*コピーライターになる具体的な方法はこちらで解説しております。)

-----------------

ウェブコピーライターとは?

コピーライターという言葉は
日本でもここ数年間で有名になってきたと思います。

インターネットでビジネスができるようになり
「売れる文章」を書くために
コピーライティングスキルへの需要が高まったからです。

一般的にコピーライターと聞くと
テレビCMのキャッチコピーを作成したり、
電車内の広告を作成する職業だと思われる方が多いのかもしれません。

ただ、Webコピーライターの主な仕事は

「商品を売るための広告を書く」

ことです。

どういうことかというと、Webコピーライターは
ただ商品や会社のキャッチコピーを考えるだけではなく、
その広告内で商品を販売することが求められるのです。

これまで一般に認知されていたコピーライターが
商品や会社のイメージを与えブランディングを図るための
コピーを作る人だとすれば、

Webコピーライターの仕事は

「商品をセールスすること」

だといえます。

なので、従来のコピーライターよりも、
セールススキルを求められるということが一つの特徴です。

そういった意味では、
セールスの経験がある人であれば
ウェブコピーライターになる時にもその経験が役立ちます。

活躍の場が広がるウェブコピーライター

私達がネット上で買い物をすることは「極普通」のことになりました。

たとえば書籍であればわざわざ書店まで行かなくても
Amazonで買えば自宅まで届けてもらえますし、
映画もビデオショップに行かなくても
ダウンロードできるようになっています。

他にも、数えきれない商品やサービスが、
インターネットを介して購入される時代になりました。

私たちはインターネット上で
お金を使うようになっているのです。

多くの人がインターネットを介してお金を使ってくれるのですから
それに伴い、インターネットでのビジネスは広がっていきます。

ウェブコピーライターが求められている

インターネットでビジネスをするためには、当然ですが
ネット上で商品を売るスキルが必要になってきます。

ただ、多くの企業はネット上で商品を売るスキルが不足しているのです。

特に、商品を売るためのコピーを書ける人がいません。

一方で、ネット上で売りたいサービスや商品は次から次へと出てきます。

コピーの書き手がいない一方で、売りたい商品は増えていく状況は、
インターネット上で商品を売れるコピーライターに大きな需要があるということです。

ただ、Webコピーライターという職業は
最近有名になってきましたが、
日本ではこれまで殆ど知られていませんでした。

そのため、情報が不足している状況にあります。

ではどうすればWebコピーライターになることができるのでしょうか。

Webコピーライターの成り方

Webコピーライターになるための2つの方法を紹介します。

・企業に入りそこでWebコピーライターになるく

・クライアントを見つけて他の人の商品を売る

この2つがあります。

企業に入りコピーライターになるには、

「Webコピーライターを募集している企業」

を見つけて就職するのが一番の近道です。

これまでにコピーを書いた経験がなくても
一から経験育てていくという方針の企業もあると聞いたことがありますので
問い合わせてみると良いかもしれません。

今ではどの会社もネット上でビジネスをしているはずですので
わりとすぐにWebコピーライターを募集している企業を見つけられるのではないかと思います。

例えば、

「ダイレクト出版」

という、ダイレクトレスポンスマーケティングを主軸にしていると思われる会社では
コピーライター職を募集していました。

コピーライティング未経験でも応募できたはずです。

興味があったら調べてみると良いかもしれません。

もう一つの方法は、
自分自身で良いサービスや商品を売っている企業や業者さんを見つけて
その人達に

「御社の商品のセールスレターを書きます」

というオファーを出していくことです。

もちろん無視されることも当然あるそうですが、
それが当たり前だと受け止めて
積極的にアピールしていくことがポイントだそうです。

その際に契約率を高める「コツ」として

「完全な出来高制」

でコピーを書くと申し出ると
契約に結びつきやすくなるということでした。

当然ですが、商品販売者からしてみれば
先立ってセールスレターを書いてもらって
商品が売れた時だけお金を払えばいいのですから、
リスクがないこの提案が一番刺さるのだと思います。

