今日は「質の高い集客」を
効率よく実現する方法について
お話したいと思います。

ちなみに前提として
「質の高い集客」とは、
商品に強い興味を持ち、
できればすぐにでも購入してくれるような
いわゆる「今すぐ客」を集めることです。

その意味で、
先立つ集客の質が高ければ
成約が簡単になるのは
疑う余地が無いことかと思います。

よくある例えで
「砂漠で水を売る」
ようなものだからです。

つまり、わざわざセールスしなくても
相手の方から「売ってくれ」と言ってくるような、
そんなお客さんを集めることができれば
成約は圧倒的に簡単になるということです。

それではその質の高い集客を
どのようにしていくのか見ていきましょう。

集客の質を高める方法

結論から入りますが
実際のところ今も昔も
ネットビジネスにおける
一番の集客経路はやはり
「検索エンジンからの集客」になると思います。

今でこそ、Youtubeなどの動画サイトや
FacebookやTwitterなどのSNSからの集客も
集客における「入り口」の一つとして
多くの人に取り入れられている手法ではあります。

もちろんそれらが全く有効ではないとはいいません。

ただ、それでもやはり
「集客数」という観点から見た時に
GoogleやYahooなどの検索エンジンと
SNSや動画サイトでは
比べるまでもなく検索エンジンのほうに
優位性があると思います。

何かを知りたいと思った時や、
何かを解決したいと思った時、
動画サイトやSNSで情報を検索する人よりも
検索エンジンで検索する人のほうが圧倒的に多いからです。

あなた自身、なにか悩みがあった時に、
ツイッターやFacebook、Youtubeなどで
その悩みについて調べることは
ほとんどないのではないでしょうか。

YahooやGoogleなどの
検索エンジンを利用しているのではないかと思います。

これは極一般的に多くの人が行っていることであり、
それが普通にそのまま
「検索エンジンの圧倒的なユーザー数」として
数字となって現れているわけです。

また、「集客の質」という観点でも
検索エンジンの方に優位性があります。

なぜなら、検索エンジンを使えば
特定の情報に興味を持った人を集めやすいからです。

ユーザーが検索エンジンを使う際
「特定のキーワード」で検索をかけます。

その「特定のキーワード」は
紛れも無くそのユーザーにとって
強い関心を持っているテーマ。

キーワードによっては
「今すぐ商品を購入したい」
なんて人もいるわけです。

このように、その特定のキーワードに
興味を持った人を集めることができる点も
検索エンジンからの集客の強みだと思います。

つまり、集客の主な経路は
今も昔もやはり「検索エンジン」が主流であり、
この検索エンジンからの集客を攻略することが
「質の高い集客」に繋がるということです。

小手先の集客方法はさほど意味が無い

やはり、新しい集客手法が生まれれば
それを試してみたくなる気持ちもわかります。

ただ、それは
「検索エンジンからの集客」
を放棄していいということにはつながりません。

やはり、一番質の高い集客を
効率よく行っていけるのは検索エンジンだからです。

「新しい集客手法」というのは
あくまで「もう一つ入口」として捉えることが
その原則だと思います。

また、マーケッターなどは
新しい集客方法が生まれると
それを煽る傾向にありますが、
それはあくまでビジネスとしてやっているのであり
「机上の空論」がほとんどです。

また、本気で使える理論だと思って提唱しているならまだしも
使えないとわかっているのにもかかわらず
「売るためだけに」情報提供している業者も多いので
できるだけ批判的に見ていったほうが良いかと思います。

なので、「新しい集客法」に
あまり過剰な期待を持たず

「うまくいったらラッキーだし、
うまくいかなかったらそれはそれ」

という感じでフラットに向き合っていくのが
良いのではないでしょうか。

検索エンジン集客の攻略法

検索エンジンからの集客を攻略するには

アクセスが集まる「テーマを絞った特定のキーワード」で
自分のサイトを上位表示させるのが基本です。

いわゆるSEO対策と呼ばれるものです。

ただ、SEO対策と言っても
個人レベルのビジネスでは
大掛かりなSEO対策は必要ありません。

そういうコテコテのSEO対策は
ライバルがひしめくビッグワードで
上位表示させたい大手企業などがやっているものであり
個人で狙っていくビジネスには
そのような強力なライバルもいないからです。

一般的に、個人レベルのビジネスでは
キーワード選定と記事タイトルの付け方
それから記事作成時の原則を抑えれば
上位表示させることは決して難しくありません。

記事タイトルの付け方

質の高い集客を実現させる上で
記事タイトルの付け方は非常に重要です。

この時に注意したいのが2点。

・見込み客が検索しそうなキーワードを含めたタイトルを付ける

・ライバルがいない上位表示可能なタイトルを付ける

この2つです。

まず見込み客を集めたいのだから、
見込み客が検索しそうなキーワードを
記事タイトルにつけるのは当然だと思います。

その時にどんなキーワードで検索するのかは
見込み客が悩んでいることを
そのまま表現したキーワードを付けてください。

人は検索エンジンを利用する際に
自分が悩んでいることを
そのままストレートに表現するからです。

この時のタイトルのキーワードは
記事本文の中にも入れるようにしてください。

そうすることで検索エンジンからの評価が高まり
より上位表示させやすくなります。

・ライバルがいない場所を狙う

次に注意しておきたいのが
ライバルがいないキーワードか
ライバルが弱いキーワードを狙うということです。

ライバルがいないというのは
ある特定のキーワードで検索した際
その検索結果に表示されるサイトの記事タイトルに

「キーワードが含まれていない場合」

です。

例えば、

「コピーライティング 上達方法」

と検索した際に、
その検索結果に表示されるサイトが

「コピーライティング 上達方法」

というキーワードが含まれていないか
もしくはどちらかしか含まれていない場合は
「ライバルが弱い」とみなすことができます。

この場合は、この2つのキーワードをタイトルに含め
そのキーワードに沿った内容の記事を書けば
上位表示は比較的簡単にできるはずです。

ライバルが弱いというのは、例えば

「コピーライティング 上達方法」

と検索した際に、上位表示されたサイトが
この2つのキーワードを含んではいるけれども、
そのサイトが「無料ブログ」だった場合、
弱いサイトと考えることができます。

この場合もこの2つのキーワードを
記事タイトルに入れて、
そのタイトルに沿った内容を書いていけば
上位表示させることはむずかしくありません。

もちろんそのコンテンツが
情報量を豊富に含んでいることが前提ですが。

以上、

・見込み客が検索しそうなキーワードを記事タイトルにつける


・ライバルがいないか、弱いキーワードを狙う

を注意しながら
記事を作成していけば
検索エンジンを使った
質の高い集客ができるようになるはずです。

恐らくこの方法が
ネット上で最も効率よく集客ができる方法です。

ちなみに、見込み客がどんなキーワードで検索するかがわからないという場合は
その分野の「悩み掲示板」とかを覗いて見るだけでも
ターゲットがどんなことを望んでいるのかみえてくるはずです。

参考にしてみてください。