鳴海です。

今日は、アフィリエイトで成果を上げていく上での
情報発信者としての「キャラクター設定」について、
その重要なポイントなどをお話ししていきたいと思います。

アフィリエイトで稼ぐためのキャラクター設定と差別化について。

これからアフィリエイトを始めていくという際、
情報発信していく上での「キャラクター設定」をどうするか。

自分のメディアに対してどのような「個性」を出して、
他のサイトやメルマガとどう「差別化」を図っていくか。

このようなところに悩まれる方が多いようです。

ですが、実際のところそのようなブログのプロフィールページ、
メールマガジンを発行していく上での「キャラクター設定」で、
強いて個性をアピールする事や、他との差別化を図る事は、
多くの人が捉えているほど、大きく意味のあるものではありません。

勿論、それ自体に「全く意味がない」という事はありませんが、
そこには拘る価値のあるキャラクター設定と、
さほど拘る価値の無いキャラクター設定があり、
多くの人は後者の拘る意味の無いものに拘っている傾向にあるのです。

例えば、キャラクター設定に繋がるものとして、
自分の「プロフィール」や「経歴」などの情報が、
自分がブログやメルマガに対して掲げている

・テーマ
・コンセプト

に深い「関連性」のあるようなものなのであれば、
それは大いに拘る意味のあるものと言っていいと思います。

つまり、テーマやコンセプトと関連性のあるプロフィールであれば、
それをアピールしていくことが差別化を図る上でプラスに繋がる
わけです。

対して、その「テーマ」や「コンセプト」に対して、
自分自身の実際の「プロフィール情報」や「経歴」などが、
さほど深く関連する余地のないものばかりであるような場合は、
それを示し、アピールしていく意味は「薄い」と言えます。

つまり、ブログやメルマガのテーマ、コンセプトに対し、
全く関連性の無いプロフィール情報や経歴を示し、
そのような情報から「個性」や「差別化」を演出していく事。

そのような行為自体がブログやメルマガの反応を上げ、
プラスに作用していくような事は「ほぼ無いに等しい」という事です。

プロフィールが情報発信のテーマに関連するかどうか。

何故、ブログやメルマガのテーマ、コンセプトに対し、
関連性の無いプロフィール情報、経歴を示していく事が
そのメディアの反応を上げるという目的の上ではさほど意味のないことなのか。

その理由としては、テーマと関連性のない発信者の個人的な情報や
個人的な経歴などを、読者が求めていないことが挙げられます。

結果として、テーマと関連性の無い個人的な情報や経歴を
そのようなブログ、メルマガの段階で示していったとしても、
ほぼ、そこに有用性等を感じさせることはできません。

そもそも、そのようなブログのプロフィールページや、
序盤のメールマガジンを読んでいくような訪問者、読者が、
それらの情報を実際に目にしていく「状況」として、
最も多く考えられるケースとしては、

「検索エンジンで何らかのキーワードでブログがヒットし、
 まずはそのキーワードでヒットした記事を読んでみた」

というような人が、その記事の内容に対して
ある程度の「価値」を感じた際に、

「他の記事も読んでみようかな」
「メルマガを購読してみようかな」

という意識段階にシフトし、そのような意識の上で、
ひとまずの段階として目にしていく事になるのが、
プロフィールページや序盤のメルマガであると考えられます。

つまり、そのような段階で、その訪問者や読者が
実質的に「求めている情報」と言えるものは、

「このブログのコンセプトはどういうものなのか」
「どういう人がメルマガを発行しているのか」

といったものであると言えますが、
このような情報を求めている「根本的な目的」は、

「その発信者が発信している情報を受け取るメリット、ベネフィット」

というものでしかありません。

要するに、興味があるのは「自分のメリット」であって、
この時点ではブログの運営者やメルマガの発行者に対して、
そこまで「個人的な興味」等は抱いていないのです。

よって、その段階で読者がプロフィール情報に求めていることは、

「そのブログ、メルマガのテーマ、コンセプトに対して、
 それらに関連するプロフィール情報や経歴情報」

などに限られると言えます。

それ以外のプロフィール情報や経歴情報などは、
何ら読み手がこの段階で求めているような

「自分のメリットを明確に出来る情報」

には、まずなりえないからです。

少なからず、その情報がブログやメルマガの
テーマやコンセプトに関連する情報なのであれば、

「この人の話を聞けば自分にメリットがありそう」

というような意識に繋がっていく可能性がある為、
そのような情報であれば、示す事に意味もありますが
とくに上記のような意識に繋がらない情報に関しては
この段階の読み手にとっては

「とくにどうでもいい情報」

にしか思われない可能性が高いという事です。

アフィリエイトで稼ぐための「キャラクター設定」と「差別化」のポイント

ブログやメールマガジンでプロフィールをアピールしていく際には、
情報発信のテーマに関連した個人的な情報や経歴を示していくべきであり、
そこに繋がらないようなプロフィール情報を示す価値は殆どありません。

ブログの記事やメルマガの序盤段階での訪問者や読者の興味は、

「情報発信者の話を聞くメリット、ベネフィットはあるのか」

という一点のみであり、その指標に繋がらないような情報は、
そういう人たちにとっては「どうでもいい情報」でしかないためです。

よって、個人的な情報や経歴などをアピールして、
そのブログやメルマガの差別化を図っていきたいという場合は、

「テーマに関連した情報や経歴」

のみを示していくようにするべきと言えます。

プロフィール情報や経歴などを
どんなにユニークに示してキャラクターの演出や
それに伴う差別化などを意識していっても、
まず、そのような情報は何のプラス要因にもなりません。

よって、自分自身のプロフィールを示していく上で、

「テーマに対して関連性のある情報(実績や経歴など)が特にない」

というような場合は、個人的なアピールを行う必要はなく、
そのような場合は、ブログのコンセプトなどをアピールすることで、
読者の興味や関心を引きつけていくようにするべくだと言えます。

そのようなブログのコンセプトをアピールしていくことで、
そのメディアを他のメディアとの差別化を図っていくということです。

基本、個人的なプロフィールなどで差別化を狙っていかなくても、
メディアそのものの方針や独自性をアピールしていくことができれば、
読者からのブランディングは十分に確立していくことができます。

むしろ、中途半端な実績や経歴しかないような人が
その実績や経歴を示していってもマイナスになりかねません。

例えば、ブログであれば「ブログのコンセプト」などの記事を作り、
そこでそのブログの方針などを重点的にアピールしていくことで
ブログそのものの差別化とポジショニングを図っていく
わけです。

また、メールマガジンでも同様に、
そのメルマガの方針やコンセプトなどをアピールしていけば
それで十分に読者からの興味を寄せていくことがでいます。

その上で、十分にブログやメルマガに関心を寄せられたなら、
テーマと関連性のない個人的な情報などは
その「後」に伝えていけば問題ありません。

読者からの興味を惹きつけられた後の段階であれば、
テーマと関連性のない個人的なプロフィール情報なども、
「親近感」を引き出していく上では有効になるからです。

ただ、そのようなテーマと関連性のないプロフィール情報は、
ブログやメルマガを初めて読んでいくような読者の場合、

「そのブログは自分にとって必要な情報が書かれているか?」
「このメルマガを購読するメリットがあるのか?」

という意識が高いため、まだ十分に興味を引けてない段階では、
有効なアピール情報になる余地は殆どありません。

そのようなテーマに関連性のない個人的な情報などは
序盤段階におけるほとんどの読者は求めていないからです。

参考にしてみてください。