鳴海です。

今は個人自営業主や中小企業の経営者を始め
様々な方がメルマガを発行する時代です。

しかし、いざメルマガを発行しようとした際に、

・そもそも何をメルマガに書けばいいのか
・どのように文章(コピー)を書けばいいのか

といったところで頭を悩ませてしまい
筆が進まないという方も少なくないようです。

ただこの問題はそこまで難しいものではありません。

メルマガはその書き方のコツさえ掴めば、
文章力や文才というようなものとは無関係に
誰もが読者を反応させられる文章を書くことができます。

私自身、文章力や文才は全くありません。

ですが、今からお伝えしていくコツを意識しているだけで、
そんな自分でもメルマガを毎日書き続け、
そこから少なからず売上に繋げることがことができています。

では、何を意識すればいいのか。

早速ですがメルマガの書き方をお伝えしていきたいと思います。

メルマガ初心者にオススメな文章(コピー)の書き方とは。

まず、メルマガの文章を書いていく上で、
幾つか大切だと思う心構えをご紹介していきます。

心構えというと抽象的に感じられるかもしれませんが、
メルマガに限らず、文章は書き手の思考や精神、
人間性がそこに現れてくるものとなりますので、

「書き手の心構え」

がその文章の質を大きく左右することになります。

つまり書き手のもつ心構えによって
その文章の質も変わってくるということです。

その上でメルマガは読者のメールボックスへ
メッセージを届けていくものとなりますので、

「読み手への個人的なメッセージ」

という意識で一つ一つの言葉を綴りながら
文章を書き上げていくことがポイントになります。

少なくともそれは日記のようものでもなく
また独り言のようなものでもなく、
小説のようなものでもいけません。

そういったものは読み手に語りかけているものではないためです。

あくまでも「メッセージを届ける」という意識が
メルマガを書く上で重要になります。

読み手に何を伝えたいのか、
そしてどのような感情を抱いてもらい、
どのような行動を起こしてもらいたいのか。

それを明確にする必要があものなのです。

また、これも心構えの問題になるのですが、
世の中で名作と呼ばれるような書物でさえ、
絶対唯一の完璧と言えるようなものはありません。

どんなに優れたものであっても、
それを改善していく余地はあるものです。

そのため、人は完璧を求めてしまうことがあり、
いつまでたっても前に進めないということが
往往にしてあります。

ですが、メルマガは完璧を求めることよりも、
現時点での全力を出し切りながら
質とともにその「量」を出すというも重要です。

少なくともそのメルマガを発行する目的が
「文章力を磨く」というものではなく、
読み手に何かしらの影響を与え、
行動を引き出していきたいというのであれば、

「数多くのメッセージを与えていく」

という観点も重要となってきますので、
現時点で書ける最高の文章を書いた上で
それを日々、継続的に発信するようにしたほうがいいです。

執筆時間を決めてしまうのがいいと思います。

私はそうしています。

少なくとも私は凡人ですので
改善するべきポイントはいくらでもありますが、
それをすべて改善していこうとしていると、
いつまでもメルマガを完成させられません。

なので完璧を追求するのではなく、
とにかく形にするということを重視しています。

完璧を求めすぎてはいけません。

メルマガは一発勝負ではなく
メルマガを解除されない限りは
何度でも発信していけるものですので、
数をこなしがなら上達していけばいいんです。

まず心構えとしてはここで挙げた2点。

1:読み手へのメッセージを意識すること
2:完璧を求めすぎないこと

これらを意識してみてください。

その意識を前提としてメルマガを書いていくわけですが、
まずメルマガを書き進める前に決めておくべきことは

・メルマガの出だし
・メルマガ内で伝える情報
・メルマガの終わり

この3つは決めておくべきであり、
まずはメルマガの出だしで読み手の興味を引き、
その興味を持続させながら伝えたい情報を伝え、
そして最後に引き出したい行動を要求して終わる。

これがメルマガの全体像になります。

そして、それらを決めていくためにも

・書くネタを決める
・ネタに関する情報収集をする
・メルマガに適した書き方をする

ということが重要になってくるのですが、
これはコツがわかれば難しくありません。

まず、メルマガ記事のネタについてですが、
メルマガを発行しているのであれば少なからず
そのターゲットを明確にしているはずです。

おそらく大半の人がビジネス目的で
メルマガを利用していると思いますので、
自らが売り込みたい商品やサービスに関連して

・誰に対して(ターゲット)
・どのような情報を発信して(テーマ)
・どのようなベネフィットを提供するのか

という3つは明確にされていると思いますし、
仮にこれらがまだ定まっていないのであれば、
メルマガを書く前に決めておくべきです。

メルマガは先ほどもお話ししたように
読み手への個人的なメッセージである以上、
その読み手の意識や欲求が見えていなければ
伝えるべきメッセージも見えてこないためです。

