鳴海です。

私がアフィリエイトを始めたのは
今から4年ほど前のことになります。

始めたきっかけは
年収数億円を稼ぐメンターに出会い、
その人物から教わったビジネスモデルが
アフィリエイトだったからです。

そして、アフィリエイトの中でも、
メンターから教わった手法は

「DRMアフィリエイト」

というものだったため、
私の場合は特に手法などの選択に迷うこともなく、
教えられた手法をそのまま実践してきました。

つまり私は何の実績も経験もない状態から、
DRMアフィリエイトという手法を実践してきた
わけです。

「DRMアフィリエイトってなに?」

と思われるかもしれませんので、一応、補足すると、
主にはメールマガジンを使ったアフィリエイト手法で、

1:メルマガの読者を集める(ブログなどから)
2:メルマガで情報提供して読者と信頼関係を作る
3:メルマガで商品を紹介(アフィリエイト)する

このような3つのステップを踏むことで、
主には高額な情報商材などを
アフィリエイトしていくような手法です。

この手法であれば、メルマガ読者との信頼関係を作ることで、
数万円単位の高額な商品が成約できたり、
メルマガの「自動メール配信(ステップメール)機能」を使うことで、
情報提供からアフィリエイトまでを自動化させて

「手放しで収入が発生する仕組み」

を作り出していくことが可能になります。

おそらく個人がアフィリエイトで成果を上げていく上で、
DRMアフィリエイト以上に効率的な手法はありません。

PPCアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、アダルトアフィリエイト、
YouTubeアフィリエイトなど、色々な手法がありますが、

「月収100万円とかそれ以上を最も少ない時間と労力で稼げる」

のはDRMアフィリエイトということです。

現にアフィリエイト業界で月収1000万円以上稼いでいる人は
ほぼ100%、例外なくDRMアフィリエイトで稼いでいます。

例えば、もしあなたがこの業界での有名人について
誰か特定の人の名前を思い浮かべることができるなら、
その人はメルマガを発行していないでしょうか?

おそらく、メルマガをしているはずですし、その現実こそが、
「稼いでいる人はDRMアフィリエイトをしている」という、
何よりの証拠です。

もちろん他の手法でも決して
「稼げない」ということではありません。

ただ、その労力と時間に対してのリターンは
間違いなくDRMアフィリエイトが最も「高い」です。

その理由としては利益率の高い商品を成約できるのと、
その全てのプロセスを自動化していけるからです。

ただ、このアフィリエイト手法は前提として、
いち消費者として商品のレビューなどをしていけばいい
物販アフィリエイトなどの手法とは異なり、

「情報発信しているテーマについての専門家」

というポジションを作っていく必要があるため、
これからアフィリエイトを始めるという多くの人は、

「実績や経験がない自分にはできない(稼げない)んじゃないか。」

と考えてしまう傾向にあるようです。

ただ、あえて率直に結論から言うと、
実績がなくてもDRMアフィリエイトでは稼げます。

それはなぜか。

そこで今日は、その理由とともに、

「実績の無い人がどうやってDRMアフィリエイトで稼げばいいのか。」

ということについてお話ししたいと思います。

実績が無ければアフィリエイトでは稼げないのか。

“実績がなければDRMアフィリエイトでは稼げない。”

いまだにそのようなことを言っている人もいますが、
先ほども言ったように私はそのように考えてません。

確かに、アフィリエイト系、ネットビジネス系のブログなどを見ると、
稼いでいる実績をアピールているような人は多いです。

ただ、私のブログを見てもらえればわかるはずですが、
私は特にブログでも、メールマガジンの方でも、
自分自身の実績をそこまでアピールしていません。

個人的な実績などほぼ「書いていない」に等しいわけです。

あえてアピールしているような実績といえば、
私のメンターの実績くらいだと思います。

ですが、メンターの実績についても私の場合、
ただ「書いているだけ」という状態で、証拠画像などを出す形で、
それが本当かどうかの証明などもしてません。(本当ですが。)

