読んだ人を魅了する文章をすらすらと書けるようになる

あなたをこの状態に近づいてもらうこと
それがこの記事の目的です

今回も引き続き前回のまとめから行きましょう


・文章のはじめで興味を持たせて読み手を引き込んだ後は
それ以降の文章に説得力を持たせる必要がある

・説得力のある文章を書くには裏付けが大事

・裏付けの量は常識的な範囲で聞き手が信じられるだけ必要

ということでしたね

さて

今回の記事も
あなたが更に魅力的な記事をかけるようになるために

私も全力を出させてもらいます

これを読んだ後は
まとめポイントだけでもメモして置いてくださいね

そしてそのポイントを意識しながら
手元の無駄紙に何か文章を書いてみる

本当に魅力的な文章を書きたかったら
やってみてくださいね

手元にペンがないとかであれば
スマホのメモ帳に書くとか、頭の中で書くとかでもいいですよ

定着させるために自分で文章を作ってみてください

テーマは前回の続き

説得力のある文章です

前回も
「マックでバイトする彼」
の話のところで話しましたが

説得力があるかどうかは
その話に筋が通っているかが大事だったんですよね

で、今回の話は

その筋が通っているのか
通っていないのかという
そのひとつの判断基準について話してみたいと思います

今から言うことはシンプルですがかなり強烈です。

説得力がないと思われる人は多くの場合
今から言うことができていないのです

何だと思いますか

日常会話のほうがそれをイメージしやすいかもしれません

今回も「マックでバイトの彼」を例にさせてもらいまね

自給800円のマックで働く彼は
ある日あなたにこういいました

「僕は10万円を一日で稼ぐ方法を知っているよ・・・」

そんな彼は
足がぶるぶる震えていて、手がわなわな震えていて
顔がうつむきがちで視線を合わせようとしないとします

あなたは彼の言うことを信じますか?

いや、当然信じませんよね。

今度のケースはどうですか

同じマックの彼が

「俺は一日で10万稼ぐ方法を知っている!!」

彼は仁王立ちです、そしてとても大きな声です
背筋も真っ直ぐであなたを力強く見てきます。

今度はどうでしょうか

これは若干信じれるんじゃないでしょうか

ここでひとつのポイントが見えてきます

自信が説得力を感じさせる

人は自分が正しいと思っていることや
自分の信じていることを話しているときに自信が出ます

これは誰しもに共通する道理なのではないでしょうか

逆に信じていないことや嘘をつくときには
自信がなさそうにはなします

要はひとつの道理として
人は正しいことや真実を話しているときに「自信」が生まれるんですね

そしてそれはほぼ全ての人に共通することだと思います

なので聞いている側も、その話に特に裏付けがなくても
その話を信じるか信じないかの判断において
話し方に自信を感じるほど
その話を信じやすくなる傾向にあるわけです

もちろんこれは
道理に合っているかどうかという観点で見たときのひとつの要素なので
これだけで多くの人を信じさせることは難しいでしょう

特に論理的な人ほど
そういった、言葉にならないものを信じない傾向にあります。

ただし自信がないというのは
やはり大きなマイナスなので

自信があるように見せたほうがいいのは間違いありません。

そしてこの自信を文章に応用することができるんです

自信の感じさせる文章とは

文章を読んでいても自信を感じさせる文章と
自信を感じさせない文章があります。

例えば

「おそらく、日本はこれから更に増税すると思います、、、おそらくですよ。決して保証はできませんが・・・」

どうです?まったく自信の感じない文章になりましたよね

では同じ内容を主張している次の文章はどうでしょう

「日本は間違いなくこれから更に増税する」

先ほどとは打って変わって、この主張は真実味を感じます。
明確な裏付けがあったうえで発言しているのではないかと
それを聞かされた人は思うのではないのでしょうか。

つまり、
言い切ること。

普段の日常会話で自信がある話し方。
これは文章にもそのまま使えるものなんです。

「おそらく・・」を「間違いなく」

に変えたり

「~だと思います」を「~です」

に変えるだけで説得力が出てきますよ

それでは今日のまとめです

・説得力をもたせるには自信を感じさせる

・日常会話で自信のある話し方をそのまま文章にも使える

それでは。

追伸

あなたの意見もとても興味があります
コメントかメールくださいね

楽しみにしています。