ウェブコピーライターは商品の数だけ
活躍の場があります。

そしてその商品やサービスは
コピーライターの数を上回る勢いで増えているのです。

だからこそコピーライターは需要が高く、
大きな報酬を手にすることができます。

そしてその報酬は

「出来高制」

で増えていくケースが一般的なため、
良質な売れるコピーを書けば、
大きな額を稼げるようになっていくのです

優秀なコピーライターになるには

売れるコピーを書くライターになるためには、
以下の3つのスキルが必要です。

・お客さん・商品・ライバルのリサーチスキル
・読みやすい文章を書くスキル
・人間心理の法則に沿ったコピーを書くスキル

です。

お客さん・商品・ライバルのリサーチスキル

これはコピーを書いていくうえで
一番大事なスキルです。

セールスレターを書くにしても
メールマガジンを書くにしても、
アフィリエイターとして活動するにしても
全ての土台になると言ってもいいと思います。

お客さんの問題点がわかれなければ
お客さんに響くコピーを書くことはできません。

お客さんが欲しいと思ってもいないものを売ることは不可能だからです。

そのためには根本的に
お客さんの欲がわかっていなければいけません。

そして商品のリサーチも大事です。

お客さんの問題点がわかったとしても
その商品の特徴がわからなければ
お客さんの問題点を解決してあげることはできません。

コピーを書く人が商品の強みをアピールできなければ
何もアピールしていないのと等しく、
そのようなコピーは読んでさえもらえないと思います。

そして、的確に商品の強みをアピールするためには
商品の特徴や優位性をリサーチすることが大事です。

コピーライターというのは、
文章を書く人ではなく
「リサーチをする人」ともいわれるくらいリサーチが大事なのです。

またライバルをリサーチすることも大事です。

ライバルの商品の強みと弱みがわかれば、
その強みに勝つように工夫し、
弱みには圧勝するような伝え方ができるコピーを作ることができるようになります。

「リサーチに時間がかかりそう、大変そう」

と思われるかもしれませんが
実際コピーライターはコピーを書く時間よりも
リサーチをする時間のほうが長いものです。

わかり易い文章を書くスキル

コピーというのは、
そのコピーを読む人に理解してもらえばければ意味がありません。

難しい哲学書や科学者の論文のように、

「わかる人だけわかればいい」

のようなスタンスではだめなのです。

かっこいい比喩を使ったり、やたらと難しい漢字を使ったりして
読んだ人が理解できないようなコピーを書けば
無用に反応率を落とすことにつながってしまいます。

なので

「わかりやすい文章」

を書くことが大事なのです。

わかり易い文章を書くのに大事なことは

・文法を正確にすること(特に主語を抜かないこと)

・難しい単語・漢字・表現を使わないこと

この2つです。

読んだ瞬間に文章が理解できるコピーを書ける人が優秀なコピーライターです。

人間心理にそってコピーを書く

多くの人が
コピーライティングという言葉に持つイメージは

「人間の心理を刺激する文章を書くテクニック」

かもしれません。

そういう側面もあり、
人間心理を動かせるコピーを書くことに
興味を持つ人も多いと思います。

実際、コピーを書く上で
人間心理を理解していることは大事です。

また、人間心理に沿ったコピーの書き方にも
多くのテクニックがあります。

そういったテクニックを学んでいくことで、
より人を動かせるコピーを作れるようになるのです。

・人はどうしたらコピーを読んでくれるのか

・人はどうしたら納得してくれるのか

・人はどうしたら商品を買ってくれるのか

などの問いに対する答えは、
人間心理を学ぶことで見えてくるものです。

コピーライティングを学ぶ上で
心理学を学ぶことはとても役に立ちます。

この記事ではWebコピーライターの仕事と
Webコピーライターの成り方、
それから学ぶべき大事なことについて解説してきました。

まとめておきます

・Webコピーライターはネット上で商品を売る「広告」を作成する仕事であり、
今後大きな需要がある職業です。

・Webコピーライターになるには、コピーライターを募集している企業に就職するか
クライアントを見つけフリーのコピーライターとして活躍するかの選択肢がある。

フリーでクライアントをみつける際の「コツ」としては
「完全出来高制」で書くというオファーをしてみること。
コピーライターになるには3つのスキルのレベルを上げる必要がある。

・リサーチのスキル
・わかり易い文章を書くスキル
・人間心理に沿ったコピーを書くスキル

コピーライティングは科学的な要素が強い分野なので
「体系的」に学ぶことで「どんなポイント」が「何故」反応がとれるのかが理解できるようになります。

つまり、体系的に学ぶことで
質の高いコピーを書くための「センス」を
いち早く養うことができるようになります。

そこで、無料でコピーライティングを「体系的」に学べるメルマガ講座を用意しましたので
こちらもご覧になってみてください。

コピーライテイングの原理原則から心理学から体系的に学べ
さらにコピーライティングの勉強方法や、クライアントの取り方に関する情報まで手に入れることができます。

こちらからどうぞ

コピーライティング特別講座