要する、「実績などをアピールしない(重きを置かない)」戦略で、
私自身のブランディングを図り、情報発信しているわけです。

単純な話、長い目で考えた時には、
その方がメリットがあると判断したからなのですが、
そのメリットについてお話しする前に、

「なぜ、実績がなくてもDRMアフィリエイトで稼ぐことは可能なのか。」

という疑問についてハッキリお答えしておきたいと思います。

DRMアフィリエイトで稼ぐ=ブランディングを作る

まず、DRMアフィリエイトで稼いでいくという場合には、
情報発信者としての自分に対して、

「ブランディングの確立」

をしていく必要があります。

ブランディング=信頼

のようなものであり、特定のテーマで情報発信する際には、
そのテーマの専門家というポジションを見込み客に与え、
信頼を勝ち取っていかなければなりません。

信頼されていない状態で商品をすすめても、
それが高額なものであるほどまず「売れない」からです。

つまり、情報商材のような数万円単位の商品を成約するには、
確固たる「ブランド(信頼)」を作っていかなければならないのです。

その上で、実績のない個人が
ブランドを作れないのかというと、
全くもってそんなことはありません。

実績がない個人でもブランドは作れる

そもそも実績というのを公表するメリットは、
主にブログの訪問者やメルマガ読者に対して、
「自分自身」や自身の提唱する「ノウハウ」に対して

「興味づけ」

ができるところにあります。

「そんなに凄い実績がある人がやっていることってなんだろう?」

「そんな凄い実績があるなら話を聞いてみようかな」

このような感じで、自分自身の話や、
自分のノウハウに対し、興味を引きつけられるわけです。

「実績をアピールすることは信頼にもつながるのでは?」

このように思われるかもしれませんが、
このネットビジネスの世界において言えば、
実績をアピールしていくことが信頼に繋がる余地は
ほぼ「無い」と言っていいと思います。

なぜなら、どんなに実績をアピールしたところで
それが本当かどうかなどはわかりませんし、
仮に実績を証明するような画像を掲載しても、
そのようなものはいくらでも捏造できる時代だからです。

そしてそんなことは今やほぼ全てのネットユーザーは
「当たり前の事実」として認識していると思います。

要するに実績を証明することは不可能なわけです。

そのため、そのような実績のアピールに対して、
信頼を寄せてしまうような安易な人も殆どいません。

だからこそ、特にネットビジネス業界においての実績は、
興味に繋がる余地はあっても、信頼には繋がらないのです。

また、実績で興味を引いたような場合は、

「実績に引かれて集まってくる人」

が必然的に増えていくことになります。

ですが、そこには思わぬ「落とし穴」があるんです。

実績をアピールすることの「落とし穴」とは

ビジネス的な観点から言えば、人が集まってくるわけですから、
それが「悪い」というようなことは無いのかもしれません。

どのような人が集まってこようが、
その人たちが商品を買ってくれさえすれば、
それで利益を生み出していくことができるからです。

とは言え、これは私の自論なのですが、

「やっていて嫌なビジネスは続かない」

という考えが根本としてあります。

つまり、なんらかのビジネスを行っていく上で、
全く興味のわかないことや、嫌々やることが続くと、
そのビジネスに関わっていること自体が

「苦痛」

に感じ始めてしまい、結果として、
長く続かなくなってしまうということです。

現に私がアフィリエイトをスタートした4年前にも
実績を掲げているような人はたくさんいましたが、
そのほぼ大半の人が今は活動をしていません。

要するに消えてしまったわけです。

その理由は勝手に推測するしかありませんが、
一つだけ確実に言えることとして、

「モチベーションがなくなってしまった」

というのは揺るぎない事実だと思います。

アフィリエイトは全くリスクのないビジネスだからこそ、
モチベーションさえあれば続けられるものだからです。

では、仮に彼らが本当に稼いでいたとするなら、
どうしてモチベーションが続かなかったのでしょうか。

まあ、ひとくくりにできるものではないと思いますが、
その中の一定数は確実に

「やっていて面白くなかったから」

だと思います。

もちろん、稼げなくなったからやめたという人も多いと思いますが、
仮に稼ぎ続けられていたにも関わらずやめたというなら、
それはもう「詰まらなかったから」以外には考えられないわけです。

