鳴海です。

今日はタイトルに書いた通り、ネットビジネスジャンルでの魅力的な特典の作り方について解説していきます。

情報商材のような特典付きでアフィリエイトできる商品の場合、大抵のアフィリエイターは独自の特典をつけていますし、購入者側もその状況を当然のように認識しているため、最終的には魅力的な特典をつけているアフィリエイターから情報商材が売れていくものです。

逆に言えば、魅力的な特典を作れていないアフィリエイターの場合、どんなに力を入れて情報商材をアピールしたとしても、そのアフィリエイターから購入してもらえる可能性は、激減してしまうことになります。

それこそ、そのアフィリエイター経由で、特定の情報商材への購買意欲を引き出せたにも関わらず、別の魅力的な特典をつけているアフィリエイターに見込み客を奪われてしまうことになるのです。

そんな状況を避けた上で、確実に自分経由で情報商材を購入してもらうためにも、魅力的な特典を作ることは欠かせません。

では、魅力的な特典をつくるにはどうすればいいのか。ここからはその方法を具体的に解説していきます。

ネットビジネスジャンルでの魅力的なアフィリエイト特典の作り方

まず、ネットビジネスジャンルで特典を作ることを考えていく際は、下記の2つの視点がポイントになります。

1、情報商材のノウハウを強化できるもの(プラスポイントの付加)

2、情報商材の欠点を補えるもの(マイナスポイントの解消)

このどちらかか、もしくは両方を満たした特典を作ることにより、情報商材をアフィリエイトした際の成約率を上げることができます。

(特典は特典1、特典2、という形で複数個アピールしていくこともできますので、魅力的な特典は多ければ多いほど反応を高めることができます。)

その上で、上記それぞれの方向性について詳細を解説していきます。

情報商材のノウハウを強化できるもの

自分自身がアフィリエイトしていく情報商材のノウハウにプラスすることで、さらに大きな結果を望めるような情報をまとめて特典にしていくというのがこちらの方針です。

特定の分野の情報商材をいくつか読んでいれば、様々なノウハウもインプットできると思いますし、自分自身での実践経験なども蓄積されていけば、情報商材を目にした時に「こうすればもっと良くなるんじゃないか」と思えるポイントは少なからず出てくると思います。

そんな「こうすればもっと良くなるんじゃなうか」と思えるポイントを特典として打ち出していくのが、「情報商材のノウハウを強化できる特典」に当たると言うことです。

例えば、SEO集客をメインにしている情報商材の特典であれば、「集客効果をさらに高めるためにキーワード選定でもう少し踏みこめるポイントがあったので、そのノウハウを図解入りで解説したものを特典にしました」というイメージです。

もう一つ例を挙げると、トレンドアフィリエイト系の教材であれば、「この情報商材では検索エンジン経由のアクセスを主に狙っているノウハウですが、ほんの一手間かけてツイッターと連動させることで、相乗効果で大きな収益性を狙える手法があるので、それを特典にしました」というようなイメージです。

このように、自分自身が紹介した情報商材のノウハウに対して、さらに大きな結果を望める情報をプラスした特典を作るというのが一つの方向性になります。

対して、もう一つの特典作成の方向性は「マイナスポイントを解消できるもの」になりますが、その詳細を解説します。

情報商材の欠点を補えるもの(マイナスポイントの解消)

情報商材のなかで「わかりにくい」「具体性に乏しい」「この部分が勿体無い」といった、いわゆる『欠点』と思えるようなポイントがあったなら、あえてそのポイントを事前に取り上げた上で、特典で「その欠点を補える特典をつけたので安心して購入してください」とアピールしていくことができます。

人間心理としても、最初に欠点を伝えらえることで、「誠実性」を感じられるため、そのアフィリエイターへの信頼感が増しますし、その上で、その欠点を解消できる特典を提供してくれるというのなら、そのアフィリエイターが推奨する情報商材を購入する可能性も高くなります。

そのため、特定の情報商材の魅力を一通りアピールした後に「ですが、唯一欠点と思えるポイントがありました。それは●●です。そこで、そのポイントを解消できる特典を作りましたので、私経由で購入いただいた場合は提供します」という形で情報商材の購入を促していくわけです。

そもそも欠点だらけで魅力のない情報商材を紹介することはアフィリエイターとしての信用を落としてしまうため、避けるべきですが、全体としては推奨できるものの、欠点と思えるようなポイントが見受けられた場合には、このような「マイナスポイントを解消できる特典」を作り、アピールしていくようにしていくと、成約率を向上させることができます。

特典のコンテンツ内容の作り方

また、いざ特典コンテンツを作成していく際には、何らかの情報(ノウハウ)をテキストや音声、動画でコンテンツとして落とし込んでいく必要がありますが、それらは今現在の頭の中にある情報をアウトプットするか、もしくは、これから新しくインプットしていくしかありません。

そこで、すでに情報を持っているなら、それを自分なりの言葉でまとめていけば問題ないですが、これからインプットしていくという場合は書籍や情報商材、無料レポートやネット検索で得られる情報を対象に、知識を吸収していく必要があります。

その上で、最も有効な情報源となる可能性が高いものは、実際に数万円単位の価格帯で販売されている情報商材であり、そこから有益なノウハウや情報などを手にしたなら、それを自分の言葉でアウトプットしてコンテンツにしていくことには何の問題もありません。

ノウハウや情報といったものには著作権が存在せず、著作権はあくまでも「文章」や「映像」などに付随するものだからです。

例えば料理本から料理のレシピを学んだ時に、そのレシピ本の言葉や写真をそのまま転載するのは著作権違反になりますが、そのレシピを自分なりの言葉で解説していくことには何の問題もないということです。

そのため、過去に購入した情報商材などがあるなら、そこから得たノウハウや情報のうち、自分自身が有益に感じられるものを特典コンテンツにしていくと、特典の作成がはかどると思います。

そのほか、現在の知識で特典を作るだけの情報量がないと感じるなら、書籍や無料レポート、ネット検索などで得られる情報をインプットして、それをまとめていけば問題ありません。

ネットビジネスジャンルでの魅力的なアフィリエイト特典の作り方 まとめ

以上、アフィリエイト特典の作り方について、2種類の方向性とともに、特典コンテンツの情報源についても補足でお伝えしました。

自分自身が推奨する情報商材を強化できるノウハウ(より大きな結果につながるノウハウ)がないか。

また、その情報商材に欠点があるなら、それを解消できるノウハウ(情報)がないか。

そんな視点から特典を企画していくと、より購入率を高められるような魅力的な特典を作成していけるはずです。

その際、特典コンテンツの情報源としては、購入した情報商材や書籍、無料レポートやネット検索などでヒットした情報など、色々なルートがありますので、現在の持ち合わせの知識で足りない情報があるなら、そういったところからインプットしていけば問題ありません。

そして、インプットした情報を、自分自身の言葉で伝えていけば、特典を作っていくことは簡単になるんじゃないかと思います。

補足ですが、一番簡単なコンテンツ作成法は、テキストで学んだ情報を動画にする、動画で学んだ情報をテキストにする、など、コンテンツ形式を変えたものを作ることです。それだけでオリジナルコンテンツになるので、ぜひ試してみてください。

参考になれば幸いです。

コンテンツ一覧に戻る