どんなに天才であったとしても、
インプットすることなくアウトプットをすることはできません。

アウトプットに先立つものがインプットであり、
質の高いアウトプットをしたければ、
質の高いインプットをしていくしかないのです。

間違った知識を吸収すれば間違った結論が導かれますし、
正しい知識をもとに思考すれば、正しい結論を導けます。

この原則はコピーライティングにも当てはまります。

良質な教材から学び、良質なコピーを読むことで
良質なコピーが書けるようになってくるのです。

だからこそ、どんな教材から学び、どんなコピーを参考にしていくのかは普段から意識してくてはいけません。

そして、コピーライティングを学び始めの

「初期段階」

にある人ほど、先入観がないためにわりと無批判に近い形で、
学んだことをそのまま受け入れてしまう傾向があり、
後にその考えを修正していくことが困難になります。

人間の本質的に、
後から学んだことは忘れることも修正していくことも簡単ですが、
最初に学んだことというのは忘れることも修正していくことも難しいものだからです。

だからこそ、最初の一歩として

「良質な教材」

からコピーライティングの原理原則を学ぶことが重要です。

幸い、コピーライティングの分野は過去100年以上にわたり研究を重ねてきた歴史があり、
その原理原則が体系的にまとめられています。

なので、

「どんな教材から学んだら良いのか」

といえば、

科学的に証明されたコピーライティングの原理原則に沿って解説している教材から学ぶべきであり、
この原理原則を踏まえていない教材からは絶対に学ぶべきではありません。

更に言えば、

「このような流れ・構成・言い回しを使えば反応が取れます」

というようなテクニックを教えている教材から学ぶよりも

「原理原則」

そのものを学べる教材を選ぶべきです。

一度深いところで「原理原則」を学びさえすれば
表面的なテクニックというのは意識しなくても自然にできるようになっていくものだからです。

逆に表面的なテクニックから入ると応用がきかなかったり、変にテクニックばかりを意識してしまい逆効果になったりします。

まあ、変な例えですが、本質的に中身から魅力的な人というのは

「自然」

に魅力的な振る舞いや仕草をしますが、

表面上だけそういった魅力的な人を真似て演じている人というのは
どことなく不自然だったり、違和感を感じてしまうものだと思います。

コピーライティングもそれと同じです。

変にテクニックばかりを意識すると読み手に

「不自然」

さや、

「違和感」

を与えてしまい、警戒されたり不信感を持たれてしまいます。

なので、特に初期段階にある人ほど、
そういった表面上のテクニックを紹介している教材ではなく、

コピーライティングの

「原理原則」

からしっかり解説している教材で学ぶべきです。

確かにテクニックを紹介している教材というのは、効果に即効性のある匂いがするせいか

「ウケ」

がよく、

反対に原理原則について解説している教材は派手さもなく即効性を感じられないため、

「詰まらなく」

感じられるものだと思います。

やはり本質や原理原則というものはコツコツと地道に養っていくものであり、根本的に即効性のあるものではないので

「ウケ」

が良くないのが普通です。

ですから、コピーライティングの教材でも

「効果の出るヘッドコピーの型」

だとか

「効果のある記事構成」

だとか、そういう類の

「お手軽」

に効果が出そうなものがよく売れているのでしょう。

ですが、ここまで説明してきたように、そういった表面上のテクニックをメインコンテンツにしている教材で選ばないことです。

一応、このような考えに基づいた独自のメルマガコンテンツを配信しています。

もっと読んでみたいと思われたならこちらに登録してみてください。

ブログとはまた違った情報をお伝えしています。

特別講座