なぜコピーライティングのブログで人格の話をするのか

今日はコピーライティングスキルのテクニックとは少し離れた話をします。

個人的にはこの話もコピーライティングのテクニックと同等、
もしくはそれ以上に大事なことだと思っている話です。

簡単に言うと「人格者になる」というお話です。
興味がある人には受けるけれども
興味の無い人にはとことんどうでも良い話ですね。

まあ、大事な話だと思うので、興味があれば読んでみてください。

個人的には今から伝えることをを理解でき、ご自身のものにでたときに
コピーライティングで卓越した結果を出せる世界が見えてくると思っています

そしてあらゆるテクニックはもう意識する必要がなくなると思います。
なぜなら、意識しなくてもあらゆるテクニックを
使いこなすことができるようになるからです。

というより、テクニックというものそれ自体が
成功者や、その道の一流の人が体の奥深くで体得していることを表現したときに
自然に現れてくること、目に見えてること、聞こえてくることなどを
上辺で真似しているものだからです。

だからこそ、成功者やプロと同じ思考を獲得することができれば
自然にしていても強烈なテクニックが出せるようになり
それこそ最強のコピーを生み出すことができることにつながるわけです。

今からお話しすることは
この状態に近づいていこうというお話です。

それではいきます

コピーライティングをマスターする上でもっとも大切なこと

常日頃から自分の感情を観察すること

反応が取れる文章ほど
読み手の心を汲み取って、
その心に深く刺さる言葉を伝えることができています。

そういうコピーを書くためには
読み手の心の動きを深く把握できていることが大切です。

じゃあどうしたらいいのか。

その一番簡単な方法は、
自分自身の心の動きを見ていくことです。

どんなときに嬉しいと思うのか

なぜ嬉しいのか

嬉しいと感じたきっかけはなんだったのか

その嬉しいという感情はどんな感覚なのか

これを

不安なとき、楽しいとき、誇らしいとき、気持ちいとき、
焦るとき、絶望するとき、悲しくなるとき

ありとあらゆる、いろんな感情を見てください。

このときだけは自分に本当に正直になってください。

その一つ一つの感情がどんな感覚なのか。

それらをしっかりと見てください。
そして、さまざまな形で表現してください。

たとえば、
不安という感情であれば
重くて、真っ黒で、冷たくて、「ヒュー」っと音を立てながら形のない影のようなものが頭の後ろあたりから
体を捕まえて引っ張ってくる。

嬉しいという感情であれば
暖かくて、赤っぽいオレンジ色をして、花の蜜のようなにおいがしていて
タンポポの綿のように柔らかくて子供の無邪気な笑い声が胸の奥でこだまするような感じ

など、一つ一つの感情を見てください。

普段は自分を強くしようと思う人ほど
自分の感情を見ないようにしている傾向があります
そんな人は最初は難しいかもしれませんし、なんだか自分が弱くなってしまったように感じます。

ただ、自分の感情をしっかり見た上で自分のことをコントロールできる人間こそ
本当に強い人間なんだと思ってやってみてください。

自分の感情をみることで、
人間の気持ちというものがよくわかるようになります。

そして感情を見ることができたら

なぜそんな気持ちになったのかも
同時に考えるようにしてください

これは論理的に考えてください。
因果関係をとらえるようにです。

あのとき、こんな言葉を大切な人から投げかけられたから不安になったんだ。
とか
子供の幸せそうな笑顔を見たから安心して自分も幸せな気持ちになったんだ。
というように
なぜ、その感情が引き起こされたのかも予測の範囲でよく分析してみてください。

