コピーライターを志したなら
その道を極めるということは
たった数週間や数ヶ月でできるものではありません。

どうすればもっと人の心に響く文章を書いていくことができるか
どうすればもっと人を動かす文章を書いていくことができるか

その二点を常に考えて、
自分が書く文章を向上させていかなくてはいけません。

それは決して平坦な道のりではないと思います。

ですが、それは何かを極めるということを考えた時に、
至って当たり前のことではないでしょうか。

ネットビジネスの世界では異常なくらい

「簡単」
「短期間」

ということが歌われますが、
これはコピーライターを志す人とは無縁の世界です。

何かを極めるということは
本来そんなに簡単なことではありません。

コピーライティングを極めるということ

何かを極めるためには
平均的であることを辞める必要があります。

普通の人よりも努力が必要なのです。

スポーツ選手もピアニストも武道家も、
一流を目指す人は小さい頃から普段の努力を継続しています。

幼い頃から周りの友人達が外で楽しそうに遊んでいるなか、
夏の暑い時も冬の寒い時も、
時には意識を失いそうになりながら、
体に痛みも伴いながら何年も練習に励んでいるスポーツ選手。

物心つくかつかないかくらいかの幼い頃から
毎日何時間もピアノの前に座って、
指が悲鳴を上げても厳しい練習を続けるピアニスト。

全身傷つき、アザだらけになりながら
何万回も何十万回も技を繰り返し自らの体を武器にしていく武道家。

何かの道を極めようとする人は
尋常では無いくらい努力しているのです。

「技術」や「職」と言われるものは
それを極めるために長い歳月と厚みを積み重ねて
鍛錬をしていくものだと思います。

コピーライティングもスキルである以上、
全く同じで、文章を書くことを生業としていくなら、
技術を向上させていくために日々文章を書き
長い年月を積み重ねていかなくてはいけません。

決して数週間や数ヶ月でできるものではないのです。

多くの人は誤解している

ですが、ネットビジネスでの成功を志して
コピーライティングスキルを向上させようと考える人の中には
もしかすると挫折してしまう人も少なからずいるのかもしれません。

その原因はおそらく、

ネットビジネスそのものを簡単だと思いすぎている

これが原因だと思います。

ネットビジネスに参入する人の多くは

・ネットビジネスなら自分にもできそう

・ネットビジネスなら簡単に自由を手に入れられそう

・ネットビジネスなら大きく稼げそう

そのように思って始める人が大半だと思います。

確かに、ネットビジネスというのは
他のあらゆる業態のビジネスよりも
利益率は高いし、初期投資は少なくていいし、リスクも少ないです。

ですが、ビジネス未経験者にとっては
たとえネットビジネスであっても決して簡単ではありません。

もちろん、クリック報酬型のアドセンス広告などもありますが、
大きく継続的に稼ごうと思った時には
狙った商品を売るべくして売っていく必要があります。

つまり、お客さんからお金を払ってもらう、「クロージング」が必要になってきます。

お客さんは払うお金以上の価値を商品に感じた時しか
お金を支払いません。

それを感じさせることは、ビジネス未経験者には
そこまで簡単なことではないはずです。

そのためには、「クロージング」のスキルを磨いていく必要があります。
それは決して明日からできるというものではないはずです。
事実、95%以上の人がネットビジネスで全く稼げないと言われています。

つまり、ネットビジネスといえども
決して簡単ではないんです。

簡単だという言葉を真に受けて
それをそのまま受け入れてしまっているのならば
大事な時間を無駄にしているかもしれません。

もう少しシビアに考えて、
お客さんからお金を払ってもらう「ビジネス」をしているという意識を高めたほうが
より結果に結びつくはずです。
(私自身、この言葉を自分に言い聞かせています)

コピーライティングを極める道のり

つまり、コピーライティングを極めるということは
何かを極めるということにおいて、
何も特別なことではありません。

極める道のりというのは
決して平坦ではなく、努力が必要だということです。

それをまず念頭に置かなければ
挫折してしまいます。

本当は1000メートル走らなければいけないのに、
50メートルでいいと思い込んでいたら、嫌になりますよね。

最初から、遠い道のりだということを認識しておくこと、
地道に積み重ねていくことを意識すること

これが長い道のりを歩んでいく上で大切な心がけです。