今回は

「コピーライターになる方法」

についてお伝えさせて頂きたいと思います。

一応、この記事における前提として、
当ブログではセールスタイプのコピーをテーマに扱い、
その為のスキルやテクニックを解説している為、
ここでいう「コピーライター」とは

商品やサービスの成約を目的とする
ダイレクトレスポンス型のコピーライター

のことを指します。

いわゆるウェブサイト上の「販売ページ」や
俗に言う「セールスレター」を手がける
セールスを目的としたコピーを書くライターのことですね。

それを踏まえた上での

「コピーライターになる方法」

ですのでその点はご理解頂ければと思います。

スポンサードリンク


ネットビジネスでコピーライターになる方法

まずは、そもそもの話になりますが、
インターネットという市場でコピーライター業を営むにあたり
その為の「資格」というものは特にございません。

ですので、いわば誰でも参入することが可能であり
売れるコピーを書けるだけの「実力」さえ伴えば
身を立てていくことができる職業だといえます。

しかし、売れるコピーを書く「実力」を持っていたとしても
そのコピーを必要としてくれる人(会社)がいなければ
実際に収入を生んでいくことは叶いませんので
「売れるコピーを書くスキル」を身につけた上で

「仕事(クライアント)」

を見つけていく必要があるわけです。

逆説的に言えば、コピーのスキルを前提とした上で

「仕事(クライアント)の取り方」

さえ理解し、それを実践することができれば
コピーライティング業を軌道に乗せることができます。

どうやってコピーライターとして仕事(クライアント)を取るのか

まず、コピーライターとして仕事を取っていく上で
何よりも考慮しなければならないことは

「自らを一つの商品サービスとして売り込んでいく」

ということです。

何故なら、業者がコピーライターを採用していく上では
その業者の商品サービスはもとより
そのライターが自分自身を上手く売り込めるかどうかも
その採用基準の一つとして決して小さくないウェートを占めるからです。

残念ながら、自分自身さえ的確に売り込めないようなコピーライターでは
他の商品やサービスを売ることは到底できないと判断されてしまいます。

故に、コピーライターとしてクライアントの獲得を試みる上では
まずは自分自身を売り込めるようにならなければいけません。

その為には、自分自身が市場に提供できる価値を理解した上で、
次にその価値を求める人の事を理解する必要があります。

それこそ、コピーライティングでいう

「ターゲットのリサーチ」

が必要になるわけです。

当然ですがコピーライターとして提供していく価値は

「売れるコピーを納品する」

ということであり、そのターゲットは必然的に

「ネットで商品を売りたい人、もしくは会社」

になるわけです。

ただ、それではまだ漠然としていますので
もう少し細かくターゲットを絞る必要があります。

もちろん、あなたがどのような市場における
どのような業者(会社)のコピーを書きたいかによっても
その傾向は変わってくるものですが、

少なくとも言えることとして、

「業者は腕の良いコピーライターを探している」

ということです。

ですから当然業者に対して自分を売り込んでいく上では
ここを重点的にアピールしていくべきであり、
そこから外れたことをアピールしたところで
それは基本的には無意味なことになります。

むしろ無意味なアピールを積み重ねていくほど
それはマイナス印象を与えていくものですので
そのようなことはやるべきではありません。

例えば、その「無意味なアピール」として
最も犯しがちな間違いは

「私は仕事をもらえれば一生懸命がんばります」

というようなものでしょうか。

仕事をすると決めたなら一生懸命やるのが「当然」であり
クライアントが求めているのはその先にある「結果」です。

ですので、そのような「当然」のことをアピールするほど
自らのレベルの低さを露呈するようなものですので
それは極力控えるべきだと私は思います。

では、どのようなことをアピールしていけばいいのかというと、
それこそクライアント候補が最も興味関心のある、

「どのようなコピーを書くのか(つもりなのか)」

という部分に焦点を合わせるべきです。

例えば、クライアント候補が販促している
既存商品の販売ページ(セールスレター)を一通り観察、分析した上で

「具体的な既存販売ページの課題と修正案」

などを提案していくことは特に好まれます。

何故なら、クライアント候補にとってもそのライターの実力を分析できる上に、
「無料のアドバイス」という付加価値まで手にすることができるからです。

つまり、コピーライターとして仕事を取りたいのであれば
ターゲット(クライアント候補)が望んでいることを適切に捉えた上で
彼らが望むことに沿ったアピールをしていく必要があるということです。

