どうすれば普段の生活のなかで、
コピーライティング力は向上させることができるのか

強いて机に向かって勉強しなくても
日常生活から学ぶことができるようになれば
コピーライティングの実力は飛躍的に向上していきます。

突然ですが、クロード・ホプキンスという偉大なコピーライターは
コピーライティング力は文章のセールスといっています。

トップセールスマンのトークを文章に落とし込んだものが
売れるセールスレターということですね。

ですので、普段からどういう話題、言い回し、表現が
聞く人の心を動かして、行動に駆り立てるのかということを
自分が話すときや他の人が話すときから学んでいくということが
「生きた事例」として役に立ちます。

コピーライターとして読み手の心を動かし、
意図する行動をとってもらいたいなら、

日常会話でも「相手にとってもらいたい行動」を明確にして、
相手の欲をついた話題を添加しすることです。

そのためには
・強い興味を抱かせるイントロダクション
・そこに説得力、共感を生む話の組み立て方
・話に飽きさせずに定期的に強い興味を惹きつける構成
・相手に行動させたくなるための仕掛け

こういったものを意識して離していくことになります。

売れるセールスマンはこれが非常に上手です。

なんでも良いので日常であなたが興味を持って、
しっかりと話せそうなことでプレゼンしてみてください。

最初は上手くできませんが、
こういう訓練をすることで文章でも人の心を動かすことができるようになります。

やってみれば感じるかと思いますが、
いつも同じように話していてもダメなんですよね。

人によって興味関心も違うので、導入部分も相手によって工夫する必要があるかと思います。

最初のうちはプレゼンをする前に

・相手の興味関心
・最終的に相手にとってもらいたい行動
・話の構成

こういったことを紙に書きだして頭をクリアにしてから
プレゼンし始めるといいと思います。
これは私自身もやっていることです

このプレゼンを積み重ねていけば自然と
相手を引き込むことができ、あなた自身興味深い人になり
人間関係も良好になっていくはずです

ぜひこのトレーニングを日常生活で取り入れて、
相手の心を動かし、
あなたのとってもらいたい行動まで導けるようになってください。

それでは

記事一覧