より詳細にわかりやすく書いた

「影響を与える文章の書き方」

はこちらを参考にしてください。

誰もが反応をしてしまうコピー(文章)とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(こちらの記事は雑記のようになっており内容がまとまっていません。)

自分が書いた文章から商品やサービスが売れていく。

もしくはメルマガ残してくれていたり
何回も大事にして読んでくれたりする。

そのような文章ほど

「人を動かせている文章」

だということができます。

そんな人を動かす文章の書き方を
簡単に解説しましたので参考にしてみてください。

どんな悩みが解決できるのか

これが一番最初に来るといいです。

どんな悩みがその商品で解決できるのかを
一番最初に伝えることで
読み手をその文章に強く引きこむことができます。

「どんな悩みが解決できるのか」のほかには、
「どんな望みを叶えることができるのか」

を伝えていくのも有効です。

この
・悩みが解決される
・望みが叶う

というのはいわゆるベネフィットですね。

ベネフットを読み手に最初に伝えてあげてください。

なぜその悩みが解決できるのか

その悩みはなぜ解決できるのでしょうか。

読み手はその「なぜ」の部分に興味を持っています。

もしくは、本当に解決できるのかを疑っています。

なので、読み手を納得させてあげることが大事です。

ここでもイメージさせる要素は強く入れてください。
なるべく具体的にわかり易い言葉で書いていくことです。

ここでその商品にまつわる

「エピソード」

などを入れるのもいいと思います。

エピソードの型

例えば、思わず人を惹きつけるエピソードで
よくありがちな展開を紹介すると、

あるところで問題が起こって、
悩んでいた人がいました。

その人は、その悩みを何をやっても解決できませんでした。

そんなときに、その商品と出会います。

その商品を使いはじめると、
なんとその悩みは解決出来ました。

そして今度は自分と同じような悩みを持っている人を
もっと助けてあげたいと思ったので
今こうして活動しているのです。

私と同じ商品を買えば
あなたも私と同じような結果が手に入る可能性が
高くなります。

商品の詳細はこちらです 

のように、まあ、
ざっくりした説明にはなりましたが、

こんな風にストーリーにしてあげると
読み手を飽きさせることなく
最後まで読ませることができます。

このような流れで伝えていくことで少しづつ
売れるセールスレターを書けるようになるということをわかってください。

読み手はここまでで、
その商品にお金を払ってもいいと思っています。

しかし実は、お客さんは、その商品がいいものだとわかっていても
自分が払うお金よりも価値が有るものが手に入ると感じていても
お金を払いたくないんです。

行動した方がいいとわかっているのに、行動したくないんです。

なので、最後にお客さんの背中を押して上げる必要があります。

それは、この機会を逃すと二度と手に入らないとか、
自分と同じような人はみんなやっているとか

そんな風に、今すぐ行動するべき重要性をわかってもらう
事が大事です

ここまでのことができれば、
人を行動させうコピーを書くことができます。

あとは、自分でコピーを書いてみて
その書いたコピーを見返して修正を重ねていくことです。

決して一回でやろうとしないことがポイントです。

成功者は何回も失敗をして
その失敗から学んでいくんです。

失敗しても全く問題ないので
どんどんドライブスルーを使ってみてください

人を行動させるための魔法の方程式

私は、人が行動するためには
次のようなステップで説明してあげるといいと思っています。

1.なぜそれをするのか

2.何をするのか

3.どうやってやるのか

4.なぜ今すぐしたほうがいいのか

 

この順番で伝えてあげることで、
「するべきこと」をただ伝えるよりも
人は格段に行動してくれるようになると思います。

まず、なぜそれをするのかというと
「どんな悩みが解決できるのか」
「どんな願望が叶えることができるのか」
この2つを相手の心を汲み取っていくためです。

そぜお客さんの心を汲み取れるかというと、
相手に行動する動機を与えるんです。

セールスの世界などでは、「動機付け」と呼ばれているものです。

次に、「何をするのか」です。

じゃあその悩みを解決するためには何をしたらいいのか。

ということを伝えてあげるんです。

これが「なにを」の部分になります。

そのあとは、「それをどうやってやるのか」です。

人は、「これをしてください」といっただけでは
動くことができない人もいます。

そういった人たちが動けない理由は
それをどうやってやるのかがわからないからです。

なのでイメージをさせてあげるために
それをどうやってやるのかまで伝えてていこうと思います。

次に、「それはね、ビジネスをやることだよ。自分のビジネスを持っている男はもてるよ」(何をするのか)

「ビジネスを始めるのであれば、リスクの少ないネットビジネスからやるといいよ。」(どうやってやるのか)

「もし今から始めるんだったら、俺が月に30万稼げるようになるまでしっかり教えてあげるよ。」(今すぐ行動する理由)

こんな風に順番に伝えてあげることで
人に行動してもらうことは格段に簡単になるはずです。

あなたのアフィリエイト活動なりで
参考にしてみてください。