セールスマンシップ・イン・プリント

広告の原理原則の中でも非常に大事なポイントとして、

「広告はトップセールスマンであるべき」

という考えがあります。

広告の唯一の目的は「売上」を達成することであり、
それはトップセールスマンと同じ原理で達成できるということを意味するものです。

例えば、「押し売り」をすれば決して商品が売れることはないし、
信用されることがなければお金を払ってもらえることもありません。

また、セールスマンがセールスのために必要な情報を全て伝えるように
広告でも相手が必要な情報は文字制限など設定せずに全て伝える必要があります。

広告は文章のトップセールスマンということを忘れてはいけないということです。

すべての広告は、
読み手の興味を引くことができなければ決して読んでもらえないし、
根拠が伝わならければ信じてもらえないし、
行動する理由を伝えなければ決断を先延ばしにされてしまいます。

結局のところ、コピーライティングは
セールスマンが発する一つひとつの言葉を
文章によって伝えていくものだということです。

読み手目線、ターゲット目線で彼らの心を汲み取りながら、
メリットを認識させて興味を引き、そのメリットを根拠によって納得させ、
今すぐ行動してもらえるように緊急生を認識させる。

からは対面でのセールスでも、コピーライティングでも重要だということです。

今後、コピーに迷った際は

「トップセールスマンであればこのように話すか」

ということを判断基準にしてみてください。

このようなコピーライティングの原則を学ぶことができる記事はこちはこちらにありますので、
もっと人を動かせる文章を書けるようになりたい、という場合は
こちらをクリックしてざっと読んでみてください。

コンテンツ一覧