ただ、より仕事を取りやすくする上では
上記の方法以上にその成功確率を高められる

「コツ」

というものがないわけではありません。

それは、「完全歩合制」で仕事を請け負う、ということです。

つまり、コピーライターとしてコピー(広告)を製作した際に、
実際にその広告から商品サービスの成約が発生した時のみ
その成約数に応じたインセンティブ(成果報酬)を受け取っていくわけです。

この方法であればクライアント側もコピーライターに仕事を任せやすくなります。

何故なら、先立つリスクが全くないからです。

この方法も先ほど挙げたクライアント候補となる業者の
その心理心情を汲み取った合理的な策だと思います。

やはり業者がコピーライターと雇う上で最も気がかり、心配になることは

「このライターは売れるコピーを書いてくれるのか」

という点に集約されますので、この心理的抵抗を払拭できる提案こそが
最も喜ばれ、受け入れやすくなる提案であることは間違いありません。

以上がクライアントの取り方のポイントです。

ただ、ここまでお話してきたことは

「クライアント候補にアプローチしていく際のポイント」

になりますので、実際には「クライアント候補」を”選別”していくことも
コピーライターとして成功を収める上では一つの重要なポイントとなります。

何故なら、参入するジャンルや扱う商品サービスによって、
結果の出しやすさ(でやすさ)なども変わってくるものだからです。

スポンサードリンク


コピーライターになる為の「クライアント候補の絞り込み方」とは・・・?

ここまではクライアント候補に対して
アプローチを仕掛けていく際のポイントをお話してきました。

ここからは、それに先立つ、

「クライアント候補の絞り込み方」

について解説をしていきたいと思います。

まず、端的に、クライアント候補を絞り込む際のポイントを挙げると

・販売ページ(セールスレター)に改善の余地がある業者
・自分自身がコピーを手がけたいと思える商品サービスを扱っている業者

主にこの二点を基準に考慮していくことが基本となります。

先にお伝えした通り、コピーライターが新規クライアントを取っていく上では
基本的に「既存商品の販売ページ」における改善提案が無難であり
業者自らコピーライターを募集してでもいない限り、
いきなり新商品のコピーを任せてくれる業者はそういません。

何故なら、業者としてもリスクが高すぎるからです。

ですので、新規クライアントを見つけていく上では
現在の販売ページの「改善案」を提案していくことが
契約を取る上での一つのコツであり、その為にも、
ライター目線で見て販売ページに改善の余地があるかどうかは
実際に候補を絞り込んでいく上での一つのポイントだといえます。

「今以上のコピー」をクライアントに提供できないのであれば
それはお互いのためになる余地が”無い”からです。

また、クライアント候補が扱っている商品サービスが
自分自身がコピーを書いてみたいジャンルかどうかという事も
一つの判断基準にしていくといいと思います。

何故なら、コピーライターとして生計を立てていく上では
自分自身の得意ジャンルを一つないし二つ持っておくことで
他のライターとの差別化にも繋がっていくからであり、

その得意ジャンルを作り上げていく為にはやはり
そのジャンルを情熱的、意欲的に深く学べるかどうかが重要であり、
それ故にそのジャンルへの興味関心の有無が
一つの判断基準、ポイントになり得るからです。

以上2点、

・販売ページ(セールスレター)に改善の余地がある業者
・自分自身がコピーを手がけたいと思える商品サービスを扱っている業者

を基準にクライアント候補を選別しながら
最終的には10社ほどに絞り込んでいくといいと思います。

ただ、より現実的なことを言えば、

「販売ページに改善の余地がある業者」

はそれこそ数え切れないほどいますので
まずは最初に自分が挑戦したいジャンルを絞り
そのジャンルの中から候補を見つけていくといいです。

この流れ、プロセスでクライアント候補を絞り込みつつ
先ほど示したクライアントへのアプローチの仕方が

「クライアント獲得への最短ルート」

になるかと思いますので是非参考にしてみてください。

それから最後になりますが、
基本的には「断られてナンボ」です。

数をこなすごとに要領が掴めるようになるものですので、
その点は割り切ってアプローチをしていってみてください。

アプローチの方法はメールなどで大丈夫です。

販売者のサイトなどから連絡先を探し出し
その連絡先宛てにメールを出していく事が基本となります。

もちろんその際の相手の都合、状況により結果は変わってきますが、
必ず一定の割合で返事が来ることになるはずです。

あとはそこからの意思疎通の積み重ねで信頼関係を築いていく・・・
というのが流れになります。

以上がクライアントの取り方です。

スポンサードリンク