鳴海です。

せどり転売において、「カメラ」を海外から仕入れて国内で転売していくというノウハウは児玉歩さんをはじめとした、様々な人が高額塾などでやり方を教えているため、すでに広く知られている手法だと思います。

今日はそんな「カメラ転売」に特化したこちらの情報商材を取り上げてみます。

カメラ転売道α

https://take.kameratenbai.net/

販売者:Linxac株式会社

カメラ転売道αは稼げるのか?レビュー。

まず、これはそもそもの話ですが、カメラ転売がせどり関連の情報商材や高額塾で推奨されている理由として「利益率が高いこと」が挙げられます。

カメラは単価が数万円と、比較的、高額で売れていく傾向にあり、特に海外と日本との間の価格差が大きいため、安く仕入れて高く売ることができるアイテムの1つです。

また、市場規模も大きく、出品してからすぐに売れていくため、資金回収を早くできるというメリットもあります。

せどり転売で安定的に利益を出していくためには、

1、利益を出せる商品を探し出す

2、その商品を仕入れる

3、仕入れた商品を販売する

という3つの壁がありますが、最初と最後の「利益を出せる商品を探し出す」ことと、「仕入れた商品を販売する」ということが比較的、簡単にできてしまうため、カメラ転売は稼ぎやすいと言えるのです。

ただ、カメラ転売のノウハウというのは、ネットで検索しても無料でかなり詳しいサイトがいくらでもヒットしますから、あえて情報商材という形でノウハウを購入するのであれば、無料では得られない価値あるノウハウでなければならない、というのがアフィリエイターとしての私の見解です。

お金を出して買った情報が無料でも手に入るレベルのものなら、そのまま検索してしまえばいい話で、あえて購入するメリットはないに等しいですからね。

ですので、カメラ転売系の情報商材の良し悪しをみていく上では、そこで提唱されているノウハウの独自性と、それを踏まえた上での優位性などを重点的にみていく必要があります。

その上で、このカメラ転売道αに関しては、あえて購入するほどの価値はないというのが私の率直な結論です。

その理由は他でもなく、特段、このノウハウならではなの独自性と言えるようなポイントがなく、普通にネット検索や書店で売られているせどり転売関連の書籍を当たれば得られる情報くらいしか、解説されていないためです。

ただ、そういったネット上の情報や書籍で得られる情報よりも、丁寧に解説されているというのは確かですので、そういったポイントは購入者目線で「ありがたい」と思えるポイントだと思います。

とはいえ、このカメラ転売道αの価格は16800円と高額ですので、その値段分の価値があるのかというと、ちょっと微妙だと思います。

それなら普通に、せどり転売系の売れ筋書籍を5〜8冊くらい購入した方が、得られる情報の質も量も多いと思うからです。

いっても、特段、特別なノウハウを教えてくれるわけではない教材ですので、書籍などを読んでいけばいくらでも同様の情報を手に入れることができてしまうわけです。

ですので、内容は丁寧に書かれているものの、強いておすすめするほどではないかなと思ったわけですね。

さらにいえば、このノウハウは基本的に、最低限、カメラの知識や仕入れの際の目利きが必要となりますし、私的にはその辺が非常に手間に感じてしまいます。

あと、そもそもの話ですが、カメラ転売というのは稼げるジャンルの1つですが、私はこのノウハウよりもさらに効率的に稼げるせどり関連のノウハウを知っているというのも、おすすめする気にはなれない理由の一つです。

そのノウハウは「CDアルバム」のせどりなのですが、その中でも、「プレミア価格」のついたCDを仕入れて販売していくことに特化したものとなっています。

プレミア価格というのは、特定の商品の販売価格が発売当初よりも高くなっていることを指すのですが、CDの場合、おおよその相場観というのは、シングルCDであれば1000円ほど、アルバムなら3000〜5000円ほどと、相場が決まっているため、『プレミア価格がついてる商品を見つけやすい』といったメリットがあります。

つまり、価格だけを見ていけば、プレミア価格がついているかどうかは一目瞭然なので、カメラ転売のように目利きなども必要ありません。

例えば、1万円以上で売られているCDがあれば、それはほぼ確実にプレミア価格と分かるわけです。

そして、そういったプレミア価格がついてるCDも、ヤフオクやアマゾンで価格検索などすれば普通に見つけることができます。

その上で、プレミアCDのせどり転売であれば、

1、現在プレミア価格がついているCDを探す

2、過去にいくらのプレミア価格で売れたか調べる

3、現在のプレミア価格よりも高額で売れそうなら仕入れる(買い占める)

4、過去の最高購入額で販売していく

この一連の流れで稼ぐことができますので、ものすごく、やりやすいというか、極端な話、小難しい知識など一切抜きにして、今日からでも始めることができます。

なので、あえてせどり転売に取り組みたいというのであれば、CDのせどりをおすすめします。

詳細を知りたければ。こちらを読んでみてください。(一応、飛び先はセールスレターですが、その中で稼ぎ方のロジックが『全て』書かれている極めて珍しい構成になっています。)

鳴海のおすすめせどり転売ノウハウ

こっちを読んでもらえれば、普通に「あ、カメラ転売よりもCD転売の方がいいや」って思ってもらえると思います。

参考にしてみてください。

>コンテンツ一覧に戻る