そして、メルマガのターゲットが明確になったなら、
基本的にそのメルマガで発信していく情報は

・読み手の悩みに対する解決策
・読み手が疑問に感じている事への答え

これらをネタの軸としていけば問題ありません。

メルマガに登録をしてくれるような人たちは
根本としてそのような情報を求めているからです。

有名人や好きな人のメルマガならいざ知らず、
それらに該当しない人のメルマガをあえて読むのは
上記のような情報を求めているからに他なりません。

しかし多くの人はその肝心な読み手が抱いている
「悩み」や「疑問」を正確に捉えることができず、
なかば当てずっぽうになっていることもあります。

私自身、独りよがりに想像していた時期もありましたが
ある時、師匠にそのリサーチの方法を教えてもらいました。

まず、自分の市場で売れている商品を調べ、
その商品の広告に書かれていることを読みます。

売れている商品の広告は
ターゲットが反応を示しているということであり、
そこにはターゲットが反応を示してしまうような

・悩み
・欲求

が散りばめられていると考えられるためです。

そして、その悩みや欲求こそが
ターゲットが反応を示しているポイントであり、
その悩みや欲求を解消するために
商品の購入に至っていると考えられます。

なのでその悩みや欲求に関連することを
メルマガで発信していくわけです。

ただし、必ずしも現時点で
その悩みや欲求の解決策について
全て知っているということはないと思います。

しかし、そこで諦める必要はありません。

世の中には自分自身が知らないことでも
他の誰かが先にその答えを見つけて、
書籍などに記してくれている事が沢山あります。

現時点で自分がその答えを知らなければ
書籍などから情報をインプットすればいいのです。

アマゾンで関連分野の書籍を検索して
ランキング上位の本を5冊ほど読み込めば
その分野に関することはほぼ網羅できます。

それだけでも大部分の悩みや疑問に
回答できるような知識が手に入るはずです。

勿論、それでも完璧になれるわけではありません。

どんなに書籍を読み込み、自分で考えても
まだ知り得ないこと、疑問に感じることは
少なからず出てくると思います。

しかしそれに捉われる必要はありません。

知らないことばかりに目を向けるのではなく、
すでにその時点で人並み以上の知識を
手にしている状態にあるわけですから、
まずはそれらを発信していけばいいんです。

悩みや疑問の数だけメルマガ記事のネタになります。

通常、先ほどお話しした方法でリサーチしていくと
最低でも悩みや欲求が200~300は出てきますので、

「200〜300記事分のネタ」

は見つかるはずです。

そしてメールマガジンを運営していくと
読者から質問や相談が来ますから
そこでリアルな声を聞く事もできます。

その声を元にメルマガを書いていけば
それもまた新たなネタになりますし、
関連分野のニュースや商品が出れば
それもまた記事のネタになるわけですから

「ネタが尽きることはありえない」

と言っても過言ではありません。

ネタがわからない場合はリサーチに戻り、
売れている広告で訴求している
「悩み」や「欲求」を調べてみてください。

いくらでもネタが見つかるはずです。

そしてそのネタに対する答えとなる
情報そのもののリサーチについても
やはり書籍や情報商材を調べていけば
そこに書かれているはずですから、それらを

「自分の言葉に言い換えて発信」

していけばなんら問題ありません。

情報そのものには著作権などありませんから、
インプットした情報はあなたのものです。

その情報をどう使おうと、発信しようと
それはあなたの自由ということになります。

例えば、何かしらの上手くいくノウハウを学んだなら
そのノウハウを自分で経験するに越したことないですが、
そのノウハウそのものは上手くいくものなのですから
経験の有無とは関係なしにそれを発信して構いません。

もちろん嘘はダメです。

しかし、経験していなければ
ノウハウを発信してはいけない、
ということもないのです。

それを自分自身の体験談として語るのは
問題のある行為ですが、

「上手くいくノウハウ」

として語る分には問題はありません。

事実、そのノウハウで
結果を出している人が存在するのですから
それは「上手くいくノウハウ」なのです。

あとはそれをいかにわかりやすく、
具体的に伝える事ができるかです。

そしてその「伝え方」についてですが、
いくつか押さえておくべきポイントがあり
それは以下のようなものになります。

1:改行を15~20文字ごとに入れる
2:ターゲットが慣れ親しんだ言葉で書く
3:コピーライティングを意識する

順番に行くと、まず最近の傾向として
メールはスマホで読まれます。

スマホでメールを読むとわかるのですが、
一行あたり20文字前後で行が変わるので、
一文が20文字以上になると

「違和感のある位置で改行」

が入ってしまうのです。

メルマガでは可能な限り違和感や読みにくさを
感じさせない配慮が重要となりますので、
改行を15~20文字ごとに入れるようにしてください。

句読点を打つ位置で改行を入れると自然になります。

また、わかりやすい文章にする上では
ターゲットが普段から目にしている
違和感のない言葉で書くことも重要です。

普段から目にしている文章というのは
ターゲットによっても異なりますが、
分野毎の専門用語などがありますので、

・読み手が理解しやすい言葉
・読み手が読み慣れている言葉

で書いて行くようにします。

逆に言うならことわざや四文字熟語、
また難解な用語や漢字などの

・読み手が理解しにくい言葉
・読み手が慣れていない言葉

このようなものは避けてください。

そして最後になりますが、

「コピーライティング」

というスキルを意識してください、

これは文章によって読み手の心を動かし
反応を引き出して行くためのスキルですが、

「書き方の法則」

というものが確立されています。

その法則に沿って書いて行く事で
読み手から興味を引きつつ、
説得力があり、行動させる文章を書けます。

これは法則なので才能ではありません。

一度も学んだ事がなければ
コピーライティング関連の書籍や
情報教材を学んでみるといいと思います。

私のオススメはこちらです。

The Million Writing

ここまで長々とメルマガを書く際の心構えから
ネタの見つけ方や情報集の仕方、
そして書く際のポイントを解説してきましたが、
これらを意識するだけでも随分と違ってくるはずです。

ぜひ、参考にしてみてください、