これをすることで、落ち着いてきて
湧き上がってくる感情に支配されることもなくなります

たまに感情を見ることをしていると、
その感情に押しつぶされそうになる人もいます。

ただ、その感情を論理的に因果関係を捉えて分析することで、しっかりとコントロールできますから
これは付随してやってくださいね。

人間は感情と論理をつかさどる脳の部位が異なっていて
どちらかが活発に働いているときは
もう一方は休止しています。

なので、びっくりしたり怖かったりすると
論理的に考えることが難しくなり冷静さを欠いて

逆に、論理的に考えていることは
感情の起伏はないはずです。

なので感情に支配されないためにも
論理的に因果関係を捉えてください。

この作業をすることで
人はどんなときに、何がきっかけで
その時にどんな感情になるのかということも見えてくるので

どういう言葉や態度で接したら相手に刺さるのかもわかってくるようになります。

例えばあなたの恋人や家族に対しては
どんなことを言えば喜ぶのか
どんなことをしてあげると喜ぶのか

逆に、

どんなことを言えば怒るのか
どんなことをすると怒るのか

赤の他人に比べてはるかに深く理解していると思います。
その都度その状況にあった的確な言葉を投げかけているはずです。

それは恋人や家族の心が理解できているからに他なりません。

セールスレターを書くときもこんな状態で書くことが理想です。

次にいきます

感情をコントロールする方法を習得する

ここでもまずは観察ありきです。

不安に感じたときや、怖くなったとき、
マイナスの感情になったときに

なぜその感情が引き出されたのか
どのようにしてその感情を解消したり、和らげることができたのか

どんなことをされたら相手を大切だと思い、信頼ができるようになったのか

それを思い出したり、これから経験の経験の中で
分析してください

不安になっているときにどんな言葉を投げかけてもらったら、

そのマイナスの感情を消すことができたり、
和らげることができたのか

そういうことをよく自己分析してください

これがわかるようになると
自分の心をコントロールできるようになります。

それでけではなくて、
他の人の不安や恐怖などのマイナスの感情を
消してあげるたり、逆に生み出すこともできるようになってしまいます。

そして、さらに大事なのは
どんなときに人を大切に感じ、信頼をするのか
こういったことがわかるようになってくるということです。

これが最終的には相手の心を動かし、行動させることにもつながります

これらの訓練を続けていけば自然と
人間がどんな感情を感じるのか、
そしてその感情を動かし、良い人間関係を作るのにはどうしたらいいのかが見えてきます。

これを日々続けていることで
人間心理を理解しコントロールできるようになるので、

上辺だけのテクニックとは一線を画す最高のコピーをかけるようになるはずです。

そうなったときのあなたが書くコピーは
自分の家族からの言葉、自分の恋人からの言葉のように
読み手の心の奥深くに響いてくるコピーになっているはずです。

そんなコピーこそが
読み手の心を動かして行動させることができる最高のコピーだと思います。

最後に一番大事なことを言います。

あなたが長期的に成功したければ相手の利益を追求すること

今までの訓練を続けていれば
相手の心を掴み
相手の信頼を獲得することができるようになっていると思います。

これができたのなら、
相手を幸せにするには
どんな言葉を投げかければいいのかもわかると思います。

これまでの人生の中で、
相手を幸せにして良い人間関係を築こうと思っても
気持ちばかり先行してどうしたらいいのかわからないこともあった人もいたかもしれません

ですが今後は大丈夫です。
お伝えしてきた人、間心理をコントロールする方法をマスターすれば、
日々の生活の中でどうしたらいいのかが具体的に見えているのですから
相手の不安を消してあげることも恐怖から救ってあげることもできるようになっているはずです。

もちろん人間は一人ひとり違うので、
一概に「こういう言葉が刺さります」なんてことはいえません。

ただ人間心理は共通していることも多く
自分自身を理解するというのは人間を理解する上で
とても参考になります。

例えば、自分が敵だと思っている人から注意を受ければ
そのときは嫌な気分になるけれど
反対に好きな人からの注意は好意的に受け止めたりしますよね。

また、自分を理解した上で、他の人を理解することができれば
自分と相手が違うのかも見えてくるので
どう接すればいいのかも見えてきます。

あとは、相手を幸せにしてあげたいという気持ちがあるかないかです

相手を幸せにしてあげること
これが良い人間関係を作ることであり
卓越したコピーをかけるようになることであり
長期的にビジネスで成功するための秘訣です

長期的にビジネスで成功したければ
相手を幸せにしてあげることが大切です

もちろん詐欺的なことをして騙すのではないのですから
そのためには学ぶ努力も必要ですし、行動に伴う労力も必要です

ただ、それはビジネスで成功するためには当たり前に必要な事です。

価値を提供する対価としてお金を受け取るのがビジネスです。

人に価値を提供するのであれば
価値を提供するだけの学びも必要ですし、それを提供する労力も必要です。

その代わり、これができるのであれば長期的に成功できるようになります。

そんな人が相手の心を汲み取って書くコピーが人の心を動かさないはずがありません。

本当に目指すべきは上辺の心理テクニックを駆使したコピーではなく
人間を理解した上で他者を大切にすることができる人格から生み出されるコピー
そんな人格の高いコピーを書くことです。

ぜひ一連の訓練を日ごろから意識して
人格者になり、あなたもあなたのお客さんも幸せにできるコピーを産み出していってください

それでは。

追伸

ビジネスで成功する上で大事な言葉を書いておきます

これは私がコピーライティングの先生から教えて頂いたものです

「長期的に成功したければ、他者の利を追求し、その利を最大化させること」

ここまででどうすれば人間を理解して、行動をさせることができるのかも書いてきました。
あとはそれを学んだ上で、他者に利を追求しその利を最大化させていくだけです。

 

追追伸

この記事ような、一見コピーライティングと無関係な話題は含め
(実際には無意味だとは思わず、大切だとすら考えています)
スキル向上に役に立つ話をしています。

ライティングスキルを真剣にあげて生きたいのなら
無料特別講座