鳴海です。

今日はメールマガジンを送信していく際に、
その開封率を上げる方法を解説したいと思います。

まず、メールマガジンの開封率ですが、
そのパーセンテージを一番左右するものは、

「メルマガ発行者のブランド力」

に他なりません。

人はどんな情報が届けられたのかという観点以上に、
「誰から送られているのか」という側面を重視するためです。

例えば、身近な友人や家族から届いたメール。

こういったものはその内容にかかわらず
大抵、目を通すと思います。

これは内容以上に「誰からのメッセージなのか」が
重要視されているためです。

そのため、メールマガジンを発行していく上では

「この人のメールなら読みたい」

と思ってもらえるようなブランディングの構築を目指していくべきであり、
その情報発信者が日頃から有益な情報を発信していれば、
自ずとその注目度も高くなり、開封率も向上していくことになります。

つまり、メールマガジンを発行していく上で、
その開封率を高めるための一番の方法は、
日頃から有益な情報を発信することで

「情報発信者としてのブランディング」

を確立していくことに他なりません。

ですが、ブランド力は日頃の情報提供を通して
徐々に培っていくものであり、
最初からブランドが確立されている人など、
一部の有名人を除いてまず「いない」はずです。

そのため、いざメールマガジンを発行したところで、
そのメールは必ずしも開封されるわけではなく、

「メールを開封するかどうかは読者の気分次第」

になるのが実状です。

そしてその気分を左右する要因となるものは、
メールが届いて一番最初に目に入ることになる

「メールの件名」

が大きなウェイトを占めます。

メールが読者の受信ボックスに届き、
その件名が目に入った際に、

「あ、このメールなんか気になる!」

と思わせることができれば、
そのメールを開封される確率は高くなるわけです。

では、どうすればメールの件名で
読者から興味を引くことができるのか。

ここはコピーライティングが鍵を握ります。

コピーライティングとは人を動かす文章術のことで
いかに読み手から興味を引き、感情を動かし、
話に納得感を覚えさえ、行動させるのかについて
100年以上前から研究されている文章術です。

メールマガジンの件名に限らず、
ブログやサイトなどは殆どが文章で構成されている以上、
文章で人を動かすコピーライティングが重要になります。

そして、コピーライティングの原理原則の中には、

「興味を引くための文章のテクニック」

というものがあり、そのテクニックを活用していけば
読み手が思わず開封してしまいたくなるような
メールの件名を構成していくことは難しくありません。

例えば、その興味を引くためのテクニックとしては、
以下の要素を意識するといいと言われています。

1、読み手のベネフィットに訴求する

2、真新しさを感じさせる

それぞれを例とともに順番に解説していきます。

■ベネフィット

コピーライティングの原理原則では、
読み手から興味を引くためには

「読み手目線でのベネフィット(欲求や恐怖の解消)」

に訴求することが重要だと言われています。

読み手が悩んでいることや苦しんでいること
そして恐れていることやストレスを感じていること。

または読み手の夢や希望、願望、気持ちのいいこと、
好きなことで満たされていくこと。

こういったことを訴求し、イメージさせていくことで
読み手から興味を引き出していくことができます。

例えば、その一例を以下に示すと、

・太ももと1週間で−3センチになる1日15分のエクササイズ
・財布を落としても場所を追跡できる小型発信機

これは「太ももを細くしたい」という欲求に対して、
それを解決できることをアピールしていますし、
「財布を落とした時に見つからない」という恐怖に対して
その解決を図れるイメージを与えています。

このようにベネフィットをイメージさせることで、
メルマガの開封率は高くなる傾向にあります。

■新規性

次に、新規性ですが、これも重要なポイントです。

人は、「自分がすでに知っていること」や
本当に知っているのかどうかは別として、
「知っていると判断したこと」に対しては
そこに興味を惹かれることがありません。

既に知っている情報を手に入れたところで
自らの置かれている状況は何一つ好転しないからです。

つまり、既に知っている情報を更に知る行為は
無駄なこととして処理されてしまうわけです。

ですので、メールマガジンの開封率を高めるには
読み手がまだ知らないであろうこと、
真新しく感じるであろうことをアピールします。

例えば、

・チョコボールの大玉バージョンが新発売!
・日本のベンチャーがロケット開発に成功

などニュース性のあるものや、
その時に話題になっていることについては、
人は思わず注目し、興味を惹かれる傾向にあります。

また、何かしらの解決策を示していく上でも、
やはりその解決策が

「既に知っているレベルのもの」

にしか感じられなければ、
そこから興味を引くことはまずできません。

つまり、特定の解決策に興味を引きたければ、
その解決策自体が真新しいものであるか、
もしくは真新しく聞こえるように

・ストーリー
・比喩
・実績

などを使いアピールする必要があります。

真新しさを感じさせることができなければ

「この情報は既に知っている」

と感じられ、その時点でシャットアウトされてしまうので、
このポイントも非常に重要になってきます。

そのためには、

・ありきたりな言葉は使わない
・どこかで聞いたことあるようなアピールをしない

ということを意識してみてください。

以上、

1、ベネフィット
2、新規性

この二つのポイントを意識しながら
メールの件名を考えていけば
開封率は向上していくはずです。

この辺りについてはほぼ全て
コピーライティングの分野が網羅していますので、
もし、更に詳細を知りたいということであれば、

「コピーライティングの原理原則」

を学ばれることをお勧めします。

世の中にはたくさんのコピーライティング関連の
書籍や教材が販売されていますので、
そういったものを手にとってもいいと思いますし、

「ネットで有効なコピーの具体的な書き方」

に特化したものを知りたいというのであれば、
私のメルマガではそういったことを中心に
ノウハウやテクニックを解説していますので、
気が向くようであれば読んでみてください。

一応、アフィリエイトのノウハウを解説しているメルマガですが、
アフィリエイトで結果を出していくためには、
ブログやサイトの文章で読み手を動かしていく必要があるので、

「コピーライティングのスキル」

についても重点的に解説しています。

むしろ、原理原則を解説している一般書籍などよりも、
ネットでのビジネスモデルに特化している分、
より具体的な解説になっているはずです。

「まあ、試しみ読んでみるか」

程度のスタンスでも一向に構いませんので、
気が向いたら読んでみてください。

年収1億アフィリエイト講座