自分自身が情報を発信できるメディアを持ち、
そこに多くの人を集められてこそ
自分が発信していく情報が多くの人の目に触れることとなり、
そこで初めて広告による収入を得ていくことや
商品やサービスなどの販売などを行なっていくことが可能となるからです。

その上で今はユーチューブなどの動画サイトや
TwitterやフェイスブックなどのSNSを筆頭に、
個人がネットで情報発信を行えるメディアが
どんどん増えてきていますが、

その集客を担う形で情報発信を行なっていくメディアとして
ブログというメディアの活用を推奨しています。

もちろんユーチューブにはユーチューブ、
ツイッターにはTwitter、
フェイスブックはフェイスブックで情報の発信においても
集客という観点においてもそれぞれ十分なパフォーマンスを
発揮できるメディアなのですが

「集客を前提に情報発信の入り口となるメディアを一つ選ぶ」

という条件があるとしたなら、やはりそこで選ぶメディアは
ブログであるべきです。

そしてその理由は他でもなくブログこそが
質の高い見込み客を合理的に集客できるからに他なりません。

ではなぜ、ブログが質の高い見込み客を集客していくことができる
最適なメディアだと言えるのか。

それは実際にインターネットを利用している人たちの多くが
その利用時の入り口としてヤフーやグーグルをはじめとする
検索エンジンを利用していることがその要因としてあげられます。

要するにユーチューブなどの動画サイトや多くのSNSが
利用者を増やしている状況となっても
インターネットで最も高いしゅっし効果を見込めるのは
今も変わらず検索エンジンであるということです。

その上で検索エンジンからの集客は一般的にSEO対策と呼ばれる
検索エンジンの上位表示対策がポイントとなってきますが、
その上位表示対策にはやはりテキストをベースとするメディアが
必要不可欠になっています。

そしてそんなテキストをベースとするメディアを有効な形で
効率的に構築していくことができるメディアは
やはりブログに他ならないのです。

仮にyoutubeを利用して情報発信を行なっていっても
やはり実際に集客の対象にできるのはyoutubeの利用者のみであり、
Twitterやフェイスブックを利用して情報を発信しても
やはり実際に集客できるのはそれぞれの利用者に限定されてしまいます。

またいずれのサイトにも今は相当な数の利用者がいますが

「集客できる見込み客の質」:

という点でもyoutub、Twitter、フェイスブックなどを介して
集めることのできるアクセスは検索エンジンとは比較にならないほど
低いと言わざるを得ません。

基本的にyoutube、Twitter、フェイスブックなどを利用している人たちの
利用目的はその大半が娯楽や暇つぶしというものでしかないからです。

対してヤフーやグーグルなどの検索エンジンを利用する人は
基本的には何かの情報を求め検索に用いるキーワードを入力しますので
そこには確固たる目的意識があります。

つまり検索エンジンの利用者にはそこに求めている情報というものが
明確に存在するということです。

故に検索エンジン集客はその人が求める情報がそのまま現れる
検索キーワードによってその属性を絞り込んでいくことが可能であり、
そうであるからこそ属性を絞り込んだ見込み客のみを意図的に
集客していくことができます。

そしてその検索キーワードを踏まえた属性の絞り込みこそが
そのまま集客の質に直結していくのです。

属性をただ絞り込んでいくことはユーチューブ、
ツイッター、フェイスブックを利用した集客でも
少なからず行えますが、利用者がそのサイトを利用している

「目的や意識」

という点で、動画サイトやSNSの利用者と
検索エンジンとの利用者とでは歴然としたさがあります。

娯楽や暇つぶしという目的意識でしかない利用者のアクセスと、
特定の情報を明確に求めている利用者のアクセスとでは
そのアクセスの質にも歴然とした差があるということです。

故に、DRMの仕組みづくりにおいてはあくまでもブログを
プログを集客の入り口となるメディアとした上で
そこに特定のテーマを掲げてターゲットを絞り込み

「特定のテーマに沿った見込み客をそこへ集めていく仕組み」

を確立していきます。

そしてそのブログを介して特定の分野に関心を持った読者を集め
メールマガジンを主体とするDRMを展開していくという流れが
師匠が提唱しているアフィリエイト戦略の流れであり、
そんな仕組みを実際に構築していくことができれば
その仕組みからは収益が発生してい事になるはずです。

よって、メールマガジンの読者を収集するために
用いていくべき主なメディアとしてはブログを推奨します。

もちろんブログのみにこだわる必要はありません。

それぞれのメディアと組み合わせていく事で
より相乗的な集客効果を見込めることもありますので
ブログを基盤にした上で他のメディアの活用も試みてください。

参考にしていただければ幸いです。