そして、私としてはその面白さの大部分を占めるのは、
実際に情報を発信していく中で出会い、関わっていく、
ブログの訪問者さんやメルマガ読者さんとの

「コミュニケーション」

にあると考えてます。

自分の情報を受け取り、レスポンスをしてくれる
読者さんとのやり取りや、彼らの変化こそが、
情報発信の「醍醐味」にあたる部分だと思うからです。

ただ、それはあくまでも

「価値観などを共感、共有できる読者さん」

などに限った話であって、その反対に、
全く価値観の合わないような方と接していると、
少なからず精神的に疲弊
してしまうことになります。

そして、私としては、長期的に見たときに、
それがものすごい損失だと思えてしまうのです。

そういった「合わない人」と接することよって、
モチベーションが低下し、作業を止めてしまった場合、
継続さえしていれば得られたであろう利益を
取り逃がしてしまうことになるからです。

ですが、「実績」などで興味を抱き、
集まってきたような人たちの中には、
少なからず、そのような「合わない人」がいます。

対して、実績などをアピールすることなく、
純粋に私の発信する情報や私の価値観に対し、
共感を覚え、寄ってきてくれるような人は、

「長期的に良好な関係を続けていける」

というメリットがあります。

何より、そういう人たちとコミュニケーションをとることは、
私としてもモチベーションの向上につながるところがあり、
私としてはそれが非常に「大きい」と考えているのです。

要するに長期的な活動を続けていく上では、
何よりも「モチベーションの継続」が重要であり、
下手に実績などをアピールしていく方針をとると、
その観点からマイナスになってしまう可能性があるわけです。

信頼を作るために最も重要な要素

そして、ここまでお話ししてきたように、
実績というのは信頼につながるものではなく、
あくまでも「興味」を引き出す要素の1つでしかありません。

ただ、アフィリエイトで成果を上げていくためには、
情報発信者としてのブランディング(信頼)が不可欠です。

人は信頼している人からしか高額な商品を購入しないからです。

では、実績で信頼を引き出せないとするなら、
何で信頼を勝ち取っていけばいいのでしょうか。

その答えはいうまでもなく「情報の質」です。

有益な情報、ためになる情報を提供していってこそ、
読者は信頼を寄せてくれるようになるのです。

結局のところ、それ以上に重要なポイントはありません。

情報の質こそが最も重要。

最も大事なのはノウハウや情報の質であり、
しっかりと価値を感じられる情報を届けていけば、
おのずと信頼されていくことになります。

「この人の情報はいつもためになる」

「この人の情報は自分にとって有益だ」

そう感じさせることができれば、
実績の有無などほとんど気にされることもなく、
確固たる信頼を寄せられていくことになるのです。

それを継続していけば、実績などなくても、
アフィリエイトで商品を成約できるようになります。

つまり、アフィリエイターとして最も大事な、
信頼を勝ち取れるものは「情報の質」であり、
そこを意識的に徹底していくようにすれば、
アフィリエイトでは成果を上げられるということです。

実績が無ければアフィリエイトでは稼げないのか。 まとめ

実績というのはあくまでも「興味」を引くための
1つの要素でしかなく、興味を引く方法であれば、
他にもいくらでもあるというのが実際のところです。

その辺りはコピーライティングの分野なので、
ここで深く言及するようなことはありませんでしたが、
少なくとも「実績」については、

「実績が信頼に繋がることはほぼ無い」

ということが言えます。

実績などいくらでも捏造できてしまう上に、
ほぼ全ての消費者もそのことを
当然の認識として持っているからです。

その上でアフィリエイトで成果を上げるには、
何よりも「信頼」を勝ち取っていく必要があり、
その信頼を生むための最も重要なポイントは、

「情報の質」

に他なりません。

高額な商品になればなるほど、消費者は
信頼している人から商品を購入するためです。

いかに読者にとってためになる情報を届けられるか。

ここが信頼されるかどうかの分かれ目になるということです。

そしてこの分野については以下の講義などとともに、
コピーライティングの記事などで詳しく話していますので
併せて参考にしていただければと思います。

コピーライティング講座一覧

オリジナリティのある記事の書き方、情報発信の方法について(オススメ)

コンテンツ一覧に戻る