今は組織や会社を作らなくても、ネットを使えば誰もが個人レベルで億単位の資産を築くことができる時代。

しかし、当然ながら世の中に『何もしなくても(できなくても)稼げる』という甘い話はないわけで、結果を出すためには、相応の『スキル』が欠かせません。

ここではネットビジネスで億単位のお金を稼ぐために必要なスキルに焦点をあてて解説していきます。

ネットビジネスで億単位の資産を築くためのスキル

ネットビジネスで稼ぐために必要なスキルは以下の2つです。

・DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

・コピーライティング

また、任意で以下の2つのスキルもあるに越したことはありません。

・セールス(通話・対話でのセールス)

・スピーキング(動画・ライブ・セミナーでの講演)

最初の2つのスキルが、ほぼ『必須』とするなら、次の2つのスキルは『さらに収入を加速させるもの』という位置付けになります。以下でそれぞれのスキルを順番に見ていきましょう。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

DRMとは『ダイレクト・レスポンス』と『マーケティング』の2つを組み合わせた言葉ですので、それぞれの用語を順番に定義します。

まず『ダイレクト・レスポンス』とは、見込み客や顧客から、直接的な行動を促すことを意味します。

コメントをもらう、感想を書いてもらう、相談してもらう、メールアドレスを登録してもらう、指定した記事を読んでもらう、商品を買ってもらう、などです。

その積み重ねで、見込み客や顧客との繋がりを深め、最終的には商品やサービスの購入に結びつけていきます。

次に『マーケティング』という言葉ですが、これは『売上を最大化するための施策の全て』を指します。

いかに商品を購入してもらうか、そして、継続的に購入し続けてもらうのか。さらには売上や利益を最大化するために、より高額の商品を買ってもらうにはどうすればいいのか。そういったことを考え、実行していくことをマーケティングと言います。

ですので、『DRM』とは、見込み客や顧客から直接的な反応を引き出しながら、売上を最大化していくための施策のことです。

ネットビジネスでは、見込み客から問い合わせをもらったり、直接的なやりとりが行いやすい環境でビジネスを展開できるため、ダイレクトレスポンスマーケティングは必須のスキルと言えます。

特に、大企業に比べて資金力の乏しい個人事業では、見込み客からすぐさま行動を引き出せる『DRM』は強力なマーケティング手法です。

コピーライティング

コピーライティングとは、文章で読み手から行動を引き出していくためのスキルです。

『DRM』は売上を最大化するための施策を考え、実行していくこととお伝えしましたが、見込み客を動かすためには『言葉』で情報を伝え、行動を促していくことが欠かせません。

「クリックしてください」「今すぐ読んでください」「購入してください」などの行動を言葉で促すことによって、見込み客は具体的なアクションを起こすためです。

そしてネットは『文章』がメインのメディアと言えます。今こうしてあなたが目にしているのも『文章』ですし、検索エンジンにヒットするサイトにも、必ず文章が書かれているはずです。つまり、ネット上の『言葉』の大半は、文章によって構成されているのです。

そのため、文章を使って読み手を動かしていくコピーライティングのスキルは不可欠と言えます。コピーライティングを極めていけば、億単位の金額を稼ぐことも可能です。

コピーライティングには原理原則があるので、それを学び、訓練していくことでスキルが磨かれていきます。

コピーライティングに関する記事はこちらに書いてますので参考にしてみてください。

コピーライティングと学習曲線

億を稼ぐメンターに学んだピーライティング力向上法

コピーライティング力を向上させる方法

「コピーライティング」は人を騙す為の文章術なのか

コピーライティングスキルの基礎

コピーライティングの勉強方法

コピーライティングのビジネスモデル

セールス(通話・対面でのセールス)

セールスは商品やサービスを販売して、キャッシュを手にするためのスキルです。オフラインビジネスでは必須スキルですが、ネットビジネスの場合、コピーライティングで商品を販売できるので、必須とまでは言えません。

ですが、ネットビジネスでも、コンサルティングサービスなど高額商品を販売するときには、スカイプなどで通話してクロージングすることもできます。

また、ネット経由でセミナーやライブ動画に誘導して、クロージングするときにもセールススキルは必要となりますので、備えておくに越したことはないスキルです。

セールスもコピーライティング同様、原理原則があるので、相手の心を動かす言葉の使い方を学ぶことで、スキルを磨くことができます。

スピーキング(動画・ライブ・セミナーでの講演)

スピーキングは動画やライブなどで見込み客や顧客に対して『話して情報を伝えるスキル』です。

ネットビジネスを展開していく上では、セミナーやネットライブを行うことも選択肢の1つとして存在します。この場合、実際に顧客と会うことで、より関係性を深めることができたり、コンテンツに比べて高額で販売できるというメリットがあります。

また、大規模なセミナーなどを開くことができれば、1回のセミナーで数千万円を売上たり、セミナーでの商品販売で数億円単位の売上を作ることも可能です。

1つ1億円のスキル

ここまでお伝えしてきた4つのスキル『DRM』『コピーライティング』『セールス』『スピーキング』は、1つ1億円のスキルと言われています。

要するに、1つのスキルをマスターするごとに、億単位の金額を稼げる力を秘めているということです。とは言え、ネットビジネスで成果を出したいなら、まずは『DRM』と『コピーライティング』に特化して身につけていくことをおすすめします。

DRMとコピーライティングについて学びたい方は、私のブログ記事にもいくつかありますが、1から体系的に学べるメルマガ講座の方にも登録していただければと思います。