鳴海です。

せどりの効率化を謳うツールが
インフォトップで売れ筋ランキングに出ていましたので、
今回はこちらを検証してみたいと思います。

個人的には全く利用に値しない、
ただのぼったくりツールだと思いましたが・・・

なぜかレビューの評価は良かったですね。

なぜ私が使えないツールだと思ったのか、
その根拠もお伝えしていきたいと思います。

フリマハッカー
https://frimahacker.com/lp/

このフリマハッカーというツールは
フリマアプリの「メルカリ」から商品を仕入れている
せどらーをリサーチすることのできるツールのようです。

実際にリサーチできる情報は

「フリマ利用者が過去に購入した商品情報」

であり、それら仕入れた商品の一覧を
リスト化(表)するところまでやってくれるようですね。

あとはその取得した商品一覧のなかから、
アマゾンで販売した際に利益が出るであろう商品を
モノレートという別会社のサービスを利用して検討をつけていく。

そしてそこで検討をつけた商品が
フリマで出品されたらそれを通知してくれる
誰でも無料でダウンロードできるスマホアプリ

「フリマウォッチャー」

と組み合わせ、稼いでいくノウハウのようです。

それぞれをステップ化していくと
以下のようになります。

1、ライバルが仕入れている商品をリサーチ
→フリマハッカーで行う

2、その商品の中からamazonでの販売時に利益が出る商品を絞り込む
→別の有料ソフト「モノレート」などを利用

3、その「利益が出る商品」がフリマで出品され入手可能になる
→フリマウォッチャーで行う

4、その商品を仕入れてAmazonで売る

この1〜4がこのノウハウの簡潔なプロセスですが
商品の仕入先と販売先は、

仕入先:メルカリなどのフリマ
販売先:Amazon

となっているようです。

一見、効率化を図れているように映るのか、
このフリマハッカーは売れているようですが、
私的には有効なツールには感じませんでした。

むしろ、あってもなくても変わらないじゃん・・・

というのが本音です。

そもそも、フリマハッカーというツールは
稼いでいるライバルを見つけてくれるのではなく、

「自分で稼いでいる人を見つけなければならないツール」

ではないかと思います。

稼いでいるライバルを自動抽出してくれるならともかく、
フリマハッカーの利用者自身で

「稼いでいそうな人」

に見当をつけて、その一人ひとりをシラミ潰しに
リサーチしていかなければならないわけです。

それ自体が非常にめんどくさいというか、
効率化を謳うツールにしては

「完成度が低いんじゃないか」

というのが私の率直な本音です。

稼いでいる人をリサーチしていってこそ、
参考になるデータが手に入るものだと思いますが、

「稼いでいる人を探す」

という大事な作業は利用者に丸投げしているわけですからね。

そしてこのフリマハッカーというツールは、
実質、「稼いでいるっぽい人の仕入れてる商品一覧」を
抽出してリスト化してくれるツールでしかありません。

そのほかの、

・アマゾンで販売した際に利益ができるかどうかのリサーチ
・フリマで狙った商品が出品された際のお知らせ通知

これらはフリマハッカーとは無関係の
別会社のツールを使っていくことになります。

さらに言えば、フリマハッカーでリサーチできるという、

「フリマ利用者が過去に仕入れた商品の一覧情報」

など、強いてこのフリマハッカーを利用しなくても、
「普通に」目視で確認していけるのではないでしょうか?

フリマユーザーが過去にどんな商品を仕入れたのかは、
そのユーザーの過去の購入歴を調べていけば、
ツールを使うまでもなくわかることではないかと思います。

そういう観点で言えば、このフリマハッカーは
あえてツールを使うまでもなく手に入る情報を
一覧表にしてくれるだけに等しいツールだと思いますので、
このフリマハッカーというツールは実際のところ

「あってもなくても変わらないもの」

だと私は思いますね。

さらに言えば、いざこのフリマハッカーを利用して
稼げる商品に検討をつけていったところで、
その対象となる商品が売りに出されてなければ
それをすぐに仕入れていくことはできません。

だからこそ、

「目当ての商品が出品された時に通知してくれる」

という無料アプリのフリマウォッチャーを
使用していくことになると思うのですが、
自分の自由なタイミングで仕入れができないのは
私には非常に「不便」に感じるポイントです。

常にパソコンやスマホに張り付き、
仕入れ情報が届くのを待っているのもストレスを感じますし、
かと言って通知情報に気づかなければ仕入れのチャンスを失う可能性もありますからね。

なのでこのフリマハッカーを利用して稼ぐ、
ノウハウそのものに対しても私的には有効性を感じられませんでした。

その有効性を感じないノウハウを実践していくための、
さらに有効性を感じないツールが19,800円と言うのですから
ぼったくりもいいところだと思います。

・フリマから仕入れて稼いでいる人を探す作業は利用者任せ
・フリマハッカーで取得できる情報は目視で十分確認できる

この2点からフリマハッカーには
なんの利用価値も感じなかったわけです。

なぜ、このツールを推奨している
アフィリエイターが多いのか私には疑問ですが。。。

まあ、セールスレターにはそれらしい言葉で
さも「稼げるツールです」と言っている印象を受けますが、
結局のところ大事なところは利用者に丸投げですし

「リサーチできる情報も全く大したことないツール」

だと思いますので、買うに値しないツールだと思いますね。

せどりの効率化を謳うようなツールであれば、

・稼げる商品を見つけるプロセス 
・その商品を仕入れるプロセス 

この二つを効率化できないことには
ほぼ利用価値がないというのが私の考えです。

この2点を満たせているせどりツールとしては
私の知る限り1つしかないのですが、
それがこちらの「転売稼業」というせどりツールです。

せどりインサイダー「転売稼業」:
http://sedoriater-leo.com/01/tokubetuad.html

この転売稼業では稼げる商品を即座に見つけてくれますし、
それも即時仕入れることができる商品のみを
リサーチして表示してくれます。

そしてその稼ぐロジックそのものも
非常に有効性の高いものとなってますので、
せどりで稼ぎたいのであればこちらの方がオススメです。

稼ぐロジックそのものやツールのロジックまで
レターの中でしっかり解説してくれていますので、
せどりで稼ぎたければ一度読んでみてください。

このフリマハッカーよりもはるかに、

・ノウハウそのものの有効性
・ツールの有効性

を感じられるはずです。

せどりインサイダー「転売稼業」:
http://sedoriater-leo.com/01/tokubetuad.html

プロフィール
当ブログのご紹介
コンテンツ一覧