鳴海です。

ネットビジネスには色々な手法、ノウハウがありますが、それぞれに必要とするスキルや成果を出すまでに要する期間、稼げる金額の伸びしろなどが異なります。

例えば、より大きな結果を出せるようなものから、そこまで大きな金額は稼げないものの、求められるスキルのレベルもそこまで高くはないため、比較的、「楽」に成果を出せるようなもの。

成果が出るまでに少し時間はかかってしまうものの、仕組みを作れば収益を自動化させられるものや、即金性はあるが労働収入型のため、作業を止めると収入が止まってしまうもの。

このように一言でネットビジネスといっても、手法やノウハウによって色々な特徴や強み、反対に弱点などがあるわけです。

このブログでは主に情報発信力などを前提とした、「個人が最も楽に大きな金額を稼げる手法」としてDRMアフィリエイトをお伝えしています。

実際に月収100万円とかそれ以上を稼いでいるような個人のアフィリエイターはほぼ全員がDRMアフィリエイトに取り組んでいますし、逆に言えばDRMアフィリエイト以外でそれくらいの金額を稼ぐことは非常に難しいわけです。

ただ、今日はそれとは少し観点をずらして、「初心者が最も早く稼げるネットビジネスとは何か」というテーマでお話ししてみたいと思います。

あくまでも稼げる金額の大きさなどに重きを置くのではなく「最も早く稼げる」というところにフォーカスをしてお話をしてして見ようと思うわけです。

初心者が最も早く稼げるネットビジネスとは何か

まず率直な結論から言うと、ネットビジネスで最も早い段階から「成果」を上げられるビジネスモデルとしては、

・せどり転売
・ライティング(外注ライター)
・PPCアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト
・アダルトアフィリエイト
・ユーチューブアドセンス

これらなどは比較的、早い段階から成果を出していくことができるものと言えます。

要するに、稼げる金額の大小などは横に置いて、「早く稼げる」と言うなら上記の手法がそれにあたるものだと思うわけです。

例えば転売であれば、すでに持っているものをヤフオクなどで売れば、ひとまずはそれで稼ぐことができてしまうため、早ければ1週間以内に数万円から数十万円くらいは稼げます。

また、クラウドソーシングなどでライティングの仕事を受注すれば、今日その日からでも収入を得ることができますし、同様にPPCアフィリエイトも広告を出すことが前提の手法なため、広告出稿のためのちょっとした手続きさえ終えれば、即日で報酬を獲得することが可能です。

それ以外のアフィリエイト手法になると、もう少し成果が出るまでに時間がかかりますが、それでもPPCアフィリエイトや、トレンドアフィリエイト、アダルトアフィリエイト、ユーチューブアフィリエイトなどは1ヶ月以内に報酬を発生させることも難しくはありません。

なので、「最も早く稼ぎたい」と言うのであれば、ここであげたようなビジネスに取り組めばいいかと思います。

短期的に稼げる手法の落とし穴

ただ、ハッキリ言って、ここに依存することはあまりオススメしません。

その理由としては、稼げる金額の上限に比較的、早い段階でぶつかることになるからです。

もちろん、人によっては月々10万から30万円程度のサラリーマンほどの収入でよければ、そういった手法を続けていけばいいのかもしれません。

ですが、月収100万円とか、1000万円とかを手にしたいのであれば、おそらくそういった手法では、その願望を叶えることは非常に難しいと言えます。

例えば、DRMアフィリエイトのように、収益が生まれる流れを「仕組み化」させていくことができないためです。

短期的かつ大きく稼いでいくための建設的な手段

なので、先ほど挙げた手法のいずれかを選び、さっさと稼いで実績を作ってしまった上で、その実績をもとにDRMアフィリエイトなどをやっていくことが、一つの流れとしては建設的だと思います。

要するに、ゆくゆくはDRMアフィリエイトなどに方向転換していく前提で、その実績づくりやノウハウの蓄積のために、短期的に稼げる手法を実践していくことが一つの流れとしては有効だと考えられるわけです。

また、これは補足になりますが、私はYouTubeアフィリエイト(アドセンス)に依存することも危険だと見ています。

なぜなら、YouTubeビジネスはあくまでも、「YouTube側の設定や規約に依存している」ため、自分の投稿した動画や、コツコツと作り上げていったチャンネルがいつどうなってしまうかもわからないからです。

最近でも某有名ユーチューバーのチャンネルが突然削除されてしまったりと、YouTube側のさじ加減一つでどうにでもなってしまうビジネスモデルは非常に危険だと思うわけです。

では、どうするのが一番安全だといえるのでしょうか。

もちろん、そこに絶対的な答えはないと思いますし、100%安全と言えるものがあるとも思っていません。

ただ、現時点で最もその確実性が高いのは、「リスト(メルアド)を蓄積していくこと」だと私は考えています。

リストをデータとして保存さえしておけば、自分の育てたメディア(ブログや動画チャンネルなど)が何かの不手際や事故で消えるようなことがあっても、すぐにでも顧客にアプローチし、利益を生み出していくことができるためです。

いつ何があっても、今日その日から稼げるビジネスモデルは何か。

そう聞かれたなら間違いなく、DRMを前提とした「リストビジネス」だと私は答えます。

そのくらい、リストを増やしていくこと、蓄積していくことというのは、ビジネスに大きな利益をもたらし、また、「安定性」をもたらしてくれるものだということです。

そういった理由から私は、ネットビジネスの中でもDRMアフィリエイトをお勧めしているのです。

とはいえ、先ほどもお伝えしたように、「最も早く稼げるビジネス」としては、

・せどり転売
・ライティング(外注ライター)
・PPCアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト
・アダルトアフィリエイト
・ユーチューブアドセンス

これらの手法の方に優位性があり、DRMアフィリエイトの場合、「リストを増やしていくこと」が前提の手法となってしまうため、どうしても収益化までに2〜3ヶ月くらいは必要になってしまいます。

だからこそ、短期的にキャッシュが必要ということであれば、「短期的に稼げる手法」に特化して進めていくか、もしくは「DRMアフィリエイト」と同時並行で進めていくか。

どちらかをお勧めします。

対して、キャッシュ化までに2〜3ヶ月ほどかかっても「より大きな金額をより早く稼ぐ」方を優先したければ、最初からDRMアフィリエイト一本で進めていっても問題ありません。

そういった点なども含めて、どういうビジネスモデルを選択し、実践していくかが重要なポイントになってくるわけです。

要するに、

■最短で稼ぐ事(即金)を優先
→短期的に稼げる手法一本で取り組む

■短期間で稼ぐことと大きく稼ぐことを両立
→短期的に稼げる手法とDRMアフィリエイトを両立

■より大きな金額を最短で稼ぐ事を優先
→DRMアフィリエイト一本

このような判断基準で選んでいけばいいという事です。

ぜひ、参考にしてみてください。

コンテンツ一